在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

天皇皇后両陛下パラオ行幸御召艦・海上保安庁大型巡視艇「あきつしま」を建造したのは #辻元清美 ちゃん。

皇室:宿泊「あきつしま」 細部まで「両陛下仕様」に - 毎日新聞

 4月8〜9日、太平洋戦争の激戦地だったパラオ共和国を訪問される天皇10+件、皇后両陛下が宿泊するのが、海上保安庁の巡視船「あきつしま」だ。第3管区海上保安本部(横浜市)に所属するあきつしまは31日、約3000キロ離れた現地で両陛下らの到着を待ち受けるため、一足早く横浜港を出発した。両陛下が国内外への訪問を通じて巡視船に泊まるのは初めてで、海保や宮内庁などはさまざまな工夫や苦心の末に準備を進めた。

 

この「御召艦」を建造したのは誰か?

 

辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

山本:あと伺いたいのは、辻元さんは私のような保守主義者から見ても良く分からない点があって。
辻元:はい、なんでしょう?
山本:国土交通省副大臣をされているとき、海上保安庁の警備能力増強を訴えて、大型巡視艇の「あきつしま」の建造を進められましたよね。
辻元:必要でしたから。
山本:それが意外でね。
辻元:そうですか(笑)? 安全保障委員会では長いこと日本の防衛政策を見る機会があって、海保は日本の平和維持にとって大きな役割を果たしていると考えてました。
山本:ほう。
辻元:だって、考えてみてください。北朝鮮はいる、中国はせり出してくる、海の安全を守るために一番最前線に立っているのは海保です。もしも不測の事態があったときに、海上自衛隊がいきなり出て行ってしまったら、それは相手国にとっても引っ込みがつかなくなってしまいます。
山本:確かに警察力の範囲内で処理できるのが最善ですね。
辻元:いきなり完璧な対応はできなくても、海保の設備を充実させればいろんな対処の方法は考えられるようになる。海保のメンバーは士気はとても高い。信頼できる人たちが揃っているのが誇りです。でも、船が足りなかったらそれで終わりです。
山本:ちょっと前には赤珊瑚を漁る中国船が問題になっていましたしね。
辻元:そう。中国人だろうとどこの国民だろうと、違法なものは違法としてちゃんと摘発する必要があって、そのための設備を整備することは大事だと思ってます。
山本:今頃、大型巡視艇の「あきつしま」なかったら大変でしたよ。
辻元:そう。あの頃は財務省とか反対だったんですけどね。かなり押しました(笑)。

 

なんとビックリ(笑)。

 

海上保安庁に大型巡視艇をプレゼント!~辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした(山本一郎) - 在日琉球人の王政復古日記

 

イヤイヤ就任→お兄ちゃんと一緒→辞任で号泣→民主鞍替え~辻元清美、女性宰相への道(笑)。 - 在日琉球人の王政復古日記