在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

韓国広報専門家ソ・ギョンドク19億円VS田母神1億円VS舛添1億5千万円

韓国広報専門家の徐敬徳教授が横領容疑で訴えられる…教授側「あきれる」 | Joongang Ilbo | 中央日報

韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授(42)が横領などの容疑でアウトドア企業NEPAから告訴された。
25日、検察によると、NEPAは財団法人「大韓国人」理事長の徐教授をはじめとする財団関係者3人を横領と寄付金品の募集および使用に関する法律違反容疑でソウル中央地検に告訴した。
検察はこの事件を調査2部(部長検事チョン・ヒウォン)に割り当てた。NEPA側は「韓国戦争(朝鮮戦争)の外国人参戦勇士に届けてほしいと195億ウォン(約19億円)相当のアウトドア用品を『大韓国人』に寄付したが、いかなる合意もなく衣類流通業社P社に安値で売り払った」と主張した。
徐教授は「NEPA側とエチオピアに届けて残った寄付品を現金化してさらに意味あるところに使うことで合意した」と反論した。引き続き徐教授は「現金化したお金は財団が全額保有していて横領は絶対ない」とし「名前が少し知られており理事長という理由で名誉を傷つけたことに対し、法的に強硬対応する」と明らかにした。財団取締役であるチョ・ジョンヨル淑明(スンミョン)女子大教授は「寄付された物品のうち一部売却したのは間違いないがNEPA側から販売同意書をもらっている」と釈明した。
一方、財団法人「大韓国人」は民間主導で国愛精神を拡散し、国家の発展に尽くすという目標の下、国家報勲処傘下に昨年設立された。

 

判りやすくいうと、韓国版・田母神さん(または、櫻井よしこさん、在特会桜井誠さん)的ポジションの人が、田母神さんより派手にやらかした、ってことなのかな?

 

例えるなら、野良犬の目の前に、肉の塊をおいて、「伏せ」と命令したのに、勝手に食った、と怒ってるようなもんで(笑)、

正直言うと、「韓国広報専門家」「大韓国人」なんて誇大妄想というかデリカシーの欠如した自称を平気で付ける精神構造の人間に、19億円もの大金を預けたアウトドア企業の自業自得というか判断ミスが一番大きいような気もするが、

まあ、韓国人は、日本人より、表現がインフレ傾向にあるんで、この程度の大言壮語は普通に許容範囲かもしれないが、

とりあえず、韓国の検察もイロイロ大変である。

 

ソ・ギョンドク(徐敬徳)さんといえば、朝鮮日報中央日報の日本語版にはときどき登場する、海外、主にニューヨーク(おそらく現地の韓国系アメリカ人社会にコネがあるのだろう)で、慰安婦竹島旭日旗に対する日本批判、「アメリカの皆さん、イルボンはこんなに悪いんですよ」的なネガティブ広告をうっている韓国人である。

正直、韓国の国内世論の動向はまったく門外漢なので、彼がどれくらい著名なのかは知らないが、日本語版とはいえ韓国の大手新聞に登場するくらいなんで、少なくとも一山いくらの無名ネトウヨ扱いではない、それなりに公共性のある人物なんだろう。

 

日本の嫌韓派は「反日だから左翼」と言いたいかもしれないが、彼の言動を日韓以外の第三者から見れば、正真正銘、韓国の民族主義右翼としか分類しようがない。

ソ・ギョンドクさんは「鏡に映った日本の嫌韓派」である。他人の目には、あんな風に映っているのである。

 

対して、一部(なのか?)韓国人のムチャクチャな言動にゆるゆるの甘々な、イルボンのリベラル派や左翼にも、これを期に真剣に考えてもらいたい。

サッカー日本代表のユニフォームデザインは旭日旗だ!みたいな意見広告をニューヨークの新聞に載せるソ・ギョンドクの言動が、本当にマトモだと思うのか? 

 

在特会の言動がアレならば、ソ・ギョンドクの言動も全く同等にアレである。

いくら日本の嫌韓派がアレだからといって、韓国の反日がアレではない証明には全然ならない。

たとえば「帝国の慰安婦朴裕河を巡る、韓国の知識人や、在日コリアン系知識人(徐京植とか金富子とか)の主張がほんとに正しいと思うのか? 

ハンギョレ新聞の徐京植と和田春樹の論争なんて、「和田春樹は右翼だ」みたいな論調である。あの(笑)和田春樹が右翼なら、残りの1億2千万人に左翼は存在するのか?

日本のリベラル派や左翼は、韓国や在日コリアンに対しても「ウンコは、誰がたれようが、ウンコだ」とハッキリ反論すべきだ。

 

日本の左翼は、朝鮮日報、中央日報、ハンギョレを糾弾せよ~広島長崎の原爆を免罪符だと思ってるのは日本人ではなく韓国人。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

イルボンの愛国者だって、やらかす時は、韓国人同様やらかす。

田母神さんの話題も、熊本震災で完全に吹っ飛んだが、閣下の公金横領は、下記の通り。

 

「許してくれとは言わない…」 田母神氏、公選法違反認める「期待裏切り申し訳ない」(2/2ページ) - 産経ニュース

 田母神氏の資金管理団体や代表を務める政党支部の26年分の政治資金収支報告書には計5541万円の使途不明金が計上されており、特捜部はこれらが報酬の原資になった可能性があるとみている。

 

社会:ZAKZAK

田母神氏に退職金7000万…防衛省は自主返納を求む

 日本の侵略をめぐり政府見解に反する内容の論文を発表し更迭された田母神俊雄航空幕僚長(60)=元空将、3日付で定年退職=に対し、防衛省は28日までに、退職金の支払い手続きに入った。税込みで約7000万円とみられ、12月2日までに支払われる。同省は自主返納を求めているが、田母神氏に応じる意思はないという。

ZAKZAK 2008/11/28

 

選挙資金約5000万円+自衛隊退職金約7000万円=合計約1億円。

世界に誇る日本が、後進国・韓国の19分の1とは、みみっちい限りである。

 

日韓の経済規模を考えれば、韓国の195億ウォンは、単純に19億円どころではない、もっと大金だろう。そんな額のカネを、あんな行動をしている、あんな自称の人物に、預けるなんて、やっぱり、NEPAとかいう企業側に判断能力が足りなかった、としかいえない。

日本のAPAグループみたいに、ワンマン社長が愛国者で、そっち系の政治運動業界のいいカモ、じゃねえや(笑)、タニマチになってるのかもしれない。NEPAとAPA、名前も似てるし。

 

政治とカネといえば、東京の舛添さんも、ゼイタクな海外出張で話題だが、結局、総計、いくらくらい使ったのか?、この記事が判りやすかった。

 

「舛添要一」都知事が5回の海外出張に2億4000万円を計上した | デイリー新潮

 人は誰しも異国に憧れを抱くもの。権力者ならば尚更である。東京都の舛添要一知事(66)の場合、昨年2月の就任以来、6回の海外出張で5カ国を訪問し、その費用は1億5600万円に達した。1回あたり2500万円以上の計算になる。さらに今年度は、予算に1回の出張が5000万円に相当する2億4000万円の出張費を計上しているという。

 

この三者、★1個5000万円で、これくらい規模が異なる。

 

ソ・ギョンドク(徐敬徳)韓国広報専門家

 

舛添東京都知事

 

田母神航空幕僚長・元東京都知事候補 

 

前々から書いてるように、

田母神さんのカネの問題なんて、ハナクソみたいなハシタ金に過ぎない。どうでもいいのだ。田母神さんの真の問題は「公金の消失」ではなく「知性と教養の消失」にある。

 

#田母神俊雄 さんは都知事になってもいいが、都バス運転や幕僚長は困る。 #コミンテルンの陰謀 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#田母神俊雄 1億円 VS 中国人民解放軍3000億円~真の国防とはいかなる思考か? - 在日琉球人の王政復古日記

 

ソ・ギョンドクも全く同じ。

彼も19億円を横領したからダメなのではない。たとえ1円も不正を働かない清貧の人だろうが、やってることが狂っているからダメなのだ。

 

英米系でなく大陸ヨーロッパ系の舛添さんは、都知事でなく東京共和国大統領(笑)のつもりなのだ。

おそらく「フランス人なら、ド・ゴールが五つ星ホテルに泊まっても怒ったりしない。いや安宿に泊まった方がフランスの名誉に傷が付くと怒るだろう。やっぱりジャポネは劣等アジア人だな」くらいに思ってそうである(笑)。

 

知事ではなく東京共和国大統領(笑)~「フレンチ風」マッチョ国家主義者・舛添要一。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

この件でもホリエモンがチャチャを入れている。

 

ホリエモン、舛添都知事の高額出張批判に「瑣末な問題」「有能な人がアホくさくなる」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏(43)が26日、自身のツイッターで、東京都の舛添要一知事が米国訪問時にスイートルームに宿泊するなど海外出張費が高額だったと批判が集まっていることに「別に瑣末な問題だと思うんだけどね」と持論を展開した。
 舛添知事は今月の米国訪問時に、航空機はファーストクラスを利用して往復約225万円、宿泊は5泊で約73万円にのぼったとして批判を受けている。
 しかし堀江氏は「こんなんで足引っ張られると有能な人はアホくさくて都知事とかやらなくて、普段から清貧の人しかやらなくなるから優秀な人の母数が減ると思うのね」と主張した。
 その後も、「あの贅沢な金を福祉などに回せば何人もの人間を救える」との意見に対して、堀江氏は「はいはい笑 AIにやらせましょ。それなら賛成」とツイート。AIは人工知能を指しているとみられる。
 また「東京都民は速やかにリコール」との意見に「そしてまたくだらない選挙費用が増える」と返した。

 

ホリエモンの意見は、全て賛成ではないし、全く同意できない時もあるが、なかなかに面白いところを突いてくることが多い。

 

政治とカネの問題というのは、大変重要だ。

大変重要だが、それは、選挙でいくら配った、五つ星ホテルに泊まった、みたいなレベルの話ではない。

ホリエモンの言うように、人間の都知事を止めて、AIを導入するしない、レベルの話なのだ。

 

ソ・ギョンドクさんや田母神さんや舛添大統領の問題は、カネに汚いかどうかではなく、有能か無能か、有益か有害か、という問題である。

 

舛添大統領は、五つ星ホテルに見合う、外交成果を挙げたかどうかで判断するべきなのだ。まあ、そういう意味でも、舛添大統領を擁護できるかどうかは、やや微妙ではあるが(笑)。