在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

軽井沢スキーバス事故~原田知世と広末涼子の20年~銀座の若大将→私をスキーに連れてって→バブルへGO!!

1962年。 

銀座の若大将 [DVD]

銀座の若大将 [DVD]

 

 1966年。


アルプスの若大将/加山雄三

 

1960年代。

個人の電話もない、風呂のない実家か、共同便所のアパートに暮らす、圧倒的多数の若者にとって、スキーなんて映画の中の夢物語だった。

加山雄三だけが楽しむ異世界ファンタジーだった。

 

東宝映画「大学の若大将(1961)」の10年戦争(その1)~身分違いの恋だから。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

東宝映画「大学の若大将(1961)」の10年戦争(その2)~加山雄三VS渥美清&高倉健~太平洋戦争再び - 在日琉球人の王政復古日記

 

東宝映画「大学の若大将(1961)」の10年戦争(その3)~加山雄三VS樺美智子~雪山賛歌/雪山惨禍 - 在日琉球人の王政復古日記

 

しかし、日本経済は爆発的に成長を続け、

20年後の1980年代末期には、普通の若者にも現実的に手が届くように。

 

1987年。


私をスキーに連れてって【予告編】

 

この映画を作ったのは、東宝、(当時テレビ業界ナンバー1の)フジテレビ、そして、当時の爛熟バブルを「思想」面でけん引した「ホイチョイ・プロダクションズ」。

ホイチョイこそ、豊かさを楽しみ、貧乏を笑い飛ばした、戦後日本=東宝「若大将」シリーズの末裔である。

その社長で、映画「私をスキーに連れてって」の監督でもある馬場康夫氏は、安倍ちゃんの成蹊大学同窓生でご友人だそうな。

運命論や陰謀論を信じそうになる自分が怖い。

 

自由な資本主義は、大日本帝国にも、社会主義革命にも、勝利した。

しかし、1987年から、たった3年後の1990年。

 

映画自体は2007年。 


Baburu e go!! Taimu mashin wa doramu-shiki (2007)

 

東京裁判より、こっちの「敗戦」の総括を!~NHK-BS 01/12(火)21:00〜「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」~「中国共産党が失敗すれば、日経平均も暴落する」という当たり前。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」も、同じ東宝、フジテレビ、ホイチョイだ。陰謀論は信じるな。

 

日本は、再び、《敗戦》する。

若者は、貧乏になった。

豊かさを維持したまんま、貧乏になった。

そして。

 

<スキーバス転落>「なぜカーブが多い道に」首ひねる同業者 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2016年1月15日
 ところが、バスは実際には上信越道に入らず、国道18号「碓氷バイパス」を走行していた。ある旅行業者は「碓氷峠を越える場合、うちなら一般道でなく高速道路を利用する」と話す。また、40年ほどツアーに携わる別の会社の担当者は「なぜカーブが多い碓氷バイパスを通ったのか。時間調整か高速料金の節約のためだったのではないか」と推測した。

 

豊かさの象徴だったはずのスキー旅行が、「たかが」高速料金をケチって、大惨事を引き起こす。

バブル時代なら、誰も気にしなかった「たかが」ハシタ金が、若い人たちの生命を奪った。

 

1987年「原田知世」から2007年「広末涼子」まで20年。

1925年「治安維持法」から1945年「玉音放送」まで20年。

「戦争」は、思いもせず始まり、予想もできず終る。

  

バブル後/ネット前~東京は夜の七時(ピチカート・ファイヴ/1993)~留守番電話と潰れたレストラン。 - 在日琉球人の王政復古日記