読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

英国EU離脱女性議員殺害~日本も韓国も他人事ではない。「まさか」があったら、取り返しはつかない。

英女性議員殺害 ネオナチなど極右思想関連認める 単独で計画的犯行も (産経新聞) - Yahoo!ニュース

英中部のウエストヨークシャー州バーストールで労働党ジョー・コックス下院議員(41)が射殺された事件で、ウェストヨークシャー警察は17日、逮捕したトミー・メイア容疑者(52)とネオナチなど極右思想との関連について、「殺害動機を解明する上で優先事項」として捜査していることを認めた。また事件は、同容疑者が単独で実行した計画的犯行との見方を示した。
 ロイター通信などによると、同容疑者は犯行時に「ブリテン・ファースト(英国が第一)」と叫んでいた証言があるほか、ネオナチ組織から銃の製造マニュアルを購入し、白人至上主義の雑誌を購読していたと英メディアが報じた。ウェストヨークシャー警察は17日、一連の報道について「承知している」と認め、「動機の解明につながり得る」と述べた。

 

ユーラシア大陸の反対側の話、ではない。

おそらく、この殺人事件は、離脱派の極右団体の組織的計画ではないだろう。

そして、当たり前だが、残留派の手の込み過ぎた陰謀でもないだろう。

事実は、連日のニュースに煽られた基地外の単独犯だろう。

 

イギリス人だって、離脱派だろうが、残留派だろうが、まさか、この問題で、いや、こんな、しょせんは経済の問題で、殺人事件が起こるなんて、予想もしていなかったはずだ。

イギリスの新聞もテレビも、そんなつもりでニュースは流してないし、

離脱派残留派も目的のためなら殺人も辞さず!なんて主張はしていない。

 

ユーラシアの西の端だろうが、東の端だろうが、

右翼だろうが、左翼だろうが、

人殺しは、まさか、で起こる。

そして、実際に起これば、取り返しはつかないし、責任も取れない。

 

基地外は世界中にいる。イギリスにもいたし、日本にもいる。

 

「蓮舫氏は帰化し泣いた」自民・菅原氏発言、後から訂正 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 自民党菅原一秀衆院議員は17日、東京都知事選をめぐる党会合で、民進党蓮舫代表代行について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言した。
 菅原氏は朝日新聞の取材に対し、「蓮舫氏のブログではなく、ネットで流れていた情報だった」と訂正したうえで、「五輪に後ろ向きな人が知事になれば困るので、自民党候補を出すべきだとの趣旨。帰化した人が知事になってはならないという趣旨ではない」と説明。蓮舫氏は取材に「(帰化して泣いたというのは)SNSで拡散されているデマだ。国会議員がこのレベルの書き込みを真剣に受け取って発言するとは驚きだ。五輪・パラリンピックについては成功を期待している」とコメントした。

 

この自民党議員の言動のほうが、舛添前東京都知事の公金横領よりも、よっぽど政治家の倫理の腐敗・劣化だと思うが、どうせ、大したペナルティも食らわず、デマだろうが何だろうが、言ったもん勝ちで終わるのだろう。

 

ピースボート災害ボランティアセンターへの回答書 - 産経ニュース

 一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンターの山本隆代表理事の抗議を受け、産経新聞社は以下の回答書を送付した。
      ◇
回答書
平成28年6月17日
 6月16日に産経ニュースで報じた「TBS番組『街の声』の20代女性がピースボートスタッフに酷似していた?! 『さくらじゃないか』との声続出」の記事に関して、貴団体の抗議に回答いたします。
 当該記事は6月16日にインターネット上で話題になっていた事象を記事化したものです。ご指摘通り、記事化する際、TBSおよびテレビ朝日に取材するだけでなく、貴団体にも取材すべきだったにもかかわらず、これを怠っておりました。
 貴団体およびスタッフに多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
 取り急ぎ、当該記事は産経ニュースおよび関連サイトから削除しました。代わって貴団体の抗議文を掲載しております。この回答文も全文を産経ニュースに掲載いたします。

 

すでに、ネット上の真偽不明の噂を、大手新聞社が記事にしてしまうのが、普通になってしまっている。

 

あ、誤解の無いように書いておくが、この議員さんやこの新聞に対して、基地外だと言っているのではない。断じて違う。基地外どころか、正反対にアタマがイイ。

彼らは、ネット情報に煽られて、実際の犯罪なんか犯さない。なぜなら、自分が言いふらしているネットの情報を、最初から、怪しい、おそらくウソだ、と知ってるからだ(笑)。ウソだと知っているのにホンキで興奮するバカはいない。

 

彼らは、ウソだと知っているくせに、政治的に利用できるから、情報を拡散しているのである。

本当だと信じ込んで、やっぱり政治的に利用しようと、【幻の】日本軍による韓国人慰安婦強制連行を記事にしててんやわんやの騒動をひこ起こした、愚かな朝日新聞記者よりは、判断能力は優れているが、性根の腐り具合も互角以上である。

 

しかし、これらの情報に接する人間が全員、この議員さんやこの新聞のように、アタマがイイとは限らない。

 

イギリスには「英国第一!」とわめいて、女性に向かって銃を乱射する人間がいたようだが、

日本にも、勝手に逆恨みして、ネチネチネチネチ粘着して、挙句の果てに女性アイドルをメッタ刺しにしたストーカーがいた。

彼が、エンタメニュースではなく、政治ニュースを読まなかったのは、単なる趣味の問題であり、彼みたいな精神状態の人間が、「アイドル第一!」じゃなく、「政治第一!」に趣味を変えて、ネット検索するようになったら、彼が握るナイフの方向がどこへ向かうのか、予想はつかない。

 

「オレのプレゼントを送り返してきやがった!」が理由になる人間なら、

極左台湾人が日本の政治家になってるなんて!」だって理由になるだろう。

別に右方向だけの話ではない。

週刊金曜日を愛読した挙句、「アジア再侵略を企てるファシストが日本の首相だなんて!なんとかしなければ!」となる可能性もある。

 

実際、半世紀前、

社会党委員長が憂国少年の一突きに散った。

大手重工業本社で爆弾を破裂させて通行人を殺した左翼もいた。

昭和に起こったことが、平成に起こらない保証はどこにもない。

どころか、昭和と、平成じゃ、流れてくる情報量はケタ違いである。比例して虚偽の量もデマの量も百倍ではきかない。

 

基地外は世界中にいる。日本にもいるし、韓国にもいる。

 

ワケのわからない理由で、駐韓アメリカ大使を切りまくった韓国人がいた。

リッパート駐韓大使襲撃事件 - Wikipedia

あと何センチがズレていれば、深ければ、朴政権もタダでは済まなかった。すくなくとも韓国外交部と韓国公安のトップの首は飛んでいた。

彼はその前に日本大使にモノを投げて逮捕されている。しかし「相手が日本だから」「理由が独島だから」としか言いようがない理由で、すぐに自由の身になって、そしてお次にアメリカ大使を血祭りにあげた。

 

靖国神社近くの便所に手製爆弾を仕掛けた韓国人もいた。

【靖国爆発音】全被告に懲役4年の実刑判決 東京地裁 - 産経ニュース

もし、爆弾がもっと高性能で、さらに日本人が、それも何の罪もない子供がオシッコしているときに爆発していれば、全身火傷で苦しんだ末に死んだら、大使館前の慰安婦像がどうのこうのなんていう牧歌的な話では済まない。拉致問題発覚後の北朝鮮への感情と同様なものが日本の世論に湧き上がるだろう。

 

両方とも、彼ら冒険心に富み過ぎる犯罪者たちを、毎日毎日、反日記事でさんざん煽ってきたのは、ハンギョレ新聞であり、朝鮮日報であり、中央日報だが、韓国人記者の皆さんは自分たちの煽り行為に関して責任を取れるのか?

 

逆に、在特会がデモ行進して、抗議に来た在日朝鮮人の婆さんともみ合いになり、うっかり押し倒し、運悪く転倒し、運悪く頭を打って、運悪く脳挫傷で死んだら、

もみ合った日本人愛国者のその後の人生設計も若干の変更が生じるが、日韓関係にも若干の変更が生じるだろう。

そうなった時、ネットの嫌韓派はどうする? 

「オレたちは冗談で面白半分で煽っただけ。マジになってデモしてる在特会がバカなんだよ」とニヤニヤ笑うのか?

「いやいや、在日ババアはワザと転んで、ワザと死んだだけ。日本に謝罪と賠償を求めるいつもの手だ。在日の陰謀だ!」とでも説明するのか?

 

「日本と韓国は仲が悪い」ということになっているが、戦前から終戦直後の混乱期を除けば、日本人が韓国人を、逆に、韓国人が日本人を、金銭利欲や痴情怨恨ではなく、政治的動機、つまり民族嫌悪で、直接的に殺害した例は、ほとんどない。

日本も韓国も、ヘイトスピーチやヘイトデモは山ほどやってるが、ヘイトクライム、特に憎悪殺人はないのである。

 

しかし、無いのは、今まで無かったのは、単なる偶然、単なる幸運だ。

これまでのように、これからも、

韓国マスコミが反日感情を商売のネタにして、韓国の基地外を煽り、

日本のネットも事件や不祥事のたびに在日認定して、日本の基地外を煽れば、

その結果がどうなるかは、煽られてる基地外にも予想できない。

 

韓国人を韓国人だというだけの理由で殺す日本人が現れるのが先か?

日本人を日本人だというだけの理由で殺す韓国人が出てくるのが先か?

どっちにしても、それから先は「新しい日韓関係」である。

 

サイコロを振って、ピンゾロが出るか出ないかは、確率の問題だ。

いつか必ず出る!とは言えないが、振る回数が増えれば、出るかもしれない。 

 

確かに、あなたの手にナイフも爆弾もないが、サイコロは握られている。

振ったサイコロの目を、ネットのどこかで、基地外がじっと見ている。