読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

人口4800万人、GDP世界15位圏内、歴史1400年の弱小国~韓国(経済編)。

イルボンには嫌韓派が多い。半分くらいは韓国の反日感情への反動だが。

彼ら嫌韓派はことさら韓国を貶めたい。まあコレも韓国人の過剰なお国自慢への反動な面もあるが。

 

日本の左翼は、朝鮮日報、中央日報、ハンギョレを糾弾せよ~広島長崎の原爆を免罪符だと思ってるのは日本人ではなく韓国人。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ソウルに昭和殉難者霊廟を!~A級戦犯こそ「朝鮮半島独立」最大の功労者である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

法VS人間~日本戦犯企業強制徴用弁護VS光市母子殺人事件「ドラえもん」弁護~韓国人も日本人も近代人か? - 在日琉球人の王政復古日記

 

日韓基本条約VS大韓民国憲法~「イルボンは朝鮮を統治していない」というタテマエ。韓国司法の反乱。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

しかし嫌韓派の主張する「悲惨な歴史しかない韓国」とか「韓国経済崩壊寸前」とか「パクリ大国・韓国」いうのが、はたして正確かどうか?

 

国力も歴史も「絶対値」はない。結局は他国との比較で、上か、下か、という「相対的評価」しかできない。

 

まずは国力。人口は、1位支那、2位インド、3位アメリカで、日本は10位、韓国は25位・約4800万人である。

韓国が「弱小国」に見えるのは、東と西のお隣が、1位約13億人の支那、10位約1億3000万人の日本、比較する相手が世界レベルで特殊な人口大国だからである。

 

もしも韓国がEU加盟国なら、ドイツ15位・約8200万人、フランス21位・6300万人、英国23位・約6200万人、イタリア24位・約6000万人、スペイン29位・約4600万人、となるから、スペインとほぼ互角、EU第5位の中堅国ということになる。これで「弱小国」は無理がある。

 

ちなみに琉球は約143万人。 

150位のエストニアが約134万人だから、もしも琉球バルト海に浮かんでいたら、そこそこ普通の独立国家なのだ。

 

まあ人口だけなら、アフリカだって多いわけで、真の国力とは言えない。

GDP国内総生産は、1位アメリカ、2位支那、3位日本。

これは為替相場でかなり上下する。皮肉な話だが、アベノミクスが成功すれば円安で日本の順位は落ち、失敗すれば逆に順位は上がる。

 

ただし、支那はすでに日本の2倍を超える。ちょっとやそっとのバブル崩壊や政策失敗で日支再逆転は難しい。

この数字から、冷静に、安全保障を考えないと日本は守れない。

やれ支那人民度が低いだの、大気汚染だの、不動産バブルだの、共産党の圧政だの、自分に都合の良い部分ばっかり夢見ていたら、日本は終わりである。

たとえ路上で痰を吐いても、GDPが2倍あることは変わらないのだ。 

 

トップ4からトップ10には、英仏独EU主要国、新興国BRICSが並ぶ。

韓国はトップ10には入らないが、トップ15圏内のポジションである。アジア有数の経済力、十分世界の経済先進国だ。これで「弱小国」は無理がある。

 

ちなみに琉球のGDPは、中東ヨルダン、東欧セルビア、アフリカ・ガーナ、南米ボリビアあたりがライバルである。独立国でもなんらおかしくはない。

 

もちろん、一人当たりのGDPにすると、支那は順位をドドドーンと下げて80位前後、一気にアフリカなどの後進国の仲間入りだ。

しかし日本も、人口が少ないが先進国のヨーロッパの中小国に抜き去られて、シンガポールや香港にも負けて、順位は28位。そして韓国は30位と、日韓ほぼ互角だ。

現在の日本は、人口が韓国の約3倍という、まるで支那みたいな(笑)「数の勝負」で、韓国に優越しているだけなのである。 

 

まあ、ヨイショばかりじゃ嫌韓派に「在日認定」されそうなんで(まあ実際、韓国人じゃないだけで、「在日」だが(笑))、暗い将来も予想すると、実は、今が韓国の絶頂期だろうと思われる。

残念ながらトップ10の常連にはなれそうにない。これ以上は上がらない。おそらく下がる。一つは韓国も少子高齢化で国力が落ちることと、そして世界にはBRICSの次を狙う元気な国が出てきているからだ。近い将来、勧告は、おそらく、インドネシア、トルコ、メキシコあたりに抜かれるだろう。

 

それでも、総合的に見て、人口も、経済も、韓国は「弱小国」ではない。

日本や支那と比較する弱小だが、それは日本と支那が世界でも特殊なだけだ。

  

嫌韓派は「韓国は日本のパクリで成り上がった」と笑うのだろうが、パクリ=模倣=マネというのは、そう簡単ではない。

世界レベルで見れば十分頑張ってるアジア諸国、タイも、ベトナムも、マレーシアも、フィリピンも、アフリカ諸国も南米も、もしも自国のGDPが世界トップ20に入るのならば、恥も外聞もなく、喜んでパクリまくるだろう。

しかし世界の後進国にとって、先進国をパクるのは簡単な話ではなく、そうとう難しい、いやほぼ不可能に近い事業なのだ。

事実、わが琉球を含めて、ほとんどの後進国は先進国をちゃんとコピーできてない。

 

なんとかかんとか結果が出せるレベルのコピーに成功した韓国は、やはり世界規模で見れば優等生なのだ。

 

人口4800万人、GDP世界15位圏内、歴史1400年の弱小国~韓国(歴史編)。 - 在日琉球人の王政復古日記

へ続く。