読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

14.朝鮮/韓国

天下無敵「サンペン」の金看板が泣いている。全ての責任は朝鮮学校ソンベ諸君にある! 

朝鮮学校側の態度は誠によろしくない。日朝友好、地域共生の精神が欠如している。 校門前でこういう発言をしてるイルボンの皆さんに対して、朝鮮学校側は、彼らを学校に入れないように、校門を堅く閉ざしたらしい。 一、二審判決によると、在特会会員らは200…

「竹島」VS「慰安婦」~日本にとって、韓国にとって、どっちのほうが重要性(深刻度)が高いのか?

日中首脳会談の目処がつきそうだ、となれば、お次は「日韓」となるわけだが、どうも、こっちは(喜ぶ人が多そうだがw)あんまり雲行きが良くない。 友好的外交というのは「双方メンツの立て合い」である。 逆にいえば、「相手のメンツを潰す」ことは大変失…

過猶不及也~過責任は無責任、過反省は無反省、厳罰は免罪と同じこと~韓国セウォル号沈没事故船長死刑求刑。

過猶不及也~過責任の日本VS無責任の韓国~JR福知山線宝塚線脱線VSセウォル号沈没 - 在日琉球人の王政復古日記 の続き。 総じて韓国は日本より「ラテン気質(笑)」である。喜怒哀楽が激しい。 セウォル号沈没は確かに甚大な事故ではある。 事故当時から…

過猶不及也~過責任の日本VS無責任の韓国~JR福知山線宝塚線脱線VSセウォル号沈没

先進第11-16 子貢問、師與商也孰賢乎、子曰、師也過、商也不及、曰、然則師愈與、子曰、過猶不及也。 子貢問う、師と商とはいずれかまされる。子曰く、師や過ぎたり、商や及ばず。 曰く、しからばすなわち師はまされるか。子曰く、過ぎたるは猶お及ばざ…

朝鮮への視線~息子加山雄三の戦後1962年東宝映画「日本一の若大将」VS親父上原謙の戦前1936年松竹映画「有りがたうさん」

昭和11年、といえば、二・二六事件の年である。 Mr. Thank-You / 有りがとうさん (1936) (EN/ES) - YouTube

セウォル号沈没VS御嶽山噴火~《恨》の韓国、《忍》の日本。

「セウォル号沈没は政治の責任だ」とする儒教的韓国と、 「原爆も一種の自然災害だ」と諦める神道的日本。 被害者遺族が人前で泣き叫んで「恨」を表すことが半ば義務の韓国と、 被害者遺族も人前で感情を表すことをガマンする日本。 社会的コストは日本のほ…

日本は神々の国だが、朝鮮半島に神々はいない~「セウォル号は朴槿恵の人災」VS「原爆は人間には防げない天災」

あからさまに釣りな見出しを付けるのは、自分でも下品で恥ずかしい(馬鹿)。 誰のせいでもない雨が~地震、噴火、台風~日本は「和御霊・荒御霊」八百万の神の国。 - 在日琉球人の王政復古日記 の続き。 自然災害のデパート、荒ぶる神々の国・日本は、仏教を…

テスト

テスト