読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

日本人は凄い。日本人は恐ろしい。下田黒船祭「ペリー提督の遺徳と恩恵を大切にしなければならない」

下田黒船祭が開幕 日米友好誓いペリー碑に献花 (伊豆新聞) - Yahoo!ニュース

伊豆新聞 2017/5/20(土)
 下田中吹奏楽部による日米両国の国歌演奏に続き、出席者は市立下田保育所の園児とともに記念碑に花輪や花をささげ、日米友好の先駆者の功績をたたえた。
 福井祐輔市長は、黒船来航が明治維新、日本の近代化の契機となったとして「われわれは、ペリー提督の遺徳と恩恵を大切にしなければならい」と、2都市間の友好関係を深めていく決意を表明した。
 ニューポート市のヘンリー・ウィンズロップ市長は「ペリー提督も、両国の関係がここまで素晴らしいものになるとは思っていなかったのではないか。温かいおもてなしに感謝します」とあいさつした。
(略)
 下田市立下田小(森本幸平校長、児童247人)は、米海軍第7艦隊ミサイル駆逐艦・マスティン号の海兵20人を同校に迎えて「黒船交流会」を開いた。児童らが歌や踊り、ゲームなどを通して親睦を深めた。
 昨年に続き、市と英語教育の提携を結ぶ玉川大の学生25人も通訳などのサポート役で参加した。
 児童たちは、海兵たちが校舎入り口に到着すると、手作りの米国旗を振りながら「USA」と声を上げて歓迎。教室では、けん玉やこま回し、学生たちが企画した似顔絵作りや紙飛行機作りなどを一緒に楽しんだ。体育館では、全員で「大きな古時計」の歌や「花笠音頭」の踊りを披露し、カードの絵を参考に仲間を見つけるゲームも行った。

 

静岡)黒船祭始まる ペリーの子孫も来日:朝日新聞デジタル

2017年5月20日
 幕末の開国時代をしのぶ下田市の黒船祭が19日、開幕した。戦前から続く下田最大の祭りで、今年が78回目。黒船艦隊の司令長官ペリーの6代目と7代目の子孫も訪れ、市民らと交流を深めた。
 来日したのは、6代目の子孫、ルイス・ホワン・ヒズロットさん(75)と7代目のキャロライン・ニコルスさん(48)。ペリーの子孫が黒船祭の行事に参加するのは12年ぶりだという。
 2人は下田港に面したペリー上陸記念公園であった献花式に出席、ペリーの胸像に花を捧げた。キャロラインさんは「日本ではペリーの来航がこれほど大きなことと捉えられ、いまだにたたえられていることを初めて知った」と感慨深げ。ルイスさんは20日にある下田条約調印の再現劇に出演予定で「いい写真を撮ってもらって家族に見せたい」と話した。

 

小生のバカ負けである。

野球なら3回コールド、ボクシングなら1R1分30秒タオル投入だ。

 

最初は、ナニがそんなにアレなのか?、を批評しようと思った。

しかし、3行書いた時点で止めた。

説明すること自体が、野暮な気がしたのだ。説明なんか要らないのだ。

  

「ペリー提督も、両国の関係がここまで素晴らしいものになるとは思っていなかったのではないか。」

 

そりゃ、市長さんのおっしゃる通りだ。

こんなことになるなんて、提督閣下は夢にも思っていなかっただろう。

 

提督の子孫・ルイスさんもキャロラインも、ウィンズロップ市長も、気が遠くなるような「太平洋の広さ」を実感しただろう。

まあ、最初は、壮大な仕掛けのドッキリだと疑ったかもしれないが。

この広い海の向こう側にはとんでもない人々が住んでいたのだ。現実は、スターウォーズより、ハリー・ポッターより、センス・オブ・ワンダーなのだ。

 

確かに琉球人にもこういう気質はある。

その点は、日本人と琉球人にも近しい部分はあるのだろう。

しかし、いくら呑気な琉球人でも、ここまであからさまで、負い目も何もなく、マジで、ウソのない本心から、こんなバケツの底が抜けたような、ある意味爽快ですらあるスタンスは、なかなか取れない。

 

黒船祭りにニコニコ参加した人たちが、同時に、矛盾なく、吉田松陰を幕末の偉人として讃えたりするのである。

そして、8月15日に靖国神社に参拝するような人たちが、このニュースに何のリアクションも取らないのである。 

三島由紀夫石原莞爾が、この光景を見ることなく、すでに泉下に安んじているのは、せめてもの、神仏の慈悲であろう。

 

これが日本人の恐ろしさであり、こんな民族に、韓国人如きが勝てるわけがない。

もしも韓国語に堪能な人がいらっしゃれば、このニュースこそ、(かなり難しい注文だが)日本の幕末と大東亜戦争の歴史背景を含めて、広く韓国人に伝えて欲しい。

 

これは、冗談でも何でもなく、マジの話だ。

 

是非とも、韓国人には、

ペリー提督と江戸幕府の関係を、

伊藤博文李氏朝鮮の関係に、

スライドして考えてもらいたい。

 

そうすれば、伊豆下田の日本人のやってる祭りのあまりの恐ろしさに、肝が冷えるはずである。ご自慢の国民情緒なんて軽く吹っ飛ぶだろう。

 

これこそが、韓国人の知らない日本なのである。韓国人はケンカを売ってる相手の真の恐ろしさが何も判ってないのだ。まあ半島の人々にこの信じ難い「現実」を呑み込むのはかなり難しいとは思うが。

   

琉球人は最初からリングに上がらない。体重測定の段階で、タオル投入である。

  

外圧ネオリベ(橋下日米安保←憲法9条GHQ東京裁判ポツダム←ハルノート←ペリー黒船)VS攘夷右翼&反戦左翼。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

李舜臣の亀甲船VS織田信長の鉄甲船VSペリーの黒船~そんなもんが動いたら大東亜戦争もなかった。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

親米戦前派VS親米戦後派VS反米戦前派VS反米戦後派~憲法改正、安全保障は「4つ巴」の戦い。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「南京事件=東京裁判=アメリカ」~アパホテルも、安倍首相も、トランプに対して「東京裁判無効宣言」! - 在日琉球人の王政復古日記