読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

黒人はどうでもいい。天皇陛下をハワイ女王や朝鮮純宗にするのか?~丸山和也をスルーするヤツは愛国者失格(笑)。

オバマさんのご尊父はケニア人であって、アメリカ合衆国の黒人奴隷の末裔ではない。

ご母堂はアメリカ白人である。まあ、こっちは過去に黒人奴隷の血が混じってる可能性もないではないが。

だから、オバマさんが大統領になっても、黒人奴隷100%の子孫が大統領になったことには、残念ながら、ならない。

だからそもそも前提が間違ってる。

 

近所のパーならともかく、国家試験をパスした弁護士で、自民党の政治家たる者、日本の最重要の同盟国の指導者の基本情報がその程度では困るだろう。

しかも、よりにもよって、自分から進んでアメリカの政治制度を語ろうという場面なんだから、ダメダメである。

 

でも、それは、大した問題ではない。

 

自民・丸山和也参院議員の参院憲法審査会での発言詳細:朝日新聞デジタル

憲法上の問題でもありますけれど、ややユートピア的かもわかりませんけれども、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、憲法上どのような問題があるのか、ないのか。例えばですね、そうするとですね、集団的自衛権、安保条約はまったく問題になりません。例えば、いまは拉致問題というのがありますけれど、拉致問題すらおそらく起こっていないでしょう。それから、いわゆる国の借金問題についてとかですね、こういう行政監視のきかないような、ずたずたの状態には絶対なっていないと思うんですよ。
 これはですね、日本がなくなることではなくて、例えば、アメリカの制度になれば、人口比において下院議員の数が決まるんですね。比例して。するとですね、おそらく日本州というのは、最大の下院議員選出数を持つと思う、数でね。上院もですね、州一個とすれば2人ですけれども、日本もいくつかの州に分かれるとすると、かなり十数人の上院議員もできるとなる。これは、世界の中の日本と言うけれども、要するに、日本州の出身が米国の大統領になるって可能性が出てくるようなんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という、まあ日本とはその時は言わないんですけれども、ありうるということなんですね。
 バカみたいな話をすると、こう思われるかもしれませんが、例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。リンカーン奴隷解放をやったと。でも、公民権もない、何もない。ルーサーキングが出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさかアメリカの建国、あるいは当初の時代にですね、黒人、奴隷がですね、米国の大統領になるなんてことは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんですよね。
 そういう観点からですね、例えば、日本がですね、そういうことについて憲法上の問題があるのかないのか、どういうことかということについてお聞きしたい。

 

全文を読めば、丸山さんは、主観的に、意識的に、オバマさんや黒人さんを馬鹿にするつもりは無かっただろうと思う。

まあ微妙な話題に対して、あまりにも、無神経で無思慮だが、そんなの、なにも丸山さんに限った話ではない。

 

そんな瑣末なことより、丸山さんの発言は、ずっと、深刻なのだ。

「丸山試案」は、大雑把に、こういう内容だ。

 

日本は、単独では、つまり自力では、独力では、経済的にも、政治的にも、安全保障的にも、どうしようもないダメな国だ。

・だったら、独立国家をやめて、強いアメリカの属州になったほうが、経済的にも、政治的にも、安全保障的にも、はるかにマシになる。

・黒人だってなれたんだから、日本民族のアメリカ大統領だって夢ではない。日本国より、ジャパン州のほうがイイじゃないか。

 

ここで黒人奴隷なんかどうでもいい。

日本人は、この発想を、このアイデアを、どう受け止めるのか? 

 

もしも、メリットがあるなら(たしかにあるだろう)、日本という、国家の独立を失ってもイイのか? 民族共同体を消滅させてもイイのか?、ということだ。 

 

そもそも、丸山さんは、日本がアメリカの属州になった時、天皇陛下をどうするつもりなのだろうか? 

同じく、アメリカに吞み込まれた、ハワイ王国最後の君主・リリウオカラニ女王陛下と同じ運命でイイということか?

まさか、とは思うが(笑)、日本人なのに、陛下の存在をウッカリ失念したのか?

 

丸山さんは、オバマ大統領に無礼なのではない。天皇陛下に無礼なのだ。

 

しかし、日本人はこれを否定できるか?反対できるか?

 

昔、こういう話もあった。

 

朝鮮は、単独では、つまり自力では、独力では、経済的にも、政治的にも、安全保障的にも、どうしようもないダメな国だ。

・だったら、独立国家をやめて、強い日本に併合されたほうが、経済的にも、政治的にも、安全保障的にも、はるかにマシになる。

 

「丸山試案」は、韓国併合の理屈と何も変わらない。

今度は、天皇陛下が、李朝最後の純宗と同じ立場だ。皇紀2600年を終わらせるのか?

日本人は「丸山試案」を客観的に否定できるのか? なぜなら、明治の日本人の朝鮮への意見は、「丸山試案」と同じ理屈だったではないか。

日本の皇統と朝鮮の王統で適応する理屈を変えるのは明らかにダブルスタンダードである。ひょっとして、戦前の日本人は間違っていたのか?

 

琉球は、単独では、つまり自力では、独力では、経済的にも、政治的にも、安全保障的にも、どうしようもないダメな国だ。

・だったら、独立国家をやめて、強い日本に併合されたほうが、経済的にも、政治的にも、安全保障的にも、はるかにマシになる。

 

明治政府の琉球処分も、「丸山試案」と同じ理屈だった。

そして、翁長サン一派が嫌いな、ヤマトのネトウヨの皆さんの論理である。

 

21世紀、日本は少子高齢化で衰亡しつつある。

大陸支那は、日本の約10倍の人口と、すでに日本以上の経済力・軍事力を誇る。

日本単独で支那相手に勝ち目はない。

もしも、アメリカの属州になれば、みなさん=日系アメリカ人(笑)は豊かなで安全な生活を保障される可能性はグンと確実だ。

 

「日本」も「愛国心」も、物理的に存在しない。しょせん「観念」でしかない。

現実の、物理的な、リアルな、経済や、軍事の前には、ハナクソみたいなものだ。

「世界に愛されるニッポン!」と叫んでみても、カラシニコフの弾丸は止まらない。そのまま脳みそは吹っ飛ぶ。

 

さあ、どうする? 

誇りある日本人として、観念と心中するか? 

アイデンティティを捨てて、国体を捨てて、「動物」として生き残るか?

 

これはフィクションでもなんでもない。現実ではないか。

広島や長崎の原爆も、ポツダム宣言も、東京裁判も、A級戦犯処刑も、サンフランシスコ平和条約も、帝国陸海軍解体も、GHQの強制的民主化も、日本米安保条約も、TPPも、要は、ソフトバージョンの、見えにくいだけの、「丸山試案」の実現なのだ。