読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

法VS人間~想像力の欠如~「死刑囚は苦しんで当然!いやもっと残酷な死刑を!」←じゃあアンタが執行してくれ。

米の死刑執行で13分間苦しむ、薬物注射めぐる議論再燃 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

2016年12月10日

 米アラバマ(Alabama)州で死刑を執行された死刑囚が、せきをしたりあえいだりして13分にわたって苦しんだことが立会人の話で明らかになった。これを受け、死刑執行に使われる薬物注射の有効性に関する議論が再燃している。
 ロナルド・スミス(Ronald Smith)死刑囚(45)は、1994年に犯したコンビニ店員殺害の罪で死刑判決を受けていた。
 死刑に立ち会ったメディアの一つAL.comのケント・フォーク(Kent Faulk)記者によると、スミス死刑囚の刑は8日夜、34分かけて執行された。その間スミス死刑囚は息をしようとしてもがいているように見えたという。
 アラバマ州矯正局のジェファーソン・ダン(Jefferson Dunn)局長によると、死刑執行の手順に何らかの不備がなかったかどうかを調べるため検死を行う予定だという。 

  

米国でまた死刑執行失敗か、「2時間近く苦しみ死亡」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

2014年07月24日
 米アリゾナ(Arizona)州で23日、刑の執行を受けた死刑囚が、薬物投与から2時間近く後に死亡した。刑務所関係者が明らかにした。米国では薬物投与による死刑執行の是非に関する議論が続いており、刑執行の失敗とみられる事例が再び起きたことを受け、国内では死刑反対の声が高まっている。
 刑が執行されたのは、交際相手の女性とその父親を射殺したとして1989年に死刑が確定したジョセフ・ウッド(Joseph Wood)死刑囚(55)。弁護士は声明で、薬物投与によって静かに死を迎えるはずだった同死刑囚が、1時間40分にわたり苦しんだ末に死を迎えたと述べた。

 

「殺人」と「死刑」は、行為としては同じである。

人は、場合によっては、あっけなく簡単に死ぬ。

しかし、場合によっては、なかなか死なない。

 

それは、殺人鬼が被害者を殺そうとしても100%成功しないのと同じで、

死刑で殺人鬼を殺す場合も、必ず100%成功、というわけにはいかない。

上記の薬物に限らず、電気椅子でも、日本の絞首刑でも、昔のフランスのギロチンでも、失敗はありうる。

 

失敗すれば、薬物だろうが、電気椅子だろうが、絞首刑だろうが、ギロチンだろうが、死刑囚はかなり苦しむ。

死刑反対論者、その点を含めて、死刑廃止を訴える。

 

逆に、死刑賛成論者は、「死刑囚は、他人を苦しめて殺したわけで、因果応報、自業自得、人殺しが死刑で苦しむのはしょうがない。いや、被害者の無念を思えば、死刑囚はできるだけ苦しんで、苦しみぬいて死ぬべきだ。そういう意味でも、死刑はもっと残虐な形式を採用すべきだ」という主張になる。

 

私は、厳密な意味での「死刑賛成論者」ではない。

かといって、厳密な意味での「死刑反対論者」でもない。

 

私は「生命至上主義者」でも「人権絶対主義者」でもない。「怨みを忘れて許すべき」なんていう人道主義・博愛主義には立たない。

情状酌量の余地がない人殺しなど、どうしようもない悪党は、苦しんで死ぬべきだと思う。

しかし、その方式が、現行の死刑制度で妥当なのかどうか?に疑問を持っている。

 

簡単に言えば、復讐や報復には賛成だが、現行の死刑制度には反対なのだ。

 

さて、当ブログを検索してもらうと判るが、「彼」のことは、これまでもたくさん批判してきた。でも、誤解の無いように明記すれば、別に彼を目の敵にしているわけではない(笑)。

 

しかし、彼の論法や考え方は、どれも、これも、なぜなんだか、どうしてなんだか、私がどうしても賛成できない、というか嫌悪する、軽蔑する、世間によくある絶対多数派の主張の、まさに典型例なのだ。

私の意見の説明にちょうど最適なテキストなのである。

 

長谷川豊氏が死刑制度に持論「もっと残酷に殺すべきだ」 - ライブドアニュース

私、こういう記事を読むたびに、ものすごく違和感を感じるのです。
そもそも、このマグワイアという男、当時妊娠中だった22歳の女性に対する強姦と殺人の罪で死刑を言い渡されてるんですけれど、ちょっと考えてほしいのです。
22歳の女性です。
妊娠中です。
自分の欲望のままに、襲って、レイプして、そのまま殺して、逃げてった男ですよ。捕まったので、裁判の判決を受けたのです。
はい。
私、もっと苦しめて全然いいんじゃないのって考え方の人間なんですが、私がおかしいんですかね? もしですよ? もし、私の嫁さんや娘が同じことをされたとしましょう。
私、絶対にこの程度じゃ済まさないぜ?
そのレイプ犯、その殺人鬼、裁判所なぞに任せませんぜ? 絶対に自分の手でヤるわ。そんなゴミクズ。
私、仕事の関係で、今まで100人以上の「事件・事故のご遺族」に直接話を聞いてきたんですよね。
人権派」とか名乗ってる人たち、そういう汗かいてきたんでしょうかね? 苦しいですよ? そういうインタビューって。でも、裁判って、目の前の『元犯罪者』にしか話を聞かないんですよね。
裁判する人間全員にきつく言いたいのだけれど……
手ぇ、抜いてんじゃないよ。
一番きついかもしれないですが、殺されたときの状況をちゃんと受け止めないとダメだってば。殺された周囲全員に、どんな傷を与えたバカなのか、ちゃんと調べなきゃダメだってば。
薬を投与されて10分だけ苦しんだ……だ?
それで、残酷だ?
アホか。
この殺されたお嬢さん、22歳のお嬢さん。未来にどんな素敵な幸せが待ってたと思ってる? どんな素晴らしい赤ちゃんを産んでいた可能性があると思う?
レイプされてるお嬢さんが何の抵抗もしていなかったとでも?
10分苦しんだ?
この殺されたお嬢さんは10分どころか、苦しみまくった挙句、死んでるんだぜ?
このお腹の赤ちゃんは、この世に生まれることすら出来なかったんだぜ?
このお嬢さんのお父さんやお母さん、恋人は一生苦しんでるんだぜ?
夜も寝られず、食事もとれず、どれだけ苦しんだと思う?
レイプして人殺ししたバカが10分苦しんだって?
私、残酷な人間なんだか知りませんが、こういう記事の書き方、大嫌いです。
多くの方々にインタビューしてきて思うのは、ご遺族って、皆さんが思ってらっしゃるよりも、何百倍も苦しんでいるという事実。
社会には、これだけ人間がいるのです。ゴミはいる。しょうがない。それは何十億人もいるのですからしょうがないのです。
ゴミはごみ箱に捨てるべきだ。こんなの、当たり前のことです。
私は、むしろ甘い殺し方だと考えます。出来ればネットで生中継した方がいいとすら考えています。小学校時代からその死刑執行シーンはみんなに見せた方がいい。ふざけたことをやれば、どんなに苦しむのか、よく見せた方がいい。
みんな真面目に生きているのです。ナメたことをやったバカが、どんな苦しんでごみ箱に捨てられるのか、見せた方が絶対に将来の役に立ちます。
残酷だ!という批判はどうぞご勝手に。
私は「自分は人権派」とか言う人たちのうさん臭さを心の底から痛感しています。優しいこと言ってる自分に酔ってるだけだろ? こんな優しく、思いやりのある自分、大好きなだけだろ。正直に言えって。
私は死刑にするなら、もっと残酷に殺すべきだと考えます。
せっかく死刑にするなら、もっと「教育」に役立てないと意味がないと考えている人間です。
それは大局で見れば、絶対にその方がいいはずだからです。

 

一読して、賛成する人が多いと思う。

私も、この部分は大いに賛同する。

 

私がおかしいんですかね? もしですよ? もし、私の嫁さんや娘が同じことをされたとしましょう。
私、絶対にこの程度じゃ済まさないぜ?
そのレイプ犯、その殺人鬼、裁判所なぞに任せませんぜ? 絶対に自分の手でヤるわ。そんなゴミクズ。

 

私だって、私の愛する人を殺されたら、その鬼畜を、その鬼畜の所業を上回る、長谷川豊さんが青ざめるような、メンゲレ医師の失禁するような、陰惨無比な報復の末に嬲り殺しにするかもしれない。

 

ただし、遺族である、この私、自らの手で、実行するならば、だ。

 

でもさ、誰に限らず、私だって、長谷川豊さんだって、皆さんだって、現実の世界では、特に日本では、被害者遺族に、自分の手による、人殺しへの、復讐のチャンスなんてほとんどない。

99.99%は、その鬼畜の始末を、警察と検察と裁判所と刑務所に任せるのである。

 

私は死刑にするなら、もっと残酷に殺すべきだと考えます。

 

簡単に言ってくれるが(笑)、実際に《誰》がやるんだ? その残酷な死刑を。

 

怨み骨髄の被害者遺族がやるわけじゃないし、

義侠心で興奮しまくってる(笑)長谷川豊さんがやるわけでもない。

刑務所の死刑執行官がやるのだ。

 

そもそも、もっと残酷な死刑って、具体的にはどんな殺し方か?

まず、金属バットで手足をメッタ打ちにして複雑骨折させてから、首に荒縄を縛り付けて引きずりまわすのか? それとも、刃物で目や耳やキンタマをそぎ落とすのか? 時速1センチでじわじわと煮えたぎる溶鉱炉に沈めていくのか?

で、誰にやらせるのか? 

被害者の遺族でも関係者でも何でもない、あかの他人の公務員・執行官である。

 

一度でいいから、そんな鬼畜外道をやらされる執行官の身にもなってくれ(笑)。

 

長谷川豊さんや、こういう意見に賛同する死刑賛成論者の皆さんは、死刑反対論者に対して「被害者の無念、遺族の怒りが判らないのか? お前たちには想像力がないのか?」と批判するが、想像力がないのはお互い様だ。そっちだって想像力の欠如が目に余る。 

 

健全な人間なら、死刑囚がくたばる前に、執行官の方がPTSD(心的外傷後ストレス障害)で入院である。下手したら、一生治らないトラウマが残りかねない。

 

ウシやブタの食肉加工は、ウシやブタができるだけ苦しむように工夫してるわけじゃない。正反対に家畜がなるべく苦しまないように研究して屠畜しているのである。

マグロの解体ショーの包丁人も、死ね死ね!と叫びながら、または、イヒヒと笑いながら、マグロの目をえぐったりはしない。

なぜなら食肉加工は動物虐待ではないからだ。

 

ゴキブリ殺し、ウシ殺し、クジラ殺し、ネコ殺し、ヒト殺し。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

確かに兵士は戦場で人間を殺すだろう。

しかし通常の兵士は、相手をできるだけ残虐に殺すように心がけてるわけじゃない。逆に、なるべく合理的に瞬時に簡便に、できれば苦しまないように、相手を殺す努力をするのだ。

いや、できれば、死の恐怖から、相手が逃げ出してくれるのが、白旗を上げて降伏してくれるのが、殺さなくて済むのが、最善なのである。

なぜなら兵士は殺人を楽しむ職業じゃないからだ。

 

この地球上には「きつい」「汚い」「危険」の3K職業が山のようにあるが、「人間ができるだけ苦しむように殺す」なんていう商売は、中世ヨーロッパの魔女狩りや異端審問か、ナチスのユダヤ人強制収容所くらいしかないのである。

 

死刑の執行だって、なるべく苦しまないような方法を採用するのは、死刑囚の人権もあるが、執行官の人権と精神上の健康を守るためでもあるのだ。

 

それとも、死刑賛成論者のみなさんは、あかの他人Aさんを殺した、あかの他人B死刑囚の内臓をえぐり出して殺してくださいと、サバイバルナイフを渡されたら、まだ生きてるB死刑囚の腹にグサリと刺せるのか?

 

もしも平気で死刑囚の内臓をえぐり出せるとすれば、あなたの方が、精神病理学犯罪心理学的にはよっぽど危険な人間であり、警察の監視対象にすべきだろう。娑婆でナニをやりだすかわからない。

 

実際に死刑囚の生命を奪うのは、どこの誰なのか?遺族か?あなたか?私か?

だから私は、復讐や報復には賛成だが、現行の死刑制度には反対なのだ。

 

どんな作業でもそうだが、自分が手を汚さない、他人がやってくれる仕事に、過激で無茶苦茶なことを平気で要求するのは、あんまり正しくないのである。

 

私は、むしろ甘い殺し方だと考えます。出来ればネットで生中継した方がいいとすら考えています。小学校時代からその死刑執行シーンはみんなに見せた方がいい。ふざけたことをやれば、どんなに苦しむのか、よく見せた方がいい。  

 

長谷川豊さんは、日本の時代劇を見たことがないのだろうか? 

極東の島国じゃ、江戸時代まで、打ち首獄門さらし首は、町人の目の前に公開されていたのである。それで江戸から犯罪が無くなったわけじゃない。

 

#通州事件 VS自己責任論~イスラム国ISIS、打ち首・磔・獄門・晒し首、阿片ビジネス。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

日本だけでなく、処刑を見せるなんて、世界中で普通にやっていたことだ。

前近代まで、公開処刑は庶民に人気のエンターテイメントだったのである。

 

「笑い」は常に「弱者」の敵であり、民主主義は「笑い」の敵だ~動物や障害者を嬲り殺して楽しんできた人間の歴史。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

そして21世紀のイスラム国も、気に入らない人間をイスラム法違反とナンクセをつけて斬首刑にして、支配地域の住人を強制的集めてその残酷ショーを見物させて、恐怖で脅していた。

 

法に違反したら殺す、それが正義だ、お前も見物しろ、恐怖しろ、法を守れ。

長谷川豊さんが正しいのなら、イスラム国も正しいのである。

しかし、その法律解釈が正しいのかどうか?誰が判断してるのか?イスラム国か?長谷川豊さんか?

 

というか、自分たちと同じ、そして犯罪者たちと寸分変わらぬ、「悪の遺伝子」を引き継ぐ子供たちに、どうしてここまで、無条件の信頼・信用を寄せられるのか?、その自信の根拠がサッパリ解らない。

小学生に残虐な処刑シーンを見て、「ああはなりたくない」と犯罪を自粛してくれるか、それとも「ああいうの楽しそうだ。気に入らないアイツで実験してみよう」とイジメられっ子を凄惨なリンチ実験にかけるか、どっちもありうる話である。

もし小学校で凄惨な処刑ゴッコが流行って、死人や重傷者が出たら、長谷川豊さんはどう責任を取ってくれるのだろう? 被害者と同じ目にあってくれるのか?