在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

テキサス親父も、東京都民も、シリア難民と同じ故郷を捨てた「偽装難民」の末裔。 #はすみとしこ #蓮見都志子

https://pbs.twimg.com/media/CQJu3lkUkAAY2aG.jpg

 

蓮見都志子さんとにこやかに笑ってる、「テキサス親父」さんはアメリカ人。本名はトニー・マラーノというらしい。

名前からしても、風貌からしても、イタリア系だろう。

 

で、もともとアメリカ新大陸にイタリア民族は自生していなかったから、テキサス親父さんの曽祖父、いや下手したらお祖父さん、いずれにしてもご先祖の誰かが、イタリア半島から、アメリカ新大陸にやって来たのである。

 


Godfather Ellis Island - YouTube

 

テキサス親父のご先祖は、この中にいたのだ。

 

で、イタリアには、宗教弾圧も、政治弾圧も、ほとんどなく、イタリア移民の99%は、本国の困窮から逃れるため、豊かな生活を夢見て、アメリカにやってきた、つまり「経済難民」だった。

 

安全に暮らしたい
清潔な暮らしを送りたい
美味しいものが食べたい
自由に遊びに行きたい
おしゃれがしたい
贅沢がしたい
何の苦労もなく
生きたいように生きていきたい

 

前世紀のイタリア移民も、ほとんど同じような希望を持って、ニューヨーク行きの片道切符を買った。

 

日本も無関係ではない。戦前の日本人も、同じ希望を抱いて、太平洋を渡り、アメリカやブラジルの土を踏んだ。

 

アメリカより貧しかった日本ですら、それ「以下」の民族からは憧れだった。

皆さんご存知のように、戦前の朝鮮人も、より良い生活を夢見てイルボンに渡った。

私のご先祖も同じだ。飢え死にしないためにヤマトに渡った。

 

こういう経済的理由を、最近は「偽装難民」というらしい。

 

つまり、テキサス親父さんのご先祖も、シリア難民と同様、在日朝鮮人と同様、日系ブラジル人と同様、「人間のクズ」だったわけだ。

テキサス親父さんと、私は、「寄生虫」の末裔である。

 

六代目山口組分裂~EU難民VS映画「ゴッドファーザー」「ギャングオブニューヨーク」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

削除を要求した連中の気持ちが全く解らない。 #はすみとしこ #蓮見都志子 さんのイラストは世界中へ翻訳・拡散すべき。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

別に海外の話でもない。

 

現在、東京に住んでいる人のほとんど全員も、自分でやってきたか、両親の時代か、祖父母か、曽祖父か、いつかは知らないが、あなたの一族の誰かが、東京に「移民」したのである。

 

徳川家康が埋め立てるまで、江戸=東京は単なる湿地帯と雑木林。わずかな漁師と農民がいただけの過疎地である。

天皇陛下と皇族の皆さんですら200年前は京都である。

東京都民で、系譜を500年さかのぼれる人はほとんどいないだろう。

 

で、イタリア同様、日本も宗教弾圧・政治弾圧は考えにくいから、あなたか、あなたのご先祖は、豊かさを求めて、職業を求めて、学歴を求めて、面白い日常を求めて、一旗挙げるために、青森を、岩手を、山形を、群馬を、新潟を、長野を、山口を、高知を、大分を、鹿児島を、先祖代々の「生まれ故郷」を、見捨てたのだ。

 

皆さん「国内経済難民」と、内戦で荒廃した「生まれ故郷」を捨てて、豊かなドイツへ逃げた、シリア難民と、何か違いはあるのか?

 

安倍ちゃんの「地方創生」じゃないけれど、生まれ故郷を東京並みに発展させてやろう!という意思も能力も無く、自分だけが幸せになればいい、故郷なんかどうなっても知ったことか、と東京に逃げたのだ。

しかもシリアと異なり、生まれ故郷に内戦があったわけでもないのに。

 

蓮見都志子さんが描いたイラストの少女は、イタリア系のテキサス親父や、日本人のあなたや、琉球人の私の、ご先祖サマの姿なのである。

  

痛快!テキサス親父~トランプ大統領パリ協定離脱→ハリケーン・ハービーが石油産業都市ヒューストンを水責め。 - 在日琉球人の王政復古日記