読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

リベラル派こそ『壁』を建設せよ!「東西南北連邦」でトランプの共和党レッドステイツを封鎖(笑)。

カリフォルニア州(アメリカ西海岸)

http://twt-thumbs.washtimes.com/media/image/2016/06/25/California_state_flag_c0-30-700-438_s885x516.png?05c3e99b46722d1af658c5c98fd1577e30b4bc2c

 

ニューヨーク市(アメリカ東海岸) 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/ba/Flag_of_New_York_City.svg/250px-Flag_of_New_York_City.svg.png

 

カナダ(北)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cf/Flag_of_Canada.svg

 

メキシコ(南)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fc/Flag_of_Mexico.svg

 

The Coast States of America vs Trump's USA - The Second Civil War !!!

 

カナダの移民サイトがダウン、トランプ新大統領誕生恐れ閲覧殺到か | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

2016年11月9日
 8日の米大統領選でドナルド・トランプ共和党候補が複数の重要な州で勝利し、大統領になる確率が大幅に高まる中、カナダの移民情報サイトが閲覧できない状態になった。
 米国、カナダ、アジアの一部利用者がサイトにアクセスしようとしたところ、エラーメッセージが表れたという。
 カナダ当局からのコメントは現時点で得られていないが、ツイッター上ではアクセス障害に関する投稿が多く寄せられている。
 反移民政策を掲げるトランプ氏が優勢との報道で、カナダへの移住を考える利用者が一斉にアクセスした可能性がある。

 

 

全文表示 | 「カリフォルニア州独立」マジに検討 「トランプ大統領」で「火がついた」動き : J-CASTニュース

不動産王のドナルド・トランプ氏(70)が2016年11月9日(日本時間)に米国次期大統領に決まったことを受け、「お膝元」のニューヨークをはじめ全米各地で抗議デモが相次いで起こっている。
ネット上でも、ヒラリー・クリントン氏(69)が大差で勝利したカリフォルニア州では、米国からの離脱を求める「Calexit(カリグジット)」という言葉の注目度が急上昇。ツイッターでも「トレンド」入りし、存在感を増している。
クリントン氏が勝利した西海岸の多くの州では、トランプ氏の優勢が伝えられると「secede」(離脱する) 「secession」(離脱)といった単語の検索回数が上昇したことが明らかになっている。特に61.5%がクリントン氏、33.3%がトランプ氏に投じたカリフォルニア州では、「Calexit」という単語がツイッターで「トレンド」入りした。国民投票で英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めた「Brexit(ブリグジット)」をもじった言葉だ。
「Calexit」は、カリフォルニア州の独立を決める住民投票2019年に行うことを目指している団体「Yes!カリフォルニア独立運動」が使っていたが、今回の投票で一気に火がついた。
例えば、配車サービス「Uber(ウーバー)」に早くから投資してきたことでも知られるエンジェル投資家のシャービン・ピシュバー氏は、大勢判明前の段階で、トランプ氏が勝利した場合は、カリフォルニアが「ひとつの国」になることを目指す運動に資金提供する意向をツイッターで明かしていた。
シリコンバレーの投資家が相次いで賛意
ピシュバー氏は、クリントン氏の敗北宣言後に経済専門局CNBCの取材に応じ、提案は「真剣」だと表明。「この国は今、重大な岐路にさしかかっている」として「国民的対話」をうながしたい考えだ。カリフォルニア州の15年の総生産は2兆4600億ドルで、フランスの国内総生産GDP)2兆4200億ドルを上回り、世界第6位の規模だ。こういった点を念頭に、「カリフォルニアが連邦予算に占める影響は大きい」などと話した。
ピシュバー氏以外にも、シリコンバレーの投資家が相次いで「Calexit」に賛意を示している。
カリフォルニア州の事例以外にも、カナダ政府が運営する移民情報サイトが一時つながりにくくなるなど、選挙結果の余波は続いている。 

 

#Calexit ~ カリフォルニアの合衆国離脱、

#NYexit ~ ニューヨークの合衆国離脱、

とイロイロ大騒ぎのようだが、どうも、アメリカのリベラルはスケールが小さい。

 

やるなら、ドンと思い切って、

アメリカ西海岸、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン、ハワイ、

アメリカ東海岸ニューイングランド、ニューヨーク、DC、

五大湖イリノイ、ヒスパニックの多いニューメキシコ

全部まとめて、「もう一つのアメリカ」を作ればいいんだよ。

 

そもそも「離脱する」なんていう表現が、負け犬根性である。

これは離脱ではない。

調べてないけど、人口も、GNPも、ほぼ半分、いや、それ以上の国になる。

優勢な方が離脱する、なんて変だ。

「トランプに投票した連中を切り捨てる、排除する、追い出す」と言うべきだ。

 

ウォール街も、ハリウッドも、MLB王者シカゴ・カブスも、ハーバードも、MITも、UCLAも、LGBTの都サンフランシスコも、こっちのモノだ。

 

中西部・南部の白人野郎、キリスト教原理主義者に回心も寛容もあり得ない。

あんなところ、トウモロコシとシェールガスメガチャーチ以外、何もない。

民主党を裏切った五大湖ラストベルトの貧乏白人も切り捨ててしまえ。

雇用も健康保険も、白人の味方・トランプに面倒を見てもらえばいい。

 

スターバックス=リベラル民主党VS缶ビール=保守共和党~ベン・カーソンはセブンスデー・アドベンチスト。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

アメリカ西海岸と東海岸は、内陸部を切り捨てる代わりに、カナダ、メキシコと連合する。

アメリカ西海岸+アメリカ東海岸+カナダ(北)+メキシコ(南)

北アメリカ大陸の「東西南北」が団結する。

NAFTAを「EU」化して、大連邦国家を設立するのだ。

 

新しいアメリカの国名が必要だ。東西両海岸が中心なんだから、

 

The Coast States of America ~ アメリカ湾岸国。略称:CSA。

 

がいいと思う。

 

思想的にはまるっきり180度正反対だが、国名が、昔のアメリカ南北戦争の奴隷州・アメリカ連合国(CSA)と一緒なのは、ただの偶然だ(笑)。ワザとじゃない(笑)。

しかし、またまた、もう一度、リンカーン共和党に戦いを挑むのは、歴史の皮肉か?、神の悪戯か?

いや、もし、リンカーンが2016年に生きていたら、今度はCSAの大統領になってくれるはずだ。

 

リベラル派は「壁を作るな!橋を掛けよう!」とデモしてるが、生ぬるい。

トランプとその支持者が「壁を作る」と言ってるんだから、

保守派のお望み通り、アンチ・トランプのリベラル派の方から、壁を作ってやればいいのだ。

ただし、その壁はアメリカとメキシコの国境にできるのではない。

「アメリカ西海岸・東海岸」と「中西部・南部」との間に壁を作るのだ。 

民主党ブルーステイツ&カナダ&メキシコ」と「共和党レッドステイツ」との間に壁を作るのだ。

 

インターナショナルな「アメリカ湾岸国」と、

トランプに投票したアメリカの内陸部「オルタナティブ・アメリカ」との間を、

グルっとドーナッツ状に壁で包囲すべきだ。

 オルタナティブ・アメリカ」の海への出入口はメキシコ湾だけでいい(笑)。

 

日本もアメリカ湾岸国」とTPPを結べばいいのである。

日本がアメリカに望むモノ、求めるモノは、すべてアメリカ湾岸国」にあって、農産物ばっかり作ってる「オルタナティブ・アメリカ」は邪魔なのだ。

 

大陸支那やロシアと肌が合わない、オーストラリアやニュージーランド、台湾や香港も、英国に失望したスコットランドも、アメリカ湾岸国」と組めばいいのである。

 

アメリカ湾岸国」が上手くいきそうなら、琉球も編入して欲しい(^^)。

  

#第9惑星 VSドナルド・トランプ~フランス革命VSアメリカンフットボール。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

大工ヨセフVS処女懐胎マリアVS神の子イエス~大沢樹生VS喜多嶋舞~パリ同時多発テロ~目には目を、歯には歯を。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

大沢樹生VS喜多嶋舞~パリ同時多発テロ~老子「報怨以徳」VS孔子「以直報怨」VS半沢直樹「倍返しだ」 - 在日琉球人の王政復古日記