在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

アメリカとイスラムの間に戦う理由なんて、もともと何にも無い~イギリス、ナチス、イスラエルの後始末。

日本人の皆さんは、もちろん、韓国人や支那人琉球人に対しては、イロイロと複雑な感情もあるだろう。それは当たり前のことで理解できる。

しかし、たとえば、クロアチア人や、ボリビア人や、ジンバブエ人や、アゼルバイジャン人や、パプアニューギニア人を、ことさら憎む理由はあるだろうか?

 

成功なら「心臓部への一撃」=米軍の「ジハーディ・ジョン」攻撃―英首相 (時事通信) - Yahoo!ニュース

キャメロン英首相は13日、米軍がシリアでモハメド・エムワジ容疑者(通称ジハーディ・ジョン)を標的とした攻撃を行ったことについて声明を出し、「攻撃が成功したとすれば(過激派組織)『イスラム国』の心臓部への一撃」だと述べ、米国に謝意を表明した。
 ただ、「攻撃が成功したかどうかは、まだ確かでない」として、同容疑者の生死が依然確認されていないとの認識を示した。
 首相は、エムワジ容疑者が「野蛮な殺人者」で、攻撃は「正当防衛であり正しいことだ」と強調。英国や同盟国に危害を加える者には断固たる姿勢で臨むと改めて警告した。 

 

アメリカとイスラム原理主義者との憎悪と戦い。

 

しかしだ、なんかおかしくないか?

そもそも、最初から、根本的に、ナニかが、間違ってないか?

冷静に考えてみよう。

 

 

イスラム国ISISジハーディ・ジョンVSアメリカ創造博物館~「神の国」を目指す気持ちは同じ。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

そもそもは、

イギリスの第一次世界大戦における「三枚舌外交」、

それからナチス・ドイツのムチャクチャなホロコースト

そして無理スジのイスラエル建国、

の後始末じゃないか。

 

もともと、アメリカは、直接には、何の利害関係もなかったのだ。 

 

アメリカ合衆国は、18世紀、アメリカ新大陸北部に建国された。

イスラムは、7世紀、中東に生まれ、旧大陸ユーラシア・アフリカに広がった。

アメリカは新大陸、イスラム旧大陸アメリカは18世紀、イスラムは7世紀。

 

この2つは、空間的にも、時間的にも、お互いにお互いのテリトリーがぶつからない。

本来なら、アメリカ人がイスラムを邪魔に思う理由も、イスラムがアメリカ人を怨む理由も、発生しようが無かったはずなのだ。もちろん親しくもならないが、別段ケンカする理由も生まれにくい関係なのである。

アメリカ先住民のように、アメリカ白人に土地を奪われた、なんていう歴史はイスラムにはない。

バルカン半島のように、イスラム勢力とキリスト教勢力が何百年も戦争していた、なんていう歴史もアメリカにはない。

 

アメリカは工業先進国で大量の石油を消費する。
イスラムは中東において大量の石油を生産する。

買いたい人と売りたい人、お互いにお互いがお得意さまであり、商売上の大事なパートナーだ。お互いにお互いの存在を必要としてるのである。

石油利権の争奪戦?、別にそんなものが絶対必要なわけじゃない。金を支払えば売ってくれるのである。売らなきゃイスラムだって収入が無いんだから。 

事実、日本などの東アジア諸国は、中東に軍隊を派遣していないが、ちゃんと石油を売ってもらっている。アメリカだって、軍隊を派遣するコストを考えれば、普通にカネで買うほうが安上がりなのである。

ゆえに、アメリカとイスラムは、お互いに不倶戴天の敵同士ではないのだ。

 

それなのに、双方が、世界をまたにかけて、憎み合い、殺し合う関係になってしまったのは、結局、イスラエル建国に行き着く。

 

聖書に記された中東の地に自分の建国したい。それはユダヤ人の勝手である。
ずっと住んでいたパレスチナ人と土地の奪い合いになり殺し合いになる。そりゃ当然そうなる。
同じイスラム周辺諸国パレスチナに加勢する。

ジハードや信者間の助け合い精神を唄うイスラムにとって、イスラムパレスチナ人に味方するのか?、異教のユダヤ人に味方するのか?、結論は決まっている。

 

イスラエルイスラムが殺し合うのは勝手だが、この時点で大西洋の向こう側にあるアメリカ合衆国は、この争いに何の関係も何の義理もないのだ。
アメリカ人の大半はキリスト教徒であり、もちろんイスラムに味方するような親近感はないけれど、同じようにユダヤ教徒でもないからだ。
それどころか、ヨーロッパでもアメリカでもユダヤ人は昔から差別の対象であり、キリスト教徒が血を流しても守るべき同胞ではなかった。

 

なのに、なぜか、キリスト教でもイスラムでもないアジアの第三者から見れば、どう贔屓目に見ても、理屈の通らないムチャクチャな横暴を押し通すユダヤ人たちと、2000年前の古証文で故郷を奪われた被害者であるパレスチナ人たちの、一方的なイジメみたいな争いに、ユダヤ教と根本的に教義が対立するはずのキリスト教プロテスタントが優勢のアメリカが、まるで家族の喧嘩に加勢するようかにイスラエルを支援したことで、アメリカとイスラムの因縁が世界史上始めて発生する。

それまで遠い世界に住む住人同士、友でもないけれど敵でもなかった双方が。

 

イスラエル建国60年。アメリカ建国240年。
イスラエル建国以前の180年間、アメリカの歴史の大半において、アメリカ人がイスラムと殺し合う理由なんかナンにも無かった。

 

戦後のアメリカは、政治的に、軍事的に、経済的に、イスラエルを支えてきた。

経済面だけでも、アメリカが莫大な補助金イスラエルに援助し続けている。もしもアメリカが経済面のバックアップをやめれば、一瞬でイスラエルは財政破たん・国家破産である。占領地入植の資金も出てこないし、ガソリンも買えないから軍隊も動かなくなる。というか食料も輸入できないから飢餓状態になる。

イスラエルはアメリカが面倒を見ないと消えてしまう「幻の国」なのだ。

  

そもそもイスラエル建国がムチャだった、ユダヤ人が横暴なのだ、と言えれば話はカンタンだが、そのきっかけでもある、ナチスによるユダヤ人大量虐殺が、ドイツだけでなく、見殺しにしていたヨーロッパのキリスト教徒全体の負い目となり、正論が言い出し難かった。

そしてホロコーストを逃れたユダヤ人が大量にアメリカに移住し、彼らの政治力が、それまでモンロー主義旧大陸のイザコザに無関心だったアメリカを、ヨーロッパや、中東や、イスラエルの利害に、首を突っ込ませるようになる。

「世界の田舎者」アメリカを「世界の警官」に改造したのである。

 

つまり、もし、ナチスがユダヤ人を殺さなければ、イスラエル建国もユダヤ人のやりたい放題には出来なかったし、イスラエル建国が小規模かつ穏健だったなら、アメリカの出番もなく、イスラムもアメリカを敵とすることなかった。

アメリカの過度のイスラエル贔屓・イスラム弾圧への鬱積した不満から生まれたイスラム原理主義過激派も、ここまで広範囲に発生するはずもなく、イスラム諸国ももっと世俗化・穏健化が進み、女性の人権が過度に抑圧される風習も減っていただろう。

 

ムチャなナチスさえなければ、ムチャなイスラエル建国もなく、

イスラムの若者がテロリストになる理由も無く、うるさい親から隠れてコソコソご法度のビールでも飲んで、アメリカ映画でも見てればよかった。

アメリカのど真ん中のトウモロコシ畑で生まれた、ニューヨークの場所も知らないような、気のいいアンチャンが、中東のわけのわからない荒地で死ぬ必要なんてなかった。

 

このトバッチリの始まりは、アメリカ人にもイスラムにも何の関係もない、ナチスホロコーストなのだ。

ナチスのやらかした災厄はこれだけではないが、ナチス滅亡から半世紀以上経っても、ナチスに関係ない中東やアメリカ新大陸に、本来生まれるはずの無かった争いの種を産みつけ、現在の国際情勢を縛り続けている。

 

そしてナチスの政権奪取は、ワイマール共和国の不安定にあり、それはイギリス・フランスの第一次世界大戦後の対ドイツ政策の失敗の結果である。簡単にいえばドイツを虐めすぎた。

その第一次世界大戦はなんで起こったかといえば、大きくいえば、それまで世界をコントロールしていた大英帝国がついに衰亡し始めたからだ。

世界のリーダーだったイギリスがダメになり、次のリーダー・若いアメリカに交代する、その権力の空白期間に、運悪くか、必然か、イギリスとドイツの利害調整が失敗したのだ。

 

もしも、第一次世界大戦がなければ、ロシア革命も、共産主義政権も、ナチスも、ホロコーストも、イスラエル建国も、イスラム過激派も、なかった(かもしれない)。

逆に、

共産主義の現実の大失敗がないんだから、21世紀になっても、世界の人々にとって共産主義は希望の星であり続けたかもしれない。

ナチスがなければ、キリスト教徒が反省する機会がないから、ヨーロッパでもアメリカでも、大虐殺ほどではないにしろ、あからさまなユダヤ人差別は続いただろう。

イスラエルは、成立しても少数の入植者程度で、今とは逆に、少数のユダヤ人が多数派のパレスチナ人に頭を下げながら暮らすことになる。

イスラムも近代化・世俗化が進む。一部に復古主義者も出るだろうが、イスラエルもなく、アメリカ軍も来ない、そんな中東なら、共感する人も少ないだろう。

 

そんな世界で、大日本帝国琉球諸島朝鮮半島支那大陸がどうなっていたか?

うーん、良い事ばっかり、とも言えない気がする(笑)。

 

イスラム版「坂の上の雲」~オスマン帝国の幕末、それぞれの明治維新、それぞれの尊皇攘夷、それぞれのハルノート。 - 在日琉球人の王政復古日記