読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

#長谷川豊 ~ミス、迷惑、罰、寛容~飲酒運転殺人懲役3年、相模原障碍者殺人、電通うつ病過労死自殺、ハロウィン。

昔の人はよく言ったもんで、「三つ子の魂百まで」は、真理である。

 

人間の考え方なんて、少々のアクシデントやペナルティじゃ変わらない。

彼は何も変わっていない。なぜなら、何が問題だったのか?を、完全にカン違いしたままだから、変わるわけがないのだ。

 

そして、彼一人で済む話でもない。

彼の論法(考え方のフレーム)は、単純なだけに強固で、世間に賛同者がたくさんいることも想像がつく。ネットじゃ、イイネ!がたくさん付くだろう。

 

長谷川豊アナ、飲酒運転事件の大阪地裁判決に激怒「人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 人工透析を巡るブログでの記述で全テレビ番組を降板したフリーアナウンサーの長谷川豊氏(41)が2日、自身のブログを更新し、飲酒運転事件をめぐるこの日の大阪地裁の判決について自分の体験を交えながら痛烈に批判した。

 

 昨年5月、大阪市中央区で24歳の女性看護師が車にはねられ死亡した。警察は車を運転していた26歳の女を逮捕。事故では看護師のほか、2人がけがをした。

  女は居酒屋で3、4杯のビールを飲み、運転直前にも缶ビールを口にしており、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)に問われたが、大阪地裁は求刑5年に対し懲役3年6月の判決。判決では「原因はアクセルとブレーキの踏み間違え。酔いの程度は弱いもので、飲酒の影響は認められない」とし、同法の過失運転致死傷罪を適用。危険運転致死傷罪の成立を否定した。

 これに対し長谷川氏は、「『たいして酔ってなかったから人をひき殺しても懲役3年半』という頭のおかしな判決が出されてしまいました」とのタイトルでブログを更新。「飲んで、アルコールが残ってる状態で運転してるんだから、ダメに決まってんだろうが。『司法試験』とかいうご立派な試験では、その程度のこともテストに出ないのか?」と嫌みを交えて痛烈批判。「裁判所がやらなきゃいけないことは、酒飲んで運転したらダメだって示すことだ!」と文字を強調してつづった。

 怒りの収まらない長谷川氏は「私はこのブログでの表現が過激だったために多くのお叱りを受け、全番組を降りることとなった。全連載をストップさせて、今は仕事がゼロになった。今は収入も仕事もゼロだ」と自分を例に挙げ、「これでいいんだってば。アナウンサーが言葉でミスしたんだから。ミスしたら、人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!」と続けた。
 「人を一人ひき殺して3人を死傷させた? それで、『そんなに酔ってなかったです。だからただのミスです。』で懲役3年?? 一体どこの誰がこの判決に納得できるのか?」と持論を述べ、「こんな判決を下す裁判官の免許、取り上げろ、と叫びたい。こんな人間に裁かれる関係者が可哀想すぎると思うのは私だけだろうか…。」と死傷した遺族らの関係者を思いやった。 

  

朝の通勤ラッシュ、満員電車は遅れ気味。

そこで車椅子の身体障碍者が乗車しようとする、駅員は介助し、ホームと乗車口にプレートを渡し、電車は数分間遅れる。

遅刻ギリギリのサラリーマンはイライラする。

車椅子は1人、迷惑を受けたのは数百人のサラリーマンだ。

人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!

身体障碍者への罰は、懲役刑か? 罰金で済むのか?

 

同じ駅。若いお母さんが、赤ちゃんを抱えて、かさばるベビーカーを引きずって、電車に乗り込む。赤ちゃんが泣き出す。周りの視線を気にしながらあやすお母さん。

プレゼンの資料を読んでいるサラリーマンも、スマホで音楽を聴いてる学生も、甲高い泣き声にウンザリである。

人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!

罰を受けるのは、当事者の赤ちゃんか? 保護者のお母さんか?

 

「お前はバカか? 酔っぱらいの人殺しと、身体障碍者や赤ちゃんを一緒にするな!」とお𠮟りもあるだろうが、一緒くたにしたのは、私ではなく、長谷川豊さんと、その賛同者の皆さんだ。

何の前提条件も付けずに、無条件で「人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!」大見得を切ったのは、あなたたちではないか。

 

相模原の障害者大量殺人だって、あの人殺しの理屈では、障碍者は社会の迷惑だから殺したのだ。人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!」と全く同じである。

 

「ハロウィンのバカ騒ぎは迷惑だ!あいつらを規制しろ!」という意見はあるが、

「除夜の鐘が五月蠅いからやめろ!」という意見とどこが違うのか?

毎年毎年の大晦日、明治神宮なり川崎大師なり平安神宮なり住吉大社なりの初詣は、近隣交通機関を大混雑させ麻痺させている。信仰心に薄く初詣に興味のない住民には大迷惑である。あれは規制しなくていいのか?

人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!」は、どこへ消えたのか?

  

寛容の美徳~ハロウィンを全面的に擁護する~広島カープ、だんじり、東京マラソンだって、迷惑はお互い様(笑)。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

そして前提条件という意味では、まったく逆の結論もあり得る。

「身体障碍者は電車に乗るな!」「子供を産んだら外へ出るな!」

通勤ラッシュの車椅子の身体障碍者や、満員電車で赤ちゃんをあやしてオロオロするお母さんを、イライラして罵倒したサラリーマンがいたとしても、それだけで100%無条件でサラリーマンが悪い!とも言えない。

思わず暴言を吐いた彼や彼女が、残業100時間で、鬱病寸前、自殺一歩手前に追い込まれてる可能性だって、十分にあるからだ。 

 

電通鬱病過労死自殺~人間は、たった2か月で鬱病になる。たった3か月で自殺する。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

もしも、電通の彼女が、満員電車の中で「いい加減にしてよ!」と怒ったとしても、その時は、身体障碍者も、お母さんも、彼女の地獄を理解して許してあげてほしい。

 

それが、車椅子の身体障碍者も、泣き止まない赤ちゃんを抱えたお母さんも、残業100時間の彼女も、この「しんどい世の中」を、かろうじて生きていくための、「寛容」という名の美徳なのだと思う。

 

法VS人間~刑事裁判は被害者や遺族の怨念を晴らせない。近代は感情に反する。 - 在日琉球人の王政復古日記

に続く。