在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

「草木国土悉皆成仏~AIBO葬儀」VS「自分のために刻んだ像を造ってはならない~イスラム国ISIS」

アイボ100台集団葬 修理に活用へ、ロボ仲間参列も いすみ | 千葉日報オンライン

2017年6月8日
 ソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」約100台の集団葬儀が8日、いすみ市大野の光福寺(大井文彦住職)で営まれ、オーナーやロボット仲間が、故障して動かなくなるなどした愛犬を供養した。多くは修理用のパーツを提供する“献体”になるという。
 ソニーは2014年にアイボのサポートを終了したが、元ソニー技術者らのビンテージ家電修理会社「ア・ファン」(習志野市、乗松伸幸社長)が修理などを請け負っている。同社では自作部品や代用品だけでなく、本体に飼い主と遊んだ記憶が残るため「廃棄するには忍びない」-と全国から送られてくるアイボのパーツを復調に役立てており、これまで約300台の寄贈を受けた。
 葬儀は同社が、献体となる前にオーナーの気持ちに応えようと、15年から執り行っており、今回で5回目。この日は関係者ら約20人が参列した。
 葬儀が営まれた本堂には、オーナーの名札を掛けたアイボがずらり。読経が終わり厳粛な雰囲気の中、富士ソフトのロボット「パルロ」が司会進行を務めたほか、けさをまとったアイボ2台も仲間たちのために題目を唱えた。
 乗松社長は「人間とロボットとの関係を模索するきっかけにしたい」と話している。献体は修理のほか、再生して介護施設へ貸し出すことも検討している。

 

日本人が昔からやってきたことであって、AIBO供養はなんら新しくない。

  

最近は、家庭であんまり裁縫もしないんだろうが、使用して曲がった針、錆びた針を寺や神社で供養するのは普通のことだった。

特別、針を供養したのは、やはり針が危険物であることが大きいだろう。安全に処理するのが結構難しいのだ。

 

日本髪をとかす櫛も割れれば供養する。櫛は髪に関係する。髪の毛は霊力が宿るので、櫛にも霊力が宿る。ちゃんと供養しないと祟るのである。

 

人形も供養する習俗がある。形を似せると、本質も似る。人をかたどったモノには霊が宿る。これも供養が必要になる。人間側からの人形への愛着という怨念もキレイに処理する必要がある。

 

背後にある理論が「草木国土悉皆成仏」、要は「アニミズム」である。

日本仏教とは、本来はアニミズムを否定する(だって、輪廻も、霊魂も、自我すら否定しているのである)釈迦の思想に、アニミズムを追加して生まれたものだ。

 

AIBOの形而上学~テセウスの船~ミリンダ王の問い。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

対してユダヤ教キリスト教イスラムは、「草木国土悉皆成仏」を認めない。

言い方を変えれば、「偶像崇拝」の禁止である。

 

旧約聖書 申命記

5:8 あなたは自分のために刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水の中にあるものの、どのような形をも造ってはならない。
5:9 それを拝んではならない。またそれに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものには、父の罪を子に報いて三、四代に及ぼし、
5:10 わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には恵みを施して千代に至るであろう。

  

雪だるまも認めないんだから、AIBOもアウトである。

 

雪だるまは反イスラム、サウジの学者が宗教見解 | ロイター

2015年01月14日
[ドバイ 12日 ロイター] - サウジアラビアの著名なイスラム法学者が、雪だるまは反イスラムとの宗教見解(ファトワ)を示し、物議を醸している。北部で雪が降った後、父親が子供に雪だるまを作ることは許されるかとの質問が宗教サイトに寄せられたのがきっかけ。
イスラム法学者ハメド・ムナジド師は質問に対し、雪だるまを作ることは人間の像を作ることであり、偶像を禁止するイスラムスンニ派の厳格な解釈では罪とされているとの論を展開。「遊びや楽しみであっても、雪で像を作ることは許されない。神は、樹木、船、果実、建物など、魂をもたないものなら何でも作ることを許しておられる」と述べた。
これに対し、アラビア人の名前のツイッター投稿者が、アラビア語で「信仰のためすべてを恐れている。病的だ」とつぶやくなど批判が続出。一方「(雪だるまを作ることは)不信心者の真似事だ」との賛成意見も投稿された。

 

もしもAIBOに魂が宿るのならば、ソニーのやったことは神の領域である。

生命を創造する権能は、唯一神にのみ許される。AIBOは神への冒涜となる。

 

ISISがパルミラ遺跡近くの霊廟を破壊 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース

2015.08.25 

破壊された霊廟の1つは、パルミラから北に4キロの地点に建っていた預言者ムハンマドの一族の血を引く人物の霊廟。もう1つはパルミラ遺跡の「勝利の門」から500メートルしか離れていない500年前の宗教家の霊廟だという。

シリア人権監視団によれば、ISISは「多神教の歴史的建造物を除去する」という名目で爆破を行ったという。

 

イスラム国ISISの蛮行の理屈も同じである。

 

「変成男子→変成女子」観音菩薩、真の女人に変成し給う~「遷化転生→生前転生」ダライ・ラマ猊下、御自身で御自身を認定す。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

AIBO