在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

オトナとは何か?~チャールズ・ブロンソン「荒野の七人」(1960)VS前川陽子「魔女っ子メグちゃん」(1974)


The Magnificent Seven Theme • Elmer Bernstein

 

傑作西部劇「荒野の七人」(1960年)。

 

日本映画史どころか世界映画史に残る、黒澤明の時代劇「七人の侍」(1954年)のリメイク作品。

 

平成の皆さんは、「荒野の七人」という名前すら知らないかもしれない。というか、黒澤の「七人の侍」すら見てない人が多そうだ。

シン・ゴジラ」も「君の名は。」もいいけれど、七人の侍」「荒野の七人」は見ないまま死ぬのは、もったいない。

ただし、オトコは、である。

差別ではなく(あ、差別か・笑)、女性の皆さんは、別に見なくていいと思う。

 

よくよく考えれば、映画というのは、非常にジェンダーな娯楽だと思う。

 

「ロッキー」「ゴッドファーザー」「仁義なき戦い」などが死ぬほど好きなオトコは掃いて捨てるほどいるが、これらに熱狂する女性には会ったことがない。

それはバイオレンスかどうかなんてことが原因なのではない。女性には、ナニがそんなに面白いのか?サッパリ解らないんだと思う。

いや、「ロッキー」や「ゴッドファーザー」がサッパリ解らない人を「女性」と呼ぶのである。そういう人は、たとえキンタマが付いていても女性なのだ。

反対に、女性は大好きで、オトコは足が向かない映画というのもあるが。

 

「荒野の七人」には、「マッチョ」の象徴ともいうべき男臭い映画スタア・チャールズ・ブロンソンも出てくる。

このブロンソンのセリフが、号泣必死なのだ。

 

無法者の野盗軍団に脅かされ、略奪され、這いつくばるしかなかった農民たちが、ついにガンマンを雇って抵抗する。

ブロンソンもその雇われガンマンの一人であり、銃をぶっ放して無法者を追い返したブロンソンは、今までやられ放題だった村の少年たちにはヒーローとして慕われる。

そして村の少年たちは「オジサンは勇敢だ。それに比べて、ミジメな毎日に甘んじてるお父さんたちは臆病者だ。」と愚痴る。

それを聞いたブロンソンは烈火のごとく怒り、少年のお尻をペンペンする。

そしてブロンソンは少年たちに、真のオトナとは誰なのか?を説教する。

 

二度とそんな口は聞くな! お前たちのお父さんは臆病者じゃない! 

お前たちは、オレが銃を身に着けてるから勇敢だと思ってるんだろ。

いいか、お前たちや、弟たちや、妹たちや、お母さんたちに対する責任を身に着けている、お前たちのお父さんのほうが、ガンマンのオレなんかより、はるかに勇敢なんだ。

お父さんの背負ってる責任というやつは大きな岩のように重い。お父さんたちはその責任を背負って墓場まで持って行くんだぞ。誰かに命じられたわけじゃない、お前たちを愛してるから背負い続けてるんだ。

とてもじゃないがオレにそんな勇気はない。

怒りや戦いや意地をガマンして、家族のために馬車馬のように黙々と働き続ける。これが本当の勇気なんだ。 

 

この映画を初めて見たとき、私は、オトナの責任の重さに、恐怖のあまり座り小便でパンツを濡らしてしまった。

 

<滋賀・けんか死亡>「どっちが強いか」1対1の殴り合いに (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 ◇15歳少年死亡、男子高校生を逮捕
 滋賀県警彦根署は10日、同県彦根市の駐車場で8日夜に知人の男子高校生(16)とけんかをして顔などを殴られた同市のアルバイトの少年(15)が意識不明の重体となり、10日朝に死亡したと発表した。県警は男子高校生を傷害容疑で現行犯逮捕しており、傷害致死容疑に切り替え、詳しい事情を調べている。
 逮捕容疑は8日午後11時半ごろ、同市平田町の月極駐車場で少年の顔などを殴り、頭部打撲などのけがをさせたとしている。同署によると男子高校生は容疑を認めている。
 被害少年は居酒屋に勤務。男子高校生らが4、5人で店を訪れた後、勤務後の少年も加わって近くを歩く途中で口論になり、店から100メートルほど離れた駐車場で「どっちが強いか」などを巡り、けんかになったという。同署によると1対1の殴り合いをしたとみられる。

 

どっちが強いか?なんて理由で殴り合いを始めるなんて、本当のオトナならやらない。

そんなことは、無法者やガンマンと同じ、ガキ、お子ちゃま、コドモがやることだ。

そう。ユル・ブリンナーたち荒野の七人も、オトナになり切れない、「七人の子供」なのである。

チャールズ・ブロンソンは、自分がガキだと判ってる、という意味ではかなりオトナに近いが、それでもオトナになるのが怖いのだ。

オトコがオトナになるのは、それくらい大変なのだ。

 

法VS人間~《決闘》は「暴力」ではない~ボンクラ小僧どもの「国家反逆クーデタ」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

黙々と居酒屋で働き続けてカネを稼ぐ(金額の多い少ないは関係ない)のが、本当に強いオトナだ。

 

人間のオスに生まれた者は、ガキである。そのままではオトナになれない。

時間が経過しても、ガキが「酒を飲むガキ」「セックスするガキ」「女性に対して偉そうに見栄を張るガキ」「ハゲ頭のガキ」「白髪頭のガキ」になるだけである。

ガキは、意識して、自覚して、覚悟を決めて、オトナになるしかない。

 

しかし、人間のメスは、生まれたときからガキではない。ガキの時代はない。

実は、作品はほとんど見てないんだが、この主題歌を聞いた瞬間、

 


魔女っ子メグちゃん OP [HD]

 

私は、ホモ・サピエンスというサルが抱える底知れぬ業の深さに震え上り、思わずその場で失禁してしまった。どうも、私はシモがゆるいようだ(馬鹿)。

 

♪ 子どもだなんて 思ったら 大間違いよ 女の子 ♪ 
♪ 二つの胸の ふくらみは なんでもできる 証拠なの ♪  

 

この、孔子の「論語」、ダーウィンの「種の起源」にも匹敵する、人類史の真実を暴いた恐怖のアニソンに対する、私からの「返歌」は

 

♪ オトナだなんて 思ったら 大間違いよ ボンクラ野郎 ♪ 
♪ 二つのマタの ふくらみは アレしかできない 証拠なの ♪  

  

となろうか。

 

女性にコドモの時代はない。

何歳であろうが「あること」に気づいた瞬間に、女性はオトナになれる。

 

対して、われわれボンクラ野郎は、意識して無理して努力を重ねないとオトナにはなれない。 

女性政治学者のワキにこだわるのは、オトナの証明ではない(馬鹿)。

給料袋を封を切らずに黙って女性に渡し続ける(死ぬまで!)覚悟を決めるまで、ガキはオトナではないのである。

 

サントリーオールド~天皇陛下生前退位~雅子皇太子妃殿下~相模原障害者殺傷事件~労働価値説。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

男の中の男・オレたちのブロンソンも、真珠の涙を浮かべる魔女っ子メグちゃんには絶対に勝てない。

 

人類は、どこかの誰かから、呪われている存在である。

 

「ハンガー」が象徴する、あるサルのメスの歴史~ポーランド中絶禁止法案否決。 #長谷川豊 #瀬戸内寂聴 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#朝生 朝まで生テレビ ~右だけでなく左だけでなく両方ともヤバい~最も危険な政治学者・三浦瑠麗。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ハーメルンの笛吹き男VSペルー、トリニダード・トバゴ、日本の悪魔憑き少女。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

産経新聞「ひなちゃんの日常」VS朝日新聞「ののちゃん」~2016/06/09産経一面「特定外来生物ガビチョウ」(笑) - 在日琉球人の王政復古日記

 

「おしゃれ小学生」VS「イスラム国&タイタニック号」VS「田嶋陽子&上野千鶴子」~地獄のジェンダー三国志~ - 在日琉球人の王政復古日記

 

「人は女に生まれるのではない、女になるのだ?」~ムスリムロリータVSボーヴォワールVSムハンマド。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

アインシュタインVS安重根~HKT48なこみく&めるみおVS韓流アイドルAOA~近代200年闘争「頭VS尻」 - 在日琉球人の王政復古日記