在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

韓国と台湾こそが、琉球へ「思いやり予算」を支払え!~「民族差別」ではなく「地政学」である。

愛着のある故郷=パトリを捨てる選択を迫られるのは、何も米軍基地周辺の琉球人だけではない。

シリア人は内戦を嫌って、故郷=パトリを捨てて、ドイツへ逃げたのだ。

 

パトリオティズムVSお引越し~シリア難民は内戦がイヤでEUへ逃げた。琉球人も米軍基地がイヤならヤマトへ逃げろ。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

福島原発事故は、福島県浜通りの少なくない地域をノーマンズランドに変えた。ここを故郷=パトリにする福島県人も、他の地域で暮らすしかない。

 

昔々、明治初期、奈良県の山間地・十津川の住民は災害を期に、故郷を捨てて、北海道に「新十津川」を築いた。

広島の住人も暖かい瀬戸内から離れ、北海道に「北広島」を開いた。

正直言えば、どっちも貧困から逃れるために故郷=パトリを捨てたのだ。

 

そもそも、琉球アメリカ軍基地は、日本政府の都合で存在するのではない。本質はヤマトによる琉球イジメ、琉球差別ではない。

琉球アメリカ軍基地アメリカ帝国の世界戦略で存在するのである。何でよりにもよって琉球かといえば、

 

琉球民族への差別ではない。琉球諸島のポジションつまり地政学の問題だ。

 

朝鮮半島からも台湾海峡からも近く、極東シベリアへも東南アジアにも南太平洋にも目が届き、インド洋・中東への西回りの中継地点になり、支那大陸から太平洋を守るかのような「海の万里の長城」、それが、不運にも、琉球諸島の「地政学的ポジション」だ。

仮に安倍ちゃんが真っ赤な左翼であっても、普天間はともかく、それよりはるかに大きな嘉手納はビクともしないだろう。

  

アメリカが琉球オスプレイを置きたがるのは、琉球のためではなく、台湾にも朝鮮半島にも移動できる航続距離の長さにある。

もし朝鮮半島と台湾がなければ、琉球アメリカ軍基地は、全部は無理でも、かなり減らせるだろう。

琉球人は、ヤマトだけでなく、韓国や台湾の安全保障の犠牲になっているのだ。

韓国政府や中華民国こそ、琉球へ「思いやり予算」を出すべきなのである(笑)。

 

琉球は、東シナ海南シナ海のど真ん中にあるからこそ、苦しむのだ。 

もしも、琉球が、千葉県房総半島の沖合に浮かんでいたら、こっちからお願いしても、アメリカは基地なんか作ってくれない(笑)。

  

よって、琉球アメリカ軍基地は、自民党が選挙に負けるなどというミクロン単位の話ではなく、第二次世界大戦レベルの歴史大変動がない限り、動かしようが無いわけだ。

 

地政学から見て、基地の無い琉球に住むことは非常に難しい。

しかし琉球人が、基地から遠く離れたヤマトの何処かに移住することは可能だ。

だったら、基地ではなく、住民のほうを動かしたほうが、「引っ越せばいいじゃないか」のほうが現実的で経済的で合理的なのである。

  

・・・とここまで書いて、日米安保重視の保守派からは「そうだ!そうだ!」と賛成の声が掛かってるかもしれないが、不都合の流れは反転する(笑)。

 

合理的な「引っ越せばいいじゃないか」が正しいのならば、在日韓国人をはじめとする外国人移民も正しいのだ。
琉球人が東京へ職を探しにくるように、韓国人や日系ブラジル人が日本に引っ越してきただけの話だ。

 

「在日は出て行け!」は「引っ越せばいいじゃないか」と反対である。

「在日は出て行け!」は「アメリカ軍はオキナワから出て行け!」と同じである。

基地がイヤならば、住民の方が生まれた街から「引っ越せばいいじゃないか」。 

外国人がイヤならば、日本人の方が生まれた街から「引っ越せばいいじゃないか」(笑)。

 

先にも書いたように、合理的な「引っ越せばいいじゃないか」は、不合理な「郷土愛=パトリオティズム」の否定なのである。その先は不合理な「ナショナリズム」への否定にもつながるのだ。

 

阪神が好きなんだ!阪神じゃないとダメなんだ! 

A子が好きなんだ!A子じゃないとダメなんだ! 

普天間が好きなんだ!普天間じゃないとダメなんだ!
日本が好きなんだ!日本じゃないとダメなんだ!
は、手前勝手な、不合理な、欲望である。
合理的な火星人は納得しないかもしれない。

 

合理的な「引っ越せばいいじゃないか」。

不合理な「郷土愛=パトリオティズム」。 

どっちが正しいのか?簡単な話ではないのだ。