在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

ゴキブリ出たら110番~人間が望んで選んだ邪魔者がいない清潔な近代社会。

恥ずかしい話だが、私はゴキブリが苦手だ。

 

素手なら、死骸の触角をつかんで持ち上げて、ゴミ箱へ捨てるのが限界である。

せめてティッシュが1枚ないとプチッと握り潰せない。

ましてや、手の平に乗せて眺めたり、そのまま食べたことはただの一度もない。

こういう時、私のような潔癖症は困る。

 

すでにリンク切れだが。

 

若い男から110番、出てみれば「ゴキブリが気持ち悪い」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080505-OYT1T00679.htm
(2008年5月6日 読売新聞)
 害虫駆除の依頼、恋愛相談……。警察に舞い込む様々な電話に、首をかしげたくなるような内容が目立つようになった。
 地域住民と向き合う警察にとって、モラルに欠ける要求でも無視するのは困難。非常識な通報に追われることで、警察力の低下を招くのではないかと危惧(きぐ)する声も出ている。
 「ゴキブリが家の中に出てきて、気持ちが悪い」
 昨年夏、大阪府内の警察署に、若い男性から電話がかかってきた。対応した署員は「自分で駆除できるはず」と考え、この依頼を1度は断った。
 しばらくして再び同じ男性から「本当に困っている。来てくれ」。最寄りの交番にいた50歳代の男性警部補が男性宅を訪ねると、おびえた目つきでゴキブリを見つめる若いカップルが待っていた。警部補はゴキブリを駆除し、死骸(しがい)をビニール袋に入れて持ち帰った。
 この警察署の副署長は「市民が助けを求めてきた以上、むげに断ることはできないと判断したが、ゴキブリの処理は警察の本来の業務ではない」と語る。
(略) 

 

ゴキブリにおびえる若い女。

同じようにおびえる若い男。

そんなゴキブリも始末できない軟弱な男に愛想を尽かさない女。

まさに平成の極楽絵巻である。

 

ゴキブリで110番をプッシュする、彼らのような若いカップルには警察としても困ってるだろうが、しょうがない面はある。

だって彼らには「頼れる相談相手」がいないんだもの。

 

平成の御代、ゴキブリを始末できない男女は、自分たちを助けてくれるモノを2つしか知らない。

「カネの掛からない(実は税金が掛かっている)公共サービス」と

「カネを払えばやってくれる商業サービス」の2つ。これしかない。

 

しかし昭和の昔は、もう一つ「カネを払わなくてもいい(ただし義理を返済する必要が発生する)社会サービス」があった。

 

昔は「頼れる相談相手」が近くに居た。
貧乏長屋の1室から悲鳴が上がれば、隣近所のオジサン・オバサンがやってきて、ゴキブリの始末もしてくれた。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」や「男はつらいよ」の世界である。

 

しかし、そういう時代のゴキブリ退治は、ゴキブリ退治で終わらない。

オジサンは「おまえ、男だろ!ゴキブリぐらいなんだ!シッカリしろ!ところでいつ結婚するんだ?」と男の生き方まで説教してくれる。

オバサンは「ゴキブリが出るのは、あんたが台所を清潔にしてないからだ。冷蔵庫の中を見せなさい!ところでいつ結婚するの?」と生活態度まで指導してくれる。

 

ゴキブリは、若いカップルのプライバシーを侵害する外部からの侵入者である。

しかし、若いカップルにとって、隣近所のオジサン・オバサンも、プライバシーを侵害するもう一つの「ゴキブリ」なのだ。

 

国家の「公共サービス」は法律次第。法律以外の事はやらない。
民間の「商業サービス」も契約次第。契約以外の事は無関心だ。
しかし隣近所の「社会サービス」は、イロイロと融通が利くが、法律の歯止めや契約の範囲がない。義理と人情、恩義としがらみ、全人格的な付き合いである。

隣近所、共同体、コミュニティといえば、良いモノのように思えるが、別名は「相互監視体制」である。

 

「あそこの息子は、いい歳して、いまだにアニメや漫画に夢中だって」
「あそこの娘は、大学出て、まだ結婚しないのか? 何が問題があるのか?」

 

こういう監視がイヤでイヤでたまらなかったから、われわれは近代社会を作った。

今では想像もつかないが、ちょっと昔は、その監獄から脱出するだけで、一世一代の真剣勝負だったのだ。

 

薄情もんが田舎の町に
あと足で砂ばかけるって言われてさ
出ていくならお前の身内も住めんようにしちゃるって言われてさ
うっかり燃やしたことにして
やっぱり燃やせんかったこの切符
あんたに送るけん持っとってよ
滲んだ文字 東京ゆき
「ファイト」 中島みゆき 1983年


平成の御代。自分は自分。他人は他人。隣近所でも挨拶しない生活である。相手の家なんて覗き込んだこともないし、そもそも興味もない。

しかし「相互監視の社会サービス」が無くなったからといって、悩みや問題やゴキブリが存在しなくなったわけではない。

そして「ゴキブリも殺せないが女には偉そうにする男」も、

ゴキブリも殺せないが女には偉そうにする男しか頼れる相手がいない女」も、

ゴキブリ退治を相談できる相手がいない。

 

じゃあ「親切な」オジサン・オバサンの居る監獄へ戻りたいだろうか?
でも、今や、平成のオジサン・オバサンだって、自分のプライバシーが大事で、他人のことなんてどうでもいい。手間ばっかりかかってカネにならない、ゴキブリを退治して相手のプライバシーに介入する「ゴキブリ」役なんかゴメンなのだ。

隣近所に、物理的に人間は住んでいるが、社会的には人間が住んでいないもの同然である。

 

近代社会は清潔な社会である。

プライバシーを侵害する「ゴキブリ」は駆除された。

「ゴキブリ」の居ないはずの世界に、ゴキブリが出てきたら、そりゃ、お坊ちゃんやお嬢ちゃんはパニックを引き起こす。

二人とも、愛する二人の世界にゴキブリがお邪魔する可能性がある、なんて説明は受けてきていないのだ。

 

 

若い二人は、身近に頼れる他人が誰もいない。

税金で働く公共サービスの110番に電話するしかない。

当然「スマホ」である。

待ち受け画面は、眼だけが異様に大きく加工された、愛する二人の写真だ。

これが、われわれが「社会の進歩」と呼んできたモノのなれの果てである。

 

カン違いしてはいけない。我々ホモ・サピエンスが望んで選んだ道なのだ。 

生きるのに必死なだけのゴキブリさんには、何の罪も責任もない。 

もちろん殺虫剤で殺すけど。

 

ゴキブリ殺し、ウシ殺し、クジラ殺し、ネコ殺し、ヒト殺し。 - 在日琉球人の王政復古日記