在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

乙武洋匡VS田母神俊雄VS武藤貴也VS宮崎謙介VS米内光政VS扇千景~政治家下半身百景。


『キャタピラー CATERPILLAR』 予告編

 

乙武不倫騒動、妻の謝罪は「炎上対策」? 参院選出馬に向けた「自民党のアドバイス」との憶測も : J-CASTニュース

2016/3/24

「妻である私にも責任の一端がある」――。「週刊新潮」最新号(2016年3月31日号)に報じられた乙武洋匡氏の不倫騒動が波紋を広げる中、ネット上では、公式サイトに掲載された「妻・仁美さんの謝罪文」に違和感を覚える声が続出している。
「自分の不倫を妻に謝罪させるなんて恥ずかしい」と、乙武氏に対する批判の声があがる一方で、16年夏の参議院議員選挙「出馬」の動きを踏まえ、「もう政治家の妻を意識してる」と皮肉るユーザーも少なくない。

 

正直、非常に扱いにくい(笑)。

 

この件に関してだけは、テレビやネットの芸能ニュースでの扱いは、イヤミではなく、本当に、大したもんだと感心した。 

相手が誰であろうが、扱いがややこしいからと、タブーにしてスルーする、なんてこともなく、かといって、下世話な「行為」の詳細には突っ込まず、上品にニュースにしている。

 

人間存在というモノの奇怪さ、男と女と性の不可思議、そしてズバリ差別問題、などを真剣に考えるならば、本当は、下世話な「行為」の詳細に突っ込むべきだろう。

5人(またはそれ以上)の女性たちは、彼に、如何なる感情を持ち、そして具体的にどういう行動をとったのか?

 

ただし、そういう高度な問題は、私のような未熟者の手には余る。

よって、凡庸な話でお茶を濁す。

 

私は、乙武洋匡さんを、当選どころか、立候補してなくとも、すでに「政治家」だと認識している。だって状況証拠的に彼は政治家になりたいのだろう。政治家になりたい人は、そう思った時点で政治家なのである。

 

そして、私は、誰であろうが、どういう相手であろうが、政治家のセックススキャンダルには、かなり寛容な態度である。

 

空将と不倫ならベッキー応援したのに~田母神=ゲスの極み乙女。川谷絵音~愛人と不倫→妻と離婚交渉。 - 在日琉球人の王政復古日記

そして、芸人や政治家のセックススキャンダルにもかなり寛容である。 

 

男と女が乳繰り合おうが、

男と男が排泄器官でナニをしようが、

既婚だろうが、未婚だろうが、不倫だろうが、離婚だろうが、異性相手だろうが、同性相手だろうが、金銭による売春ですら、原則として、芸の良し悪し、政策の良し悪しとは無関係だ。それが強姦でない限り、罵倒はしない。

どっちかというと、女遊び(男遊び)が派手なほうが、シチュエーションがユニークなほうが、人間臭くて好意が持てる(笑)。

 

乙武さんの場合、相手女性に対する強姦や強要は、物理的に、ありえないだろう。

女性は、自分からセックスする気になってセックスしたのだ。

その、「セックスする気になった」ことこそが、人間存在を考える上で一番重要な焦点なのだが、そこは先に書いた通り、私の手に余るのでスルーする。

 

しかも、奥さんも彼の行為を許している。

となれば、もう彼を批判できる論点はないではないか。

 

乙武さんは政治家になりたい。

乙武さんの奥さんは代議士夫人になりたい。

 

奥さんの気持ちを考慮するのなら、今回のセックススキャンダルは不問にして、彼女を晴れて代議士夫人にしてあげるのが人情というモノである。

 

自民党を作った男・三木武吉も本妻公認のメカケを複数養っていた。

首相を務めた米内海軍大将も花柳界の芸者にモテモテだった。

 

宮崎謙介VS米内光政海軍大将&自民党生みの親・三木武吉~政治家なら「芸者」と「妾」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

立場は男女逆だが、自民党扇千景ダンナ・上方歌舞伎の金看板・四代目坂田藤十郎も女遊びで有名だったが、奥さんの扇千景は平然と許していた。

 

「女性にモテない夫なんてつまらない」~宮崎謙介VS四代目坂田藤十郎~金子恵美議員は扇千景大先輩を見習え。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

浪速のエリカ様こと、橋下チルドレンの上西嬢も秘書と乳繰り合ったらしいが、独身なんだから別にいいだろう。

 

上西議員と男性秘書を擁護する~小百合ちゃんVSフォン・マンシュタイン~橋下さん「見切り千両」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

男女の組み合わせだけではない。男同士でも、また、金銭を授受した売春でも、双方合意の上で、強姦じゃないんだから、許容範囲だ。

 

武藤貴也その5~『是は武士の恥也(葉隠)』~男好きなのは正しいが、売春は武士道に反する。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

乙武さんの妻は夫の女遊びを許し、

千景ちゃんも藤十郎の浮気を許した。

武藤君もちゃんとオトコに料金を支払った。

しかし、元航空自衛隊幕僚長の奥さんは、元空将の愛人を認めず、離婚も拒否している。

 

田母神氏、フライデー「不倫」報道に正面反撃! FBで「交際中の女性守らねばならぬ」と吐露 激励「いいね!」殺到(1/2ページ) - 産経ニュース

2014.12.05

 記事によると、田母神氏は、30年以上連れ添った妻と2人の子供がいるが、5年ほど前に出会った50歳前後の女性と恋仲になり、一時は自分の秘書にした。2年前に田母神氏は妻と離婚して女性と結婚しようとしたが、妻は拒否して離婚訴訟に発展した。衆院選投開票3日前の12月11日に東京高裁の判決が下る予定だという。

 

世間は、政治資金のゴタゴタばかり話題にするが、

奥さんが許している乙武さんの婚外セックスが問題になるのなら、

奥さんが許していない田母神さんの婚外セックスも問題にしないと、

不公平ではないか。