読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

大分冒険小学5年生VS北九州モノレールのボンクラ小僧~花魁ヤンキー成人式VS佐賀少年刑務所成人式

<大分・3人不明>「冒険したかった」自宅近くの公園で発見 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2017/01/14

13日に行方不明になっていた大分市光吉の小学5年生の男児3人(いずれも11歳)は、14日朝に無事発見された。けがはなかった。
 大分県警によると、3人は小学校の同級生で、リュックサックに着替えや水筒、寝袋などを持ち、うち1人の自宅近くの公園で一夜を明かした。3人は「冒険したかった」などと話しているという。
 13日に外出して夜になっても帰宅せず、うち1人の母親が110番した。14日午前8時半ごろ、捜索していた保護者が公園で発見した。

 

中学生、ホーム下にいたずら飛び降り 北九州モノレール (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

2017/01/14

 北九州市小倉北区北九州モノレール平和通駅で13日午後6時過ぎ、男子中学生が駅構内のホーム下に飛び降りて歩いているのを駅員が発見した。運行する北九州高速鉄道は、走行中のモノレールを全て緊急停止して送電を止め、安全を確認した後、同15分から運行を再開した。けが人はいなかった。上下線計7本が最大8分遅れ、約400人に影響した。
 同社によると、男子中学生はいたずらで飛び降りたと話しているという。同社は「レール(軌道)の側面には電気が通っており、感電することもある。非常に危険なので絶対に飛び降りないでほしい」としている。

 

同じ九州といっても、隣の県といっても、かなり離れているから、気質は違う風土なんだろうけど、この2つの事件というか騒動の違いって何なのだろう?

 

同じ未成年のお騒がせである。どっちも迷惑行為なんだが、

しかし、大分冒険少年には「微笑ましさ」「情状酌量の余地」を感じる人が多いのではないか?

対して、北九州ボンクラ中坊には「腹立たしさ」「名前も顔も公開して徹底的に罰しろ!」という憎悪を持つ人が多いのではないか?

 

でも、その違いって、何なのか? 

「小学生」と「中学生」の違いか?

「家族限定の迷惑」と「他人・公共への迷惑」の違いか?

 「ガキのガキっぽい行為」と「ガキのくせにオトナの真似(喫煙)」の違いか?

 

なんとなくだが、微笑ましい大分冒険少年たちは、そのまま成長したら、気持ちのイイ若い衆なりそうな気もする。

しかし、同じくらいの確率で、喫煙ボンクラ中坊に化ける可能性も大いにある。

 

「分かれ道」はどこに「ある」のだろう? 正直、私には判らない。

 

そして、なんといっても北九州である(笑)。

喫煙ボンクラ中坊は、数年後は、ほぼ確実に、こんな感じで、華々しく「デビュー」するだろうと思われる。

 

http://www.danshihack.com/wp-content/uploads/2015/01/B7CdyHhCUAEG-sj.jpg

 

昔、石炭。今、成人式~花魁とヤンキーは北九州に残された最後の希望。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

花魁&ヤンキー成人式こそ地元のハロウィンである~自分で自分の首を絞めてナニが地方創生(笑)? - 在日琉球人の王政復古日記

 

しかし、いくらボンクラでも、シャレでは済まないことをしでかせば、こっちである。

 

佐賀少年刑務所で成人式 更生誓い二十歳の門出 (佐賀新聞) - Yahoo!ニュース

2017/01/15

 佐賀少年刑務所(佐賀市新生町)で13日、一足遅れて成人式があった。保護者も同級生もいない場所で、二十歳(はたち)の門出を迎えた5人の受刑者。寂しさや後悔が去来する中、更生を誓う春がある。
 「過去の未熟な考えを深く反省し、社会の一員として立派に立ち直るよう努力します」
 刑務所の一室に設けられた会場で、新成人代表が誓いの言葉を読み上げた。この日のために貸し与えられたスーツを着た受刑者が、緊張した表情を崩すことはない。厳粛な式が終わり、関係者が退出するとその場で、刑務所では普段着にあたる作業服に着替えた。
 佐賀少年刑務所では第2、第4金曜日を、刑務作業を控えて更生教育に集中する「矯正指導の日」と定めている。今年の成人式は、9日の成人の日に最も近い指導日に執り行われた。
 式には、来賓と職員合わせて約10人が出席した。矯正施設の少年院では保護者が出席するケースもあるが、「あくまで刑罰の執行中であり、保護処分の少年とは厳格に分かれる」と幹部職員は説明する。水元伸一所長は訓示で激励した。「成人すれば責任は大きくなる。過去の過ちと真摯(しんし)に向き合い、更生して社会復帰を果たすことが今のあなたたちの責任になる」
 全国に7カ所ある少年刑務所は、主に26歳未満の男性受刑者を収容している。少年事件で刑事処分が必要と判断された未成年もいる。佐賀では全受刑者(13日現在429人)のうち未成年は1%未満で、毎年3人前後が成人式を迎える。
 取材に応じた服役7カ月目の男性は「外で成人式を迎え、両親に晴れの姿を見せたかった」と悔やむ。待ってくれている家族のためにも、再出発を期す。
 別の男性は17歳の時、命を奪う罪を犯し、あがなう日々を送る。「出所できたら、人の役に立つことをしたい。社会の目は厳しいだろうけれど、更生できなければ多くの人を裏切ることになる。二度とつらい思いをさせられない」。言葉に力を込めた。

 

こっちも、同じ九州の佐賀県

同じ九州だが、同じ成人式だが、同じ青春だが、天と地の違いがある。

この佐賀の服役囚だって、小学校時代は冒険に旅立っていたかもしれないのだ。

 

「分かれ道」はどこに「あった」のだろう? 正直、私には判らない。