読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

ゴキブリ殺し、ウシ殺し、クジラ殺し、ネコ殺し、ヒト殺し。

私はゴキブリを殺虫剤で薬殺したこともあります。理由は気持ち悪いからです。
私はハエを殺したこともあります。理由は不快だからです。
私は蚊を殺したこともあります。理由は痒いからです。

 

ゴキブリさんも、ハエさんも、蚊さんも、何も悪いことはしてません。

彼らは彼らの生命活動を全うしようとしていただけです。

ましてや私の生命に危害なんか加えませんでした。

また私は、ゴキブリ、ハエ、蚊を食べるつもりもなく、その死体を道具や燃料に有効利用する意図もありませんでした。

私は、まったく私個人の気分(キモチイイ、キモチワルイ)の問題で、つまりは「私の身勝手な快楽」に従って、かけがいのない他者の生命をブチ殺しました。

 

容疑の少女、母に「人を殺したい」 佐世保殺害の直前 :日本経済新聞

2014/8/5
 長崎県佐世保市の同級生殺害事件で、殺人容疑で逮捕された高校1年の少女(16)が事件の3日前、父親と再婚した新しい母親に「人を殺したい」という趣旨の話をし、両親が事件前日に精神科に入院を頼んだが実現しなかったことが4日、分かった。父親が弁護士を通じて明らかにした。
 弁護士によると、7月23日、少女は通院中の精神科に母親と向かう途中、ネコを殺すのが楽しいという趣旨の話をした後、真剣な様子で「人を殺したい」などと打ち明けた。
(略)
 弁護士によると、少女は3月、父親を金属バットで殴打したため、父親が精神科に通院させていた。父親は医師から「同じ家で寝ていると、命の危険がある」と助言されたため、少女を事件現場となったマンションで4月から一人暮らしをさせていた。〔共同〕

 

時事ドットコム:加害少女の父親が自殺か=自宅で首つる、佐世保高1殺害−長崎

弁護士によると、父親に8月2日に会った際、「私は生きていていいのでしょうか」と悩んでいたという。事件後父親は、弁護士を通じて「娘の行為は決して許されるべきものではない。おわびの言葉さえ見つかりません」との謝罪文を発表していた。

 

快楽のためにゴキブリやハエを殺した私と、

快楽のためにヒトを殺した佐世保の殺人少女は、

どこが違うんでしょうか?、一緒なんでしょうか?

 

 

われわれは、日々、ウシを食い、ブタを食い、ニワトリを食い、サカナを食い、たまにクジラを食っている。

 

そもそも、「食用だったら生物を殺しても許される」みたいな、

「われわれは、感謝しながら動物の命を大切にいただいている」みたいな、

美味しんぼ」的主張があるけど、どうかね? 

これほど自分勝手な理屈もない(笑)。

 

たとえば、あなたは、

ライオンに「腹が減ったから、あなたを食べたい。ありがとう。ガオー」と言われたら、しょうがないから、ライオンに食われるのか?

快楽殺人鬼から「私は人を殺さないと生の充実が得られない。だからあなたを殺すけど、心から感謝しながら殺すから許してください」と言われたら彼を許すのか?

 

というより、われわれは、本当に、動物の死肉を「大切にいただいて」ますか?

生命維持に必要だから必要最小限の動物を食ってる、なんてオオウソだ。

チェーン店の牛丼なんて安い食い物だが、あの牛丼でさえ、同じタンパク質なのに、美味しい部分の肉を使って、マズイ部分や食いにくい部分は大量に廃棄している。
われわれは「ウマイ・マズイ」という贅沢な欲望で、つまり「快楽」に従って、無駄に動物を殺しているのだ。

 

快楽のためにウシやブタやニワトリ殺してるわれわれと、

快楽のためにヒトを殺した佐世保殺人少女は、

どこが違うのか?、一緒なのか?

 

欧米の動物愛護団体は、自分たちがさんざんウシやブタを食ってるくせに、日本人がクジラやイルカを食うのを許さない。

 

捨てられたニャンコやワンコが施設でガス殺されるのを悲しむ動物好き(と自称する単なるイヌ・ネコ限定愛護者)の人は、ネコやイヌが食ってるペットフードが大量のニワトリやサカナの死体であることにはあんまり関心が無い。

 

殺生に関する(人間にとって)整合性のある倫理は3パターンしかない。 

 

A.ヒトも、ウシも、クジラも、ネコも、ゴキブリも、全部同じ生命だ。だから、ヒトも、動物も、必要だからといって殺してはいけない。 

 

B.ヒトも、ウシも、クジラも、ネコも、ゴキブリも、全部同じ生命だ。だから、ヒトも、動物も、必要に応じて殺して構わない。 

 

C.ヒトと、その他の生物は異なる。全ての生物の中で、唯一ヒトだけが特別な存在だ。ヒトを殺してはいけない。動物は殺してもいい。 

 

特にCを人間中心主義=ヒューマニズムと呼ぶ。

 

しかし、世の中は、 

 

D.ヒトも特別だが、クジラとイルカも高等動物だから特別。殺してはいけない。その他の下等な動物は殺してもいい。 

 

E.ヒトも特別だが、ニャンコやワンコも人間のパートナーだから特別。殺してはいけない。その他の下等な動物は殺してもいい。 

 

というような、理屈として「中途半端」な、個別の「好き嫌い」でしかない倫理で動いている。われわれ人間の殺生の基準は誠にエゴイズム、自分勝手である。

 

自然においては、ゴキブリの生命とウシの生命とクジラの生命とネコの生命とヒトの生命には何の違いもない。 

人間にとってのみ、ゴキブリの生命とウシの生命とクジラの生命とネコの生命とヒトの生命には違いが生じる。

 

「(自然界における)生命そのもの」が異なるのではない。
「生命に(人間側の都合で勝手に)付加された意味」が異なるのである。

 

つまり、人間にとって「生命そのもの」には、何の価値も無い。
人間が勝手にその生命に貼り付けた「意味」にこそ、価値があるのだ。

 

人間にとって、生命殺害の、何が正常で、何が異常か、を決定するのは、「実際に殺される生命それ自体」ではない。
この殺害が如何なる意味を持つのか、という「人間の価値体系=文化」の問題なのである。

 

妊娠中絶は医療行為であり法律上の殺人に該当しない。

しかし赤ちゃんを殺せば、殺人の中でも最も許されない鬼畜外道となる。 

卵子精子 → 受精卵 → 胎児 → 赤ちゃん

この生物的な連鎖をどこで区切るのか?、デジタルに区別するのは医学的にも難しい、というか不可能だろう。

近代社会は、子宮の中の受精卵や胎児と、子宮の外の赤ちゃんを、この切れ目なく連続する生命を、「生命そのもの」の価値ではなく、手前勝手にでっち上げた「法律」で、医療と殺人に区別するのだ。 

 

ゴキブリを殺す私や、ウシを殺す畜産業者や、クジラを殺す漁師や、ペットフード業者は、生命を毀損している点では、佐世保の殺人少女となんら変わらないが、とりあえず人間が勝手に考えた「意味=文化」を毀損していないから正常なのである。

 

しかし、地域によって、宗教によって、文化=価値観は異なる。

リベラル派が容認する妊娠中絶を、キリスト教保守派は殺人と断罪する。

ヒンドゥー教徒はウシ殺しを「意味」として認めないし、シーシェパードはクジラ殺しを「意味」として認めない。

大多数の日本人はストレス解消のネコ殺しを「意味」として認めないが、もしネコを宗教儀式の生贄にする文化があれば、ネコ殺しは「意味」として認められる。そんな文化圏でネコが殺せない人間は逆にルール違反の失格者になるのだ。

 

そして実際問題として、人間の厄介な習性として、所属する文化圏のルールに違反した小動物殺しを常習化してしまった人間は、かなりの確率で、殺しの対象がエスカレートしやすい。

文化圏のルールに違反してない、妊娠中絶した女性や、殺虫剤でハエを殺す主婦や、イルカを殺して食う漁師が、殺人嗜好をどんどんエスカレートさせて人間を殺すことは、まず、ありえないが、

ネコ殺しが許されない、日本のような文化圏で、ネコ殺しの快楽を常習化してしまった人間は、だいたいがネコでガマンできなくなって、もっと大きな動物を狙うようになる。そして大型動物の多いアフリカではない、この日本では、次に大きな動物が人間になってしまうのである。

 

佐世保の殺人少女は明らかに異常である。 

それは「ヒトの生命」を毀損したから、異常なのではない。
所属する文化圏が決めた「意味」を毀損したから、異常なのだ。

 

佐世保の殺人少女は、人間以下のケダモノではない。 

まさに普遍的人権(←これも人間が勝手に決めた価値)を持つ人間そのものだから困るのである。

 

父母妹だけは殺せなかったタリウム事件名大女子大生VS儒家(孔子、孟子、荀子)法家(商鞅) - 在日琉球人の王政復古日記

 

マヤ、アステカの「孔子」、インカの「論語」その1~生贄、人肉食、だんじり、御柱祭、上げ馬神事、厄払い鯉。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

マヤ、アステカの「孔子」、インカの「論語」その2~象のサーカス、ゲーム「もふもふはむすたぁ」ハムスター。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「笑い」は常に「弱者」の敵であり、民主主義は「笑い」の敵だ~動物や障害者を嬲り殺して楽しんできた人間の歴史。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

同性愛VSシーシェパード~いつから人間はケダモノに成り下がったのか? - 在日琉球人の王政復古日記

 

ネコは可愛いから殺しちゃダメ!~フランスの人命は価値が高い。後進国の人命は価値が劣る。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ジンバブエのライオン狩りVS松竹映画「釣りバカ日誌」~人間の文化VS動物の科学。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

佐世保殺人少女の父親を殺したのは【この私】である。 - 在日琉球人の王政復古日記