在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

リバタリアン漫画家~プロテスタントな西原理恵子VS老荘な蛭子能収~君子の交わりは淡きこと水の如し(荘子)。

「自由と責任は有料」「働くことは生きること」―壮絶エピソード満載の“理恵子ママ”からのメッセージ (ダ・ヴィンチニュース) - Yahoo!ニュース

2016/12/22(木)

「自由と責任は有料」「働くことは生きること」。これは、『スナックさいばら おしごと篇』(西原理恵子/KADOKAWA)の著者である西原理恵子氏の言葉だ。この言葉を聞いた時、激しく同意せずにはいられなかった。もちろん、働くだけの人生では面白みがないかもしれない。けれど、現実的には、働かなければ生きていけない。お金ですべてが手に入るとは思わないが、ある程度の自由が手に入ることも事実。そして、そこには責任が伴う。
(略)
◆自由と責任は有料
 自分のためにお金を使って借金を作る父親を、母親が追い出し、ようやく生活が安定したという経験を持つ32歳の女性。その経験から、病気などのハンデがあってもくじけず、自分で食べていけるだけの稼ぎを得られるようになった。そのおかげで、将来は未知数だが本当に好きな人を選ぶことができた。
 この女性に対して、西原氏は惜しみない称賛を送る。経済的に自立していれば、年収で男性を選ぶ必要もないし、万が一の時には離婚という決断も下せるもの。「いざという時に自分の幸せはちゃんと自分でつくっていくことができるように、人は働くんだと思う」と語る西原氏は、誰にでも働いて、稼いで、勝ち取った戦利品があるはずだと指摘。稼いだお金そのものではなく、それによって得られたものに価値があるのだ。

 

「自由と責任は有料」「働くことは生きること」、正にリバタリアンである。

  

リバタリアン漫画家~プロテスタントな西原理恵子VS老荘な蛭子能収~高須克弥がファシストだからややこしい(笑)。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

彼女の思想に、「持てる者が持たざる者を救済する」、弱者救済、公共政策、社会福祉の精神は、もともと、乏しい、というか、ほとんどない。

よくよく思い出してみれば、 彼女の漫画に政府も役所も出てこない。

政府の公共政策の出先機関である「学校」は、常に彼女を抑圧する敵だった。

漫画の中の貧困が、福祉事務所、児童相談所、ボランティアなど、公共機関や社会福祉で救済されるシーンは一つもない。

貧乏人は、その境遇のまま死んでいくか(そういう生き方も選択の自由として否定していない)、それがイヤなら、誰にも頼らず、自分の力で、這い上がるしかない。彼女自身もペン一本で成り上がったのである。 

 

だからこそ、誰からも文句を言わせない自助努力で「毎日かあさん」に成り上がった今、自分の稼ぎを税金で取られることを、税金は泥棒だ!国家は盗人だ!、と激怒するのである。

国家が税金を集めないと、老人や病人や貧困者や欠食児童は救えないのだが、彼女の唯一の関心事は自分の稼ぎであり、税務署員の背後にいる世間の弱者は視界に入らない。

だって、彼女の成り上がりは、本人の実力であり、社会福祉に頼ってないからだ。

元・弱者の私だって成り上がれたんだから、他の弱者だっての成り上がれるはずだ。自分の力で立ち上がれ!

これがリバタリアンの、一つの、そして大きな側面である。

  

キリスト教カトリックでは、持てる者が持たざる者を救済する。

富者が貧者に対して「喜捨」の精神で施しを与える。貧者に施しを与える行為こそが、神の恩寵である。貧者がいるからこそ神の恵みが顕現する。つまり貧者の存在こそが神の愛の証明である。逆に言えば、カトリックでは、神を讃えるために、常に貧者の存在を必要とする、とも言える。

 

プロテスタント(はいろいろあるから一概ではないが)のルター派カルヴァン派は、天は自ら助くる者を助く。

勤勉こそが信仰だ。神を信じるならば努力できるはずで、自力で富者になれるはずだ。それでも貧困なのは、神を信じていない、神から愛されていない証明になってしまう。つまり貧者の存在は神の裁き・怒りの証明、人間の不信心と罪の証明なのである。神の栄光を讃えるためには、貧者は存在してはいけない邪魔なのだ。

 

西原理恵子は、キリスト教を信仰するなら、プロテスタントを選ぶだろう。

 

対して、蛭子能収は、別ルートからやって来たリバタリアンである。

  

 

ひとりぼっちを笑うな。一人で生きて、一人で死ぬ。

これも、リバタリアン思想の一つの側面である。

 

西原理恵子は「私の稼ぎを盗む政府は泥棒だ!」という意味で無政府主義だが、

蛭子能収は「政府は勝手にやってください。私をそっとしておいてください」という意味で無政府主義である。

蛭子能収は税金にはあんまり関心がないようだ。まあイヤだろうけど、強い政府に怒って不満を言うほど強い人間ではない。

 

西原理恵子の特徴が、自分で這い上がる自助努力の「強さ」だとすれば、

蛭子能収の特徴は、何にも強制されたくない、他人に強制したくない「弱さ」である。

 

西原理恵子は「私の稼ぎを盗むな! その代わり、私も他人の稼ぎを盗まない!(税金による社会福祉に頼らない)」という精神である。

蛭子能収は「あれこれ強制しないで、私の好きにさせてください。その代わり、私も、他人の生き方にあれこれ文句は言わないし、誰だろうが何だろうが好きにやってもらって構いません。お互いにお互いを無視しましょう」という精神である。

 

西原理恵子は「他人を無条件に助けることは、結局、他人をダメにする」という精神になるし、

蛭子能収は「他人を助けられるほど私は強くありません。だから、皆さんが私を助けなくても、恨み言は言いません」という精神になる。

 

蛭子能収みたいな考え方は、キリスト教よりは、支那老荘思想に近い。

 

且君子之交淡若水、小人之交甘若醴。君子淡以親、小人甘以絶。彼無故以合者、則無故以離。(荘子・山木篇)

かつ君子の交わりは淡きこと水の如く、小人の交わりは甘きこと醴の如し。君子は淡くして以て親しみ、小人は甘くして以て絶つ。彼の故無くして以て合う者は、則ち故無くして以て離る。

  

賢者の人付き合いは、そっけないほど冷淡である。

愚者の人付き合いは、お互いの人格や生活まで浸食し合い、共依存関係や支配・服従関係になるまでベタベタしている。

そして賢者の友好は冷淡だからこそ長続きするが、愚者の友好は鬱陶しくなってトラブルを引き起こし喧嘩別れする。

 

よくテレビやネットで「蛭子能収は人間のクズ」みたいなエピソードがあるが、要は他人に関心がないのだ。

慈悲も慈愛も全くないが、正義も支配欲もない。

「愛」という相互依存が嫌いだし苦手なのである。

 

これだけ違う西原理恵子蛭子能収の共通点がギャンブルだ。

ギャンブルは、自己責任であり、トータルで決して儲からず損をする愚行であり、反社会的である。

しかし、他人から、世間から、どうこう言われる筋合いはないのだ。

だって、私のカネであり、私の損であり、私の人生であり、私の自由だからだ。

 

ギャンブルというのは、リバタリアン的なのである。

 

キングコング西野亮廣「お金の奴隷解放宣言」VSリバタリアン西原理恵子「金が無いのは首がないのと同じ」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

タリウム事件「人を殺してみたかった」~ルカ福音書「与えよ。さらば与えられん」~西郷隆盛「始末に困るものなり」~王翦。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《アナキズム映画列伝》 「ファイト・クラブ」(1999年)《ファシズム映画列伝》~ブラッド・ピット、キングコング西野亮廣、リバタリアン西原理恵子。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

トランプVSトヨタ~トランプ支持の自称 #リバタリアン はインチキである~ #アイン・ランド はレーニン共産主義の私生児(その1) - 在日琉球人の王政復古日記

 

#リバタリアン 質問『Who is John Galt?』~回答『少なくとも、アンタじゃない(笑)』~ #アイン・ランド はレーニン共産主義の私生児(その2) - 在日琉球人の王政復古日記

 

トランプVSトヨタ~トランプ&日本左翼のメキシコ人見殺し同盟~「国家主義+社会主義=ファシズム」 #猪野亨 - 在日琉球人の王政復古日記

  

トリレンマ映画「パレードへようこそ」(2014年)その1~[ #LGBT ]VS[サッチャー]VS[ラストベルト #Brexit トランプ大統領] - 在日琉球人の王政復古日記

 

トリレンマ映画「パレードへようこそ」(2014年)その2~[移民]VS[サッチャー #TPP ]VS[EU離脱 #Brexit トランプ大統領] - 在日琉球人の王政復古日記

 

トリレンマ映画「パレードへようこそ」(2014年)その3~[ #LGBT 移民]VS[ #TPP ]VS[トランプ大統領 ラストベルト ポピュリズム] - 在日琉球人の王政復古日記

 

《リバタリアン映画列伝》東映「仁義なき戦い広島死闘編」(1973年)~【追悼】菅原文太~「美味いもん食うて、マブいスケ抱くために、生まれてきとるんじゃないの」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《リバタリアン映画列伝》「ロボコップ」(1987年)~リー・クアンユーのシンガポール=オムニ社のデトロイト。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《リバタリアン映画列伝》東宝「下妻物語」(2004年)~ #深田恭子 VS 仁義なき戦い VS ロボコップ。 #土屋アンナ #深キョン - 在日琉球人の王政復古日記

 

《リバタリアン映画列伝》「砂の器」(1974年)その1~流れよわが涙、と少年は言った。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《リバタリアン映画列伝》「砂の器」(1974年)その2~実父、養父、偽父、義父~村落、国家、市場。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《リバタリアン映画列伝》「エスケープ・フロム・LA」ジョン・カーペンター監督~トランプVSサンダースVSスネーク・プリスケン(プリスキン) - 在日琉球人の王政復古日記

 

リケジョ・尾頭ヒロミVSリバタリアン~ゴーストバスターズVSシン・ゴジラVS機動警察パトレイバーVS帝都物語VS怪奇大作戦「京都買います」 - 在日琉球人の王政復古日記