読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

アパホテル南京事件VSカタログハウス通販生活VS稲田朋美防衛大臣靖国参拝VS韓国釜山慰安婦像少女像


通販生活 2011年秋冬号 巻頭特集「原発国民投票」【通販生活公式】

 


2015年秋冬号TVCM60秒バージョン【通販生活公式】

 

アパホテルは、「客商売」と「政治的言論活動」を、明らかに、混同している。

そのアパホテルのやり口を批判するのも、また、言論の自由である。

しかし、アパホテルを「企業の政治活動の是非」という点から批判するのならば、

カタログハウス通販生活だって、批判しないとダブルスタンダードだわな(笑)。

 

【歴史戦】「中国に負けるな」 アパホテル書籍、ネットで反響広がる - 産経ニュース

 2017.1.18
 南京大虐殺を否定する書籍をホテルの客室に置いていることを中国外務省に非難されたアパグループに対して、インターネット上では、ニュースのコメント欄や短文投稿サイトのツイッターなどを通じて反響が広がっている。
 アパグループが書籍を客室から撤去する考えがないことを明言したことに対して、「ホテルに政治的主張は不要」などと否定的な意見も出る一方で、「嫌なら泊まらなければいい」と「言論の自由」を支持する声も多い。
 アパグループを支持する意見は「よく言った」「中国に負けるな」など。なかには「炎上しても商売に影響しない、という実例を作ってほしい」と斜に構えた見方も。一方で「アパホテルの主張を日本人の歴史認識と思われるのはさすがに嫌」「アパホテルで日本を語らないでほしい」という突き放した意見もあった。 

 

逆に、カタログハウス通販生活反戦・護憲・リベラルな政治的言論活動を「売国だ!反日だ!左翼だ!」と、2ちゃんやtwitterやSNSやブログでネット批判した経験のあるネトウヨさんが、今回のアパホテルに対しては、前言をひっくり返して、「言論の自由だ!」と擁護したら、それも「オマエが言うな(笑)」の噴飯もののダブルスタンダードである。

 

アパホテルを批判するなら、カタログハウス通販生活も批判しないとおかしい。

カタログハウス通販生活を批判したなら、アパホテルも批判しないとおかしい。

 

教員免許なんか不要。予備校は免許無しで教えてる~学校も民営化すれば、君が代も日の丸もイジメもキレイに解決。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

韓国・釜山の慰安婦像設置に政府が対抗措置 駐韓国日本大使ら一時帰国へ(1/2ページ) - 産経ニュース

 2017.1.6
 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、年末に韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反行為への当面の対抗措置として、(1)長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・在釜山日本総領事の一時帰国(2)日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断(3)日韓ハイレベル経済協議の延期(4)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ-の4項目を発表した。 

 

釜山の慰安婦像・少女像の強硬設置は、明らかの韓国の暴走である。

日本に非はなく、韓国に非がある。

 

ここで、「日本は、日韓合意が決まって以降、韓国に対して友好的に尽くしてきた。日本から韓国が嫌がることは何一つしてないのに、韓国が一方的に嫌がらせを連発している」とタンカを切れれば、日本は爽快だったのだが、

 

一人だけ、国益のためではなく、自分の都合だけで、世界における日本のポジションを考慮していろいろとガマンしてる安倍ちゃんを無視して、安倍ちゃんの顔にドロを塗った閣僚がいた。

 

安倍総理も開いた口が塞がらない…稲田朋美防衛相の“KY参拝” | デイリー新潮

週刊新潮 2017年1月26日号 2017/1/19発売
 安倍晋三総理の秘蔵っ子として重要ポストに起用され、「将来の総理候補」とまで持ち上げられるようになった稲田朋美防衛大臣(57)。しかし、年末の靖国神社参拝によって、信用を失いつつある。総理からの重要な「メッセージ」に気付かなかったというのだ。
 ***
 稲田大臣が靖国神社を参拝した昨年12月29日朝、神奈川県内のゴルフ場で休暇を楽しんでいた安倍総理は、記者団に感想を求められると、
「ノーコメント」
 とだけ言って、立ち去った。秘蔵っ子が「勇姿」を見せたわりには、あまりにも素っ気ない対応。実は、その裏で、こう漏らしていた。
「全然、分かってないな」
 一体、何が「分かってない」のか。
 話は、稲田氏が大臣に就任した昨年8月に遡る。
 官邸関係者によれば、
「彼女は、特攻隊の訓練中に亡くなった母方の伯父さんが靖国神社に合祀されていることもあり、終戦記念日に毎年、参拝してきました。それで、昨年も参拝の意向を安倍総理へ伝えたのですが、せっかく慰安婦問題で合意した韓国を刺激したくないと、止められてしまった。それでも稲田さんは、“支援者が『行け』というから、どうしようもない”とダダをこね、安倍さんは仕方なく、参拝できない“口実”をつくってあげたんです
 8月15日を跨ぐ日程で、陸上自衛隊が派遣されているアフリカ東部ジブチの視察を手配したのである。
「これで一旦は落ち着いた稲田さんでしたが、秋になって再び安倍総理に懇願するようになりました。きっかけは9月の臨時国会で、民進党辻元清美代議士から、終戦記念日の不参拝を非難されたこと。あの時、稲田さんは伯父さんのことを思い出したらしく、涙ぐんでしまった。それがよほど悔しかったのでしょう。国会が閉じ、役所も休みに入る年末年始の参拝を探っていた」(同)
政府専用機で大騒ぎ
 そこで安倍総理の打った先手が、12月26日から28日までの真珠湾訪問に同行させることだった。
真珠湾訪問は、スピーチで“謝罪”や“反省”という言葉を使わなくとも、そういう気持ちを込めて慰霊することが目的ですし、先の戦争を乗り越えた日米の“和解”をアピールする場でもある。一方、靖国参拝は、中国や韓国の反発が予想されるばかりか、米国からもクレームがつく可能性がある。稲田さんを連れて行けば、この時期の靖国参拝はできないと踏んだわけです」(同)
 しかし、そのメッセージは残念ながら、稲田大臣には届かなかった。
 同行記者が証言する。
彼女は帰りの政府専用機の中で、自分の真珠湾訪問が支持層の保守派からインターネット上で批判されていることを知り、彼らの得点を稼ぐためには“靖国に行かなあかん!”と、騒ぎ始めたのだそうです
 こうして実現した帰国翌朝の「KY参拝」に、安倍総理は開いた口が塞がらないのである。
「安倍さんは、今回の歴史的な真珠湾訪問が大きな功績になると考えていたのに、稲田さんのせいでケチがつき、大層お冠です。それで、間接的に稲田さんに伝わるよう、方々に不満を言い触らしていますよ」(先の官邸関係者)
 これが「総理候補」とは笑わせる。

 

 「韓国さんよ、なんで、この微妙な時期に、日本の嫌がることを、わざわざ、するんだ?!」と日本が抗議すれば、

「イルボンだって、こんな微妙なタイミングで、靖国に参拝したじゃないか」と反論できる言い訳カードを、韓国に渡した人物がいたのである。

 

言論の自由」「思想信条の自由」というのは簡単だが、

「正誤・善悪」と「好き嫌い」を混同することはもっと簡単なのである(笑)。

 

「南京事件=東京裁判=アメリカ」~アパホテルも、安倍首相も、トランプに対して「東京裁判無効宣言」! - 在日琉球人の王政復古日記

 

ソウルに昭和殉難者霊廟を!~A級戦犯こそ「朝鮮半島独立」最大の功労者である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《保存》三笠宮崇仁親王殿下、大東亜戦争(支那事変、南京事件)かく語りき。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#田母神俊雄 さんは都知事になってもいいが、都バス運転や幕僚長は困る。 #コミンテルンの陰謀 - 在日琉球人の王政復古日記