読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

「女性は2人以上出産=徴兵制」VS「日米安保=移民受け入れ」

「2人以上出産、女性に最も大切」大阪市立中校長が全校集会で発言 教委は処分検討 - 産経WEST

 大阪市立中学校の校長(61)が2月29日の全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むことで、仕事でキャリアを積む以上に価値がある。子育てをした後に大学で学べばよい」と発言したことが11日、分かった。市教育委員会は「軽率な発言」として懲戒も視野に処分を検討している。
(略)
 校長は11日、発言内容を認めた上で「女性の最大の喜びは子育てだ」とあらためて主張。「集会では人口減や年金問題への危機感から発言した。男子に向け、子育てを夫婦で助け合うようにという話もしている。安心して子育てできる社会をつくってほしいと思っている」と話した。 

 

「子産めない女性は寄付を」 「2人以上」発言の校長:朝日新聞デジタル

 出産や子育てへの価値観が多様化し、キャリアを求めたり望んでも子どもを産めなかったりする女性がいることは認め「出産を強いているわけではない。子育てが楽しいということを伝えたかった」と話した。
 一方で、少子高齢化や不安定な年金制度などの課題を指摘し「男女が協力して子どもを育てるのが社会への恩返し。子どもが産めず、育てられない女性はその分施設などに寄付すればいい」と主張した。

 

なかなかの難問である。簡単には否定できない。

 

しかし、簡単には賛同もできない。

 

ニュースコメントや、twitterや、2ちゃんなどで、「校長の意見は正論だ」とか書いてる人たちがたくさんいる。

プライベートなことで誠に恐縮だが、お尋ねしたい。

 

あなたご自身、結婚して(内縁でもいいが)、子ども(実子でも養子でも)を2人以上育てた/育ててる実績があるんだろうね、当然。

 

まさか、自分自身は、子どもが1人なのに、子どもを作ってないのに、結婚すらしてないのに、同棲してくれる彼女もいないのに、「校長の意見は正論だ」なんてほざいてないよね? もし、そうなら、文字通り「どのツラさげて」「オマエが言うな」である。

 

「犯罪はダメ」は正論だが、ヤクザに言われても困るのである(笑)。

 

たとえば、「日本を守れ!」とかネットで書くヒマがあるんなら、おまえ自身が自衛隊に入隊して日本を守れよ、なんで娑婆でラクしてるんだ?、とまでは言わないが(笑)、やはり、主義主張とライフスタイルは、ある程度シンクロしていることが望ましいとはいえるだろう。

 

もちろん話題によっては個人として不可能なことはたくさんあるが、

 

【外信コラム】反日活動家の発電機に「HONDA」の文字 日本製で暖とり“反日パフォーマンス” (産経新聞) - Yahoo!ニュース

ところが発電機を見て驚きかつうれしくなった。発電機には何と鮮やかな文字で大きく「HONDA」とあるではないか。反日活動家が日本製の発電機で暖をとりながら日本大使館前で反日パフォーマンスをやっているのだ。

 

田母神氏、毎日のように数十万要求 公選法違反か (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

田母神氏側によると、男性は約3000万円を韓国クラブなどの遊興費や生活費などに充てていたと説明していた。

 

韓国の反日運動が、日本のHONDAを使っちゃカッコ悪いし、

日本の嫌韓運動が、韓国クラブで不法入国アガシと、トロット歌って、バクダン酒飲んでちゃマズイわけだ(笑)。

 

だいたい、ネットで「校長の意見は正論だ」と書いてる皆さんが、もし、全員、2人以上の子どもを産んで(産ませて)育てているのならば、校長センセイがこんな発言をしなければならない日本社会には、そもそも、なっていない、はずなのである。

 

「子産めない女性は寄付を」という発言を、女性差別、特に妊娠機能に障害がある女性への差別、と批判するのは簡単だが、子どもを持っていない人も、すでに「寄付」をしているのだ。税金の形で。

国家は育児や教育に税金を使って補助している。つまり子どものいる人は「寄付」を貰っている。子どもと無縁な人は、メリットがないわけで、まるまる税金払い損である。

 

「子産めない女性は寄付を」と書くと、女性差別不妊者差別に感じるが、

「対象外の人は対象に寄付を」ということは、税金の形で、あらゆる方面で、すでに行われている。

 

日本の農業は、国家から補助金が出ている。農業をしていない人々は、税金の形で、農家に「寄付」しているのである。

身体障害者へも、社会福祉の形で、税金経由で、健常者が「寄付」している。

東日本大震災被災者へも同様である。

 

われわれは、自衛隊に入隊しなくても、税金の形で、自衛隊員の給料を支払い、戦闘機やイージス艦の購入費用を支払っている。よって税金を支払ってる限り、われわれは国防の任務は果たしている。

しかし、それでもだ、いかに大事とはいえカネを出すだけで済ませているのと、実際に自衛隊に入隊して厳しい訓練を受けて勤務するのでは、負担の大きさがケタ違いに異なる。

 

乱暴に言えば、女性の出産・育児も、自衛隊と同じだ。

税金や寄付で済ませるのと、実際に妊娠して十月十日に渡ってに肉体に負担をかけ、産みの苦しみ痛みを味わい、睡眠時間を削って夜鳴きをガマンしオムツを取り替えるのは、負担の大きさがケタ違いに異なる。

 

日本男児の最大の名誉は国防だ」と言われれば、確かにそうかもしれないが(笑)、本音を言えば、シャレにならないくらい苦労も大きい。

「女性の最大の喜びは子育てだ」と言われれば、確かにそうかもしれないが、本音を言えば、シャレにならないくらい苦労も大きい。

 

あなただって、「なんで、キミは、自衛隊に入って、国防の任務に付かないんだ?」と、自衛隊に入ってもいない無責任な連中に言われても、ムカつくように、

女性だって、「なんで、貴女は、子どもを産んで、日本の少子化を阻止しないんだ?」と、子宮も持ってない無責任なオッサンに言われても、ムカつくだろう。

  

「おれ、軍隊とか、そういうの、イヤなんだよ。もっと別の生活がしたい」と言える世の中を、自由な社会と呼ぶ。

「ワタシ、子育てとか、そういうの、イヤなの。もっと別の人生を歩きたい」と言える世の中を、自由な社会と呼ぶのである。

  

現在、自衛隊日本男児の最大の名誉は国防だ」と考える人々で、一応、人員は充足している。

しかし、現在、日本社会は「女性の最大の喜びは子育てだ」と考える女性で、人員は充足して、いない。

 

もしも、少子高齢化のように、日本男児の最大の名誉は国防だ」だけでは、自衛隊の人員が充足しなくなったら、どうするのか?

まずは、自衛隊の待遇改善だろう。給料を上げて、軍人としての名誉を与える。

女性が子どもを産みやすくするために、妊娠・出産・育児の環境を改善する。マタハラを撲滅し、子ども手当てを支給して、保育所を拡充する、のとまったく同じ話である。

 

それでも自衛隊員が不足し、国防が成り立たないなら、どうする?

日本国民に「徴兵制」を義務にするのか?

逆にいえば、少子高齢化を解決するために、日本の女性に「出産徴兵制」ともいうべき「強制妊娠制度」と義務にするのか?、というディストピアSFになる。

 

徴兵制」がムリならどうする? 

自国だけでの防衛を諦め、外国との防衛協力の強化する、集団安全保障、ということになる。つまりは「日米安保」だ。

だとすれば、少子高齢化を解決するためも、日本民族だけでの人口増加を諦め、外国からの人口増加、つまり「移民」受け入れが合理的選択になる。

つまり、日米安保は、移民受け入れと同じ思想なのだ。

 

しかし、校長センセイが、

「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むことで、仕事でキャリアを積む以上に価値がある。」と言う代わりに、

「日本経済にとって最も大切なことは移民の大量受け入れで、日本文化を守ること以上に価値がある。」と発言していたら、

「校長の意見は正論だ」と書いてる人たちは、手の平を返して反対し、校長センセイを批判するだろうと想像が付く(笑)。

 

少子高齢化の解決という意味では、同じはずなのに。

 

「女性は2人以上出産&日本共産党」VS「安倍晋三昭恵夫妻&同性愛同性婚」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《日本人口減少~少子高齢化》国家は子宮を持たない~先進国なら「コンクリートから人へ」が正しい。 - 在日琉球人の王政復古日記