在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

アインシュタインよりディアナ・アグロン(HKT48)~「化粧」中島みゆき~近代200年闘争「頭VS尻」

どこまでも、かわいいアイドル情報がメインのブログです。 

 

https://pbs.twimg.com/media/CezTD-tWEAAzGpA.jpg

(おそらく)なこみく&めるみお(HKT48)のはず。どれかが、誰か。

 

https://d.wattpad.com/story_parts/87284979/images/13d89caf5862f8ae.jpg

AOA(らしい)。ソルヒョンとジミンも含まれている(はず)。

 

まず最初の感想は、

韓国人って「足フェチ」なんだなあ。巨乳よりもすらっとした長い足にセックスを感じるようだ。 

対して、日本人は、本質的にロリコンだな(笑)。「完成品」が嫌いで、欠陥のある「未完成品」を好む。だから大人より幼児を好む。

 

HKT48新曲歌詞が「女性蔑視」と大炎上 「(女性は)勉強できても愛されなきゃ意味がない」? : J-CASTニュース

2016/4/13

福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞に対し、一部のネットユーザーから「女性差別的ではないか」との批判が相次いでいる。
女性は勉強しても意味がない、重要なのは「可愛さ」だけ――。こんな内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようで、ネット上には「女性に対する侮辱の塊」「何回見ても気持ち悪い歌詞」との声が上がっている。

 

こういう歌詞らしい。

 

アインシュタインよりディアナ・アグロン - なこみく&めるみお(HKT48) - 歌詞&動画視聴 : 歌ネット動画プラス

アインシュタインよりディアナ・アグロン

歌:なこみく&めるみお(HKT48)

作詞:秋元康 

 

フェミニズムジェンダー思想の観点から、この炎上商法(笑)を批判するのは簡単だが、大前提として、「近代が正しいのか?」という人類史上の大問題がある。

 

もし近代が正しいのならば、フェミニズムジェンダー思想も正しいし、平成女衒・秋元某は間違ってる。

もしも、秋元某がアメリカでこんな歌詞を書いたら、抗議殺到、世論からメッタ打ちである。キャリアも終わるだろう。

 

しかしだ、女性差別というのは、他の差別とかなり違う構造を持つ。

欧米ではド田舎以外ではまずありえないことだが、特に日本では、他のアジア諸国もその傾向があるかの知れないが、どうも被差別者の女性自身が「差別されたままがいい」「目覚めたくない」欲望を持っていることである。

 

例えば、アメリカ南部の白人農場主が

「ニガーってのは年がら年中綿花摘んでりゃ幸せなんだ。それを北部のヤンキーどもが勝手な洗脳をして困る」

と主張するのは当然だが、

しかし、綿花畑で働く黒人まで

「オラ、綿花摘んでるときが一番気楽でいい。一生こうしていたい。子供にもこの仕事を継がせたい」

とは思わないだろう。

「オレだって大学に行って、教養を身に付け、ビジネススーツを着て仕事がしたい」

と思うのが素朴な人間の権利である。

 

しかし、日本女性には「一生綿花を摘んでいたい」に近い欲望を見せる傾向がある。

平成女衒・秋元某の書く、近代思想に基準すれば、あからさまな女性差別の歌詞を、心からそう思ってしまう女性も少なくないのである。

 

【衝撃】秋元康の歌詞は「女性蔑視」だとリテラが怒ってるから女性の意識調査をしてみた → 歌詞のような思考の女性が多くいる事が判明 | ガジェット通信

http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/04/97255.png

 

フランス革命が「黒人も人間だ」と宣言すれば、99.99%の黒人も「そうだ、俺たちも人間だ」と答える。

しかしフランス革命が「女性の皆さん、あなた方も人間なのだ」とどんなに宣伝しても、日本女性の少なくない方々には、「人間」でなく、どこまでも「おんな」になりたい欲望がある。

 

「人は女に生まれるのではない、女になるのだ?」~ムスリムロリータVSボーヴォワールVSムハンマド。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

じゃなかったら、キモイ男の欲望むき出しの視線にさらされることを目指す、アイドルなんていう商売をやりたい少女がこんなにたくさんいるはずがないのだ。

 

アイドルは人権思想と闘う。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

日本も大変だが、お隣も大変なようである。

 

韓国の人気アイドル、抗日闘争の英雄の名を答えられず猛批判... - Record China

2016年5月12日(木)
2016年5月10日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国の人気ガールズグループ「AOA」のメンバーが、国の歴史を知らな過ぎるとして批判を浴びている。
AOAは12年に韓国デビュー、14年には日本でもデビューを果たした8人組アイドルユニット。このうちソルヒョンとジミンの2人が出演した番組で「各国の偉人の顔からその名前を当てる」ゲームに挑戦し、無知を露呈してしまった。
クイズに登場したのは、朝鮮時代の将軍・李舜臣(イ・スンシン)、5万ウォン札に描かれた申師任堂、朝鮮の独立運動家・金九(キム・グ)、米国初代大統領リンカーンなど。リンカーンを除けばすべて韓国の偉人中の偉人で、少々簡単過ぎる問題にも思えるが、申師任堂と金九を正解した後、2人は安重根(アン・ジュングン)の写真の前で悩み始めた。
別の独立運動家の名を出した2人に番組スタッフが「伊藤博文」とヒントを出したが、ジミンは「伊藤ヒロモミ?」と聞き返す始末。結局、ソルヒョンがスマートフォンで検索して「安重根」の正解をようやく導き出した。抗日闘争の先頭に立ち伊藤博文を襲撃した「義士」に関する知識は韓国では常識。2人に「歴史の知識が1グラムもない」と厳しく表現したメディア(アジア経済)もあったほか、韓国のネットユーザーから批判の声が相次いで寄せられている。
「恥ずかしい。歴史の勉強をちゃんとして」
「こりゃ駄目だ」
「小学生でも分かる安重根義士をネットで検索したのか。歴史を忘れた民族に未来はない。韓国で人気を集め、海外でもお金を稼ぐ人たちのレベルがこの程度とは…」
お尻を振って踊る前に勉強しなさい。安重根義士のことは中国人だってよく知っている」
「こんな子たちが外国に出て韓流だなんだと騒いでるなんてあきれるよ」
「人が何でもできるわけではないけど、常識というものがあるでしょ」
「いくら知識がないにしても、程度がある。これは韓国人として『考えなし』のレベル」
「この子たちに歴史や常識を問うのは無理。ただ歌と踊りだけさせておいた方がいい」
「これは無知以前の問題。許されないでしょ」
「ただただ情けない」

 

「お尻を振って踊る前に勉強しなさい。」

ズバリ一言で言い尽くした名言だ。

こういうのを「天声人語」という。神が人をして真理を語らせたまう。

フランス革命から始まった近代思想、人権思想とは、要は、コレ、なのだ。

 

韓国アイドルにAOAというのがあって、彼女たちが安重根を知らなかった。

韓国人ネットユーザーは「韓国人としての基本常識がない」と怒ってる。

そして日本の嫌韓派は「テロリストの名前なんてどうでもいい」と嘲笑する。

 

安重根歴史的評価はまた別に考えるとして、

もしも日本のアイドルが、著名人を知らない、という番組があったとして、画像を出されても、オバマも、トランプも、安倍首相も、伊藤博文も、織田信長も、坂本龍馬も、「わかんなーい」と一言で返したら、日本人はどう反応するだろうか?

基本常識がない!なんて怒る人はかなり少ないのではないか? 「馬鹿だなあ」とか笑いながら「馬鹿だからカワイイ」で許すのではないか?

日本は、完成品である「キレイ」「賢い」の評価より、欠陥品である「カワイイ」「幼稚」の評価のほうが高いのである。

 

日本は、日本の女性は、秋元康の書いたHKT48の歌詞、 

「どんなに勉強できても 愛されなきゃ意味がない」
「難しいことは何も考えない 頭からっぽでいい」
「世の中のジョーシキ 何も知らなくても メイク上手ならいい ニュースなんか興味ないし たいていのこと 誰かに助けてもらえばいい」
アインシュタインって どんな人だっけ? 聞いたことあるけど 本当はよく知らない」

を批判できるのか?拒否できるのか?

 

日本は「勉強するより、お尻を振って踊りなさい」というお国柄なのだ。

しかも、当の女性たちがそう思っているのだ。一生、綿花畑にいたいのである。 

 

嫌韓派の「テロリストの名前なんか覚えて意味あるのか?」という嘲笑も、本人の意図を外れて(笑)、鋭い近代批判である。

日本は「アインシュタイン」よりも「メイクの上手さ」で愛される。

韓国も「安重根」よりも「プリプリしたケツ」のほうがゼニを稼げるのではないのか?

女性一般が、アインシュタインを知ったからって、安重根を知ったからって、いったいナンになるのか? 幸せになるのか?

 

教育から「歴史」という害毒を排除しよう!~歴史好きは精神病である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

今回は、女性アイドルというセックス要素満載の存在だったから、ジェンダー問題やフェミニズムを刺激したが、この問題はもっと広い話だ。

 

近代以前、子供たちは学校なんて行かなかった。稲作だろうが鍛冶屋だろうが漁師だろうが、すぐに親の家業を手伝った。

近代以後も、 義務教育が終われば、板前になりたければ板場に入って皿洗いだし、商家なら丁稚奉公で早朝の店先を掃除するのである。

女性なら、裁縫のお勉強だ。女性雑誌には、セレブのゴシップ記事ではなく、裁縫用の型紙が付録になっていた。着物やスカートやブラウスは、布地を買って来て、自分で仕立てるモノだった。昔はユニクロも通販もない。

 

大工の見習いは、アインシュタインなんか無駄な知識で、それより木材の良し悪しの目利きができなければ失業だし、カンナの掛け方の上手い下手が命だ。

女性も、時事ニュースや日経平均アメリカ大統領選挙は不要だが、かまどでメシを炊いて、魚を三枚に下ろせなければ、嫁に行けない。母親を手伝えない。

陶工の親方は「相対性理論なんてどうでもいいから、炎の色の変化で焼き物の出来具合が判るようになれ」言うだろう。時代によって必要な科学知識は異なるのだ。

 

これは、時代は多少ずれても、日本も韓国も他の国も大して変わらない。

アインシュタイン安重根クソもない。

 

少女がアインシュタインなんか知らないと歌って炎上するのは、今が近代社会だからの話で、普遍的真理でもなんでもないのである。

歴史を学ぶとは、安重根の名前を覚えることではなく、こういう時代の変化を知ることにある。

しかし世の中は、400年前の戦国武将の名前を100人知っているのに、半世紀前の一般人の生活は知らない。それを歴史好きと呼んだり、歴史ブームと呼んだりする。

 

「お尻を振って踊る前に勉強しなさい」とフランス革命は要求する。

 

でも「アインシュタインよりディアナ・アグロン」という現実は、近代社会であるはずの平成日本に確実にある。

少女は知識は無くてもアタマはいいから、フランス革命の宣伝なんか無視して、メイクに命を賭けるのだ。

 


「化粧」大竹しのぶ 作詞作曲:中島みゆき 歌縁 東京公演

 

少女たちは「頭より尻」という近代以前の真理を、本能で知っているのである。

 

小学校卒業式袴姿VS中学校卒業式特攻服姿VS成人式花魁姿~靖国の英霊よ、彼女たちが貴方の曽孫玄孫です。 - 在日琉球人の王政復古日記