読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

戦後高度経済成長「大阪VS東京」3連敗~「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」~大阪VS沖縄琉球 #土人

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

上品で軟弱な大阪~文楽人形浄瑠璃~宝塚歌劇~「またも負けたか八連隊」~大阪VS沖縄琉球 #土人 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

映画やテレビドラマにもなった「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」。

初期の山崎豊子作品は、関西を舞台にしているものが多い。

 

白い巨塔は、浪速大学医学部。 

華麗なる一族は、阪神銀行
不毛地帯は、近畿商事。

 

出てくる組織の名前からして、関西丸出しである。 

これら3つは、関西を描いただけでなく、同時に、いやそれ以上に、戦後高度経済成長の前と後の分水嶺を描いた作品なのだ。

首都東京への一極集中と、天下の台所・大阪の地盤沈下

つまり戦後高度経済成長は、大阪・関西が敗北していく歴史でもある。

この3つの作品に共通するテーマは、関西が東京に敗北する直前、関西が輝いていた最期の日々だ。

 

3つとも、話の背景は、関西VS東京の戦いなのだ。

白い巨塔は「浪速大学医学部 対 東都大学医学部」。
華麗なる一族は「阪神財閥 対 大蔵省」。
不毛地帯は「近畿商事 対 東京商事」。

 

そして、3つの戦いにおいて、表面上は、3つとも、主人公の関西側が勝利する。 

しかし、マクロに観れば、3つとも最終的に実質的な勝利を収めたのはライバルの東京側なのだ。関西は最終的には敗北している。

 

白い巨塔」に関してはこちらを。

 

大阪が東京に敗北した日~映画「白い巨塔」(1966)~橋下維新の大阪都構想はナニに負けたのか? - 在日琉球人の王政復古日記

 

判り易いのは「華麗なる一族」。
主人公の万俵財閥阪神銀行は、あらゆる権謀術数を駆使して、小銀行・阪神銀行による大銀行・大同銀行の吸収合併に成功して勝利する。
しかしラスト、大蔵省が、その万俵財閥・東洋銀行を、さらに大きな銀行・富国銀行に吸収合併させる陰謀を画策していることを暗示してドラマは終わる。
おそらく将来、東京(大蔵省)が、関西(万俵財閥)を潰してしまうことを予感させる。

 

不毛地帯」は少々判りにくい。 
もともと繊維商社だった近畿商事が、防衛庁次期戦闘機入札を巡って、航空機に強い総合商社・東京商事に戦いを挑む。
暗闘の末、主人公側の近畿商事は、ライバル東京商事に勝利する。
しかしそれは、繊維=民需=関西の商売規模では、航空機=官需=東京の商売の規模には太刀打ちできない時代が到来したことを意味している。
近畿商事は、関西の企業であることを捨てて、東京へ進出することで、東京商事に勝つ。
関西(近畿商事)は、自分自身が「東京の企業」に変貌したからこそ、東京(東京商事)に勝利できた。すでに「大阪の近畿商事」は存在しない。つまり土地としての関西の負けたのだ。

 

経済の逆転は、文化・風俗の逆転をもたらす。

戦後高度経済成長前後から、

神戸の山口組が大阪を制覇し全国制覇に乗り出しカタギでも知ってる日本最大のヤクザにのし上がる。

大阪の吉本興業松竹芸能のお笑いが東京に進出し、テレビやラジオから標準語ではない大阪弁の話芸が全国に流れるようになる。

 

上方漫才だって、黎明期の横山エンタツ花菱アチャコから、完成者の夢路いとし・喜味こいしまで、上品が身上で、下品やドタバタを売りにしていたわけでは全然ない。それも、横山やすし的暴れん坊が大当たりして、そのトレンドが島田紳助ダウンタウンにつながっていく。

 

それまでのお上品で軟弱な文楽と宝塚と八連隊の大阪が、吉本興業山口組の大阪になっていく。

東京や他の地域がそう思ってしまうのはいいとしても、そのイメージが逆輸入されて、大阪人自体が和事・薄口・文楽を忘れて、わてら昔からコテコテだっせ!と誤解するようになったのである。

 

それが、関が原より明治維新よりも巨大な、日本の大きな曲がり角「戦後高度経済成長」という分水嶺なのだ。

 

北の国から田中邦衛が60年代に出演した数々の映画を見れば、その転換点がよくわかる。

 

田中邦衛60年代映画地獄巡り(その1)~東宝「若大将」VSフジテレビ俳優座「若者たち」VS東映「網走番外地」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

田中邦衛60年代映画地獄巡り(その2)~東宝「若大将」VSフジテレビ俳優座「若者たち」VS東映「網走番外地」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

もう一つ大きかったのは、大阪が東京より西にあったことである。


大阪と同じく、ヤクザなイメージがあるのが、青森や新潟ではなく、福岡や広島なのは偶然ではない。

もともと西日本と東日本は文化が大きく異なる。右翼思想ですら地域差がある。

 

あゝ上野駅VS無法松の一生~東北・維新・法華経VS九州・復古・神道~東西右翼思想対決。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

西南日本は元からヤクザ的なのだ。

誤解の無いように言えば、大阪がヤクザなのではなく、西南日本全域にヤクザ的気質が元からあるのだ。

それは、西日本が東日本に比べて、気候が温暖で、稲作に適応し、また、支那大陸朝鮮半島に近く、交易が盛んだったことが要因である。

 

江戸時代までは、支那朝鮮は文化的先進地域なわけで、そこに近い西国は、東国より、上品なイメージになる。日本史のほとんどはそうである。 

しかし明治以降、価値観は逆転し、支那朝鮮は後進地域になった。つまり下品になった。
その下品な朝鮮半島支那大陸からの移民も、距離が近く、また工業の発展していた西日本の大都市圏、大阪、広島、福岡に定着し易かった。彼らアジア移民のイメージが明治以降の西日本のイメージにかなりの影響を与えたわけだ。

もちろん、この「遅れた野蛮国からのアジア移民」には、大阪大正区を中心に住み着いた、われわれ琉球人も含まれる(笑)。

 

あと、西日本には昔から被差別部落も多かった。

彼らが江戸時代までは個別に独占経営していた手工業が、近代工業化の波に潰され、急速に貧困化したことも、東西のイメージの逆転に影響しただろう。

 

「さいぼし」か「油かす」か~天皇制と部落差別は「親子」ではなく、同じ母から産まれた「兄弟」である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

明治維新以降、ここで、ようやく、大阪人と琉球土人が出会うことになる。

 

大阪は、被差別部落も多く、朝鮮人も多いだが、同時に、ヤマト最大の琉球人居住区がある街でもある。

松井一郎大阪府知事のおひざ元には、土人の末裔がウヨウヨ、じゃなくてサヨサヨ(笑)してるのだ。

橋下さんを支持し、日本維新の会に投票した、大正区の土人の皆さんは、土人と呼ばれて、いまさら文句を言う資格はない、というわけだ(笑)。

  

★琉球人は土人(尊称)である★土人に怒るくらいなら、沖縄県民(蔑称)に怒れ★ - 在日琉球人の王政復古日記

 

★悠仁親王殿下がもしも琉球女を愛してしまったら、日本人は認めるか?★沖縄県民は土人である★ - 在日琉球人の王政復古日記

 

イザナギ&イザナミ御二柱は「琉球」を産んでない。古事記こそ琉球独立の根拠である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

移民先と移民元~日本は琉球ではない。よって、琉球も日本ではない。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

 《琉球土人党~NATIVE LEQUIO PARTY》結党宣言~「吾々が #土人 である事を誇り得る時が来たのだ(水平社パクリ)」 - 在日琉球人の王政復古日記