在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

日米地位協定VS犯罪発生率~在日米軍米兵軍属VS琉球土人VSヤマトンチュ日本全国平均。

琉球アメリカ軍将兵軍属の犯罪発生率と、琉球土人の犯罪発生率、どっちが高くて、どっちが悪質なのか?

日本全国平均の犯罪発生率と、琉球土人犯罪発生率、どっちが高くて、どっちが悪質なのか?

 

A.もしも、米兵軍属の犯罪発生率が、琉球原住民よりも、少なければ、

B.そして、もしも、琉球人が日本民族だとすれば、

C.日本人は、アメリカ人よりも、犯罪気質が高い劣等民族という結論になる。

 

Cは絶対にありえない。となれば、Aが間違ってるか、Bが間違ってる。

もし、統計上、Aが正しいのならば、確実にBは間違いである。

つまり、劣等な琉球土人が、優秀なヤマトンチュであるはずがない。

私個人の政治信条にとっては誠に都合のイイ論証である。

 

詳しく調べるのは、めんどくさいので(←をゐ)、誰かお願いします(←をゐ)。

まあ、どうせ、

反戦平和派は、反戦平和派に都合のいい数字を、

日米安保は、日米安保派に都合のいい統計を、

出してくれるでしょうから(笑)、お任せします。

 

遺棄容疑の元米兵、殺害ほのめかす供述 沖縄の女性不明 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 沖縄県うるま市の会社員島袋里奈さん(20)が行方不明になった事件で、県警は19日、米国籍で米軍属シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)=同県与那原町与那原=の供述に基づき、同県恩納村の雑木林で島袋さんの遺体を発見、シンザト容疑者を死体遺棄容疑で緊急逮捕した。「動かなくなった女性を雑木林に捨てました」と容疑を認めているという。

 

そもそも、本件は、通常の米兵犯罪とはジャンルが違うだろう。

 

「現」米兵じゃなく、「元」米兵だ。「現」軍属だ。

しかも、名前が「シンザト」だ。結婚や養子の可能性もあるが、おそらくは(半分かクォーターくらい)琉球民族の血を引いたアメリカ帰化者の子孫だろう。

だから、米兵の犯罪というより、アメリカ国籍の琉球民族の犯罪であり、遺伝子的には琉球人が琉球人を殺した事件である。

アメリカ軍はあんまり関係ないし、日本人はさらに無関係である。

 

※マッシャーさんご指摘により修正。申し訳ない、アフリカ系アメリカ人だったようだ。琉球人の妻子がいて、名前の「シンザト」は奥さんのものかもしれない。しかし、それでも、全体の論旨は変わらない。)

 

米軍関係者の事件、後絶たず=地位協定改善も実現せず―県民の反発必至・沖縄 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 沖縄県うるま市で行方不明となっていた島袋里奈さん(20)とみられる遺体が見つかり、米軍属の男が死体遺棄容疑で逮捕された。
 米兵や米軍関係者による事件は後を絶たず、米軍基地の過重な負担にあえぐ県民が反発を一段と強めるのは避けられない状況だ。
 1995年9月に起きた米兵による少女暴行事件では、米軍当局が容疑者の米兵の身柄の引き渡しを拒否。沖縄県民の反発は大きく、県民総決起大会では8万5000人が集まり地位協定の見直しを要求した。
 少女暴行事件後、米軍人・軍属の身柄引き渡しに関し、日米地位協定の運用上、殺人や強姦(ごうかん)事件については、起訴前の段階での日本側への引き渡しが可能になった。ただ、米側の裁量に委ねられており、地位協定の抜本的な改善は実現していない。
 その後も、女性に対する暴行事件は繰り返されている。事件のたびに在日米軍は夜間外出禁止令を出したり、兵士への教育を強化したりしているが、綱紀粛正は米軍関係者に浸透していないのが現状だ。
 今年3月には那覇市で、女性を暴行したとして、準強姦(ごうかん)容疑で米兵が逮捕されたばかりだった。沖縄県の翁長雄志知事は19日、「県民に大きな衝撃を与え、新たな不安を招くものであり、断じて許せない」などとコメントした。
 県幹部は「(6月5日投開票の)県議選か参院選の前に県民大会を開くことになるだろう」と話し、県民の怒りがこれまで以上に広がると指摘した。 

 

米軍犯罪は、琉球人と比較して、数が多いのか?、それほどでもないのか?、逆に少ないのか?、正確には知らないけど、

私の感想は「昔に比べりゃ、ずいぶんマシになったなあ」である。

 

「米兵」と「琉球土人」の比較よりも確実なのは、「昔の米兵」と「今の米兵」の比較だ。

1970年代までと、1980年代以降では、これが同じアメリカ軍か、と思えるほど異なる。犯罪は格段に減った。暴れなくなった。ムチャをしなくなった。

親戚からは、軍政時代、朝鮮戦争ベトナム戦争当時の米兵はホントに酷かった、とよく聞く。

まあ、当時は、琉球も比較にならないほど貧しかったので、土人の犯罪も多かったわけだが。

調べてないから印象論だが、現時点で、米軍犯罪の問題は、琉球土人に比較して、飛びぬけて高率ではないと思う。

 

ただし、米軍犯罪の真の問題は「発生率」ではない。

米軍犯罪の真の問題は「日米地位協定」である。

 

真の問題は、容疑者を、捕まえられるか、捕まえられないか、犯人を、裁けるか、裁けないか、である。

米兵犯罪は、必ず、日本の警察に逮捕されるワケではないし、日本の検察が起訴できワケでもない。日米地位協定で、引き渡しするかどうかは、米軍の裁量だからだ。

米兵の強姦や殺人や交通事故と、琉球土人強姦や殺人や交通事故、ここが、大きく、決定的に異なる。

 

いくら件数が少なかろうが、米兵は、琉球で人間(土人または日本人)を轢き殺しても、裁かれずに、帰国できる可能性がある。

 

もちろん、私は反戦平和派じゃないから、日米安保が大事なのは理解するが、

在日米軍より沖縄県民の犯罪率のほうが高い」と笑うヤマトの皆さんは、琉球土人に対して、この理不尽を、この不正義を、この不公平を、この差別を、この無念を、「裁判にかけたところで、轢き殺された死体が生き返るわけじゃないんだし、少々のことはガマンしろ」と言ってるわけだ。

 

そりゃ、ヤマトの皆さんは教養があるので、人殺しが裁かれない理不尽にも平気なのかもしれないが、

琉球土人は「感情」という機能を持つ類人猿なので、無教養ゆえに、自制が効かず、こういうどうでもいい些事に「怒り」を感じたりするのだ。

もともと琉球土人日本民族じゃない異民族なんで、そこらへんの無作法は、低俗な異文化ということで、文化人類学的にご考慮いただきたい。

 

イザナギ&イザナミ御二柱は「琉球」を産んでない。古事記こそ琉球独立の根拠である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

映画「マイケル・コリンズ」~「窮鼠猫を噛む」には、琉球ネズミを土壇場まで追い詰めないと、カストロやIRAは生まれない。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

パトリオティズムVSお引越し~シリア難民は内戦がイヤでEUへ逃げた。琉球人も米軍基地がイヤならヤマトへ逃げろ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「民族差別」ではなく「地政学」である~韓国と台湾こそ琉球へ「思いやり予算」を支払うべき。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

アメリカ式VSロシア式VSドイツ式~「第5次琉球処分」を考える。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

核兵器は強姦も酔っ払い運転もしない~沖縄タイムスと琉球新報はトランプを支持すべき。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「武器のない島」はウソだが(笑)、上原正三「怪獣使いと少年」の素晴らしさは変わらない。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

” Je suis #基地外 ”~日本人が名付けてくれたんだから、未開土人琉球民族は胸を張って #基地外 と名乗ろう。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

今こそ「第5次琉球処分」~アメリカ軍のために存在する島「琉球」から、ワガママ琉球民族を叩き出せ! - 在日琉球人の王政復古日記