在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

日活マイト・ガイ小林旭「渡り鳥」~元妻は美空ひばり、仲人は山口組三代目(笑)~西部邁&60年安保と同級生。

浜田雅功が「恐かった」芸能人は?本番中にフリスク注意も「いいじゃねえか」/芸能/デイリースポーツ online

2018.01.25.
 三宅アナから「恐い人とかは?」と聞かれると「普段、バラエティーに来てくれる人の中には恐い人もたまにはいます」と語ったが、三宅アナが具体名を聞くと「小林旭とか…」とポロリ。「めっちゃ恐かった。本番中にフリスクとか食べ出して。『本番中ですが』と言ったら『いいじゃねえか』と一言、言われて『あ、どうぞ』って」とあまりの迫力に、本番中のフリスクも許してしまったと苦笑いで明かしていた。

 


ギターを持った渡り鳥

 

そりゃ怖いわなあ。

というか、あっちが怖いもの知らずだわな。マイト・ガイだもの。

 

ここら辺は想像もつかないんだが、平成生まれの人にとって、「小林旭」が、どんな人なのか「わかる」んだろうか?

 

最近はテレビもあんまり出てないし、歌で売れたのもかなり昔だし。

元は映画俳優。おそらくヤクザ映画好きのバイブル・東映仁義なき戦い」が一番有名かもしれない。

東映なら、知名度は格段に落ちるが、在日朝鮮人ヤクザを描いた「日本暴力列島京阪神殺しの軍団」も良かった。

 

明友会「実録外伝大阪電撃作戦」VS柳川組「日本暴力列島京阪神殺しの軍団」~「在日VS部落」なんてウソ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

でもアキラは東映ではないのだ。

 

やはり日活が(実質的に)潰れたのが、大きいか。

ロマンポルノすら遠い過去だから。

東宝は一人勝ち状態だし、「寅さん」や「必殺」の松竹も、「相棒」の東映も、皆さんだって名前はご存知だ。

同じように、昔、「日活」という映画会社があった。

西部警察」「太陽にほえろ」の石原裕次郎が金看板のトップスタア。

アキラは裕次郎に続くナンバー2。主役を張れるスタアだった。

その下が、娘さんがアナウンサー高橋真麻桃太郎侍高橋英樹。今は、時代劇のイメージ、テレビのおチャメなキャラだが、昔は、青春モノそして日活任侠映画のエースだったのだ。

同じく、日活最後の主役・西部警察の渡哲也、となる。

顔はイケメンだったが、歌が下手だった(笑)、和製ジェームス・ディーン(うわ、ジェームス・ディーンの説明が必要かw)赤木圭一郎

特捜最前線二谷英明、エースの錠・宍戸錠、横浜ホンキートンクブルースの藤竜也(うーん、平成の皆さんへの説明が難しい)も日活である。

女優なら、

日活青春映画の聖女・今や東映のゴミ映画量産マシーン(笑)吉永小百合

松竹「男はつらいよ」で寅さんマドンナ・人気ナンバー1の浅丘ルリ子

鬼平の女密偵役、タランティーノ監督の青春のマドンナ「女囚さそり」「修羅雪姫」の梶芽衣子

上のyoutubeで最後に踊ってる白木マリは、平成の皆さんでも知ってる作品なら、必殺仕事人中村主水の奥さんである。日活時代はビキニで踊る「お色気」担当だったのである。あんなメリハリのない寸胴ボディーでも(笑)、当時なら十分グラマーで通用したのだ。

 

平成の皆さんも「美空ひばり」という名前は知ってるだろう。

平成の歌姫が安室奈美恵なら、昭和は美空ひばりである。

いや安室なんて比較にならない。

昭和にも歌手は山ほどいたが、ひばりこそトップ・オブ・トップ。

例えば、誰でもいい、あなたがパッと思いつく、和服を着て歌ってそうなベテラン演歌歌手は、おそらく一人残らず全員、彼女より格下である。

ひばりがスタジオに来たら、みんな直立不動で挨拶。まさに昭和の女帝。

 

アキラは、その女帝のダンナだった人だ。

しかも実質的な仲人は、日本の首領・山口組三代目田岡組長である(笑)。

日本で一番怖い(笑)三代目と直に付き合いがあったんだから、ダウンタウンなんか、屁とも思ってないはずである。

 

私は根っからの東映ボンクラ小僧だから、日活は守備範囲外なんだが、日活映画なら、裕次郎より、アキラ派だった。

何と言っても日活の稼ぎ頭。

映画は数知れないが、一番有名なのは、やはり「渡り鳥シリーズ」である。

 


小林旭/ギターを持った渡り鳥(音源CD)

 

日活映画「渡り鳥」シリーズ

原型「南国土佐を後にして」(1959年)
#1「ギターを持った渡り鳥」(1959年)
#2「口笛が流れる港町」(1960年)
#3「渡り鳥いつまた帰る」(1960年)
#4「赤い夕陽の渡り鳥」(1960年)
#5「大草原の渡り鳥」(1960年)
#6「波濤を越える渡り鳥」(1961年)
#7「大海原を行く渡り鳥」(1961年)
#8「渡り鳥北へ帰る」(1962年)
番外「渡り鳥故郷へ帰る」(1962年) 

 

※追記 うっかりしていた。

小林旭 1938年生。
西部邁 1939年生。

奇遇にも、同世代である。そして「戦った青春の日々」も全く同じだ。

渡り鳥シリーズ 1960年。
全学連安保闘争 1960年。

アキラの「渡り鳥」と、ススムの「安保」は、時代的に完全に重なる。

しかし「渡り鳥」を見ても、学生運動新左翼思想の影は全く見えない。

日活無国籍アクションには、若者は出てきても、大学生は出てこない。

「渡り鳥」は、そして裕次郎も、日活映画は、若者向け映画なのだが、学生運動しそうな大学生向けの映画ではないのだ。

全学連全共闘の大学生たちは、鶴田浩二高倉健東映任侠映画に熱狂した。

日活無国籍アクションに熱狂したのは、大学に行けなかった、高卒中卒で都会に出てきて、大企業に入社できず、小企業のブルーカラー女工、個人商店の丁稚さんや店員になった「金の卵」たちだ。

彼ら彼女らこそ当時の創価学会のターゲットであった都会の若い弱者だ。ゆえに、当時の創価学会員は、東映若大将ではなく、東映仁侠映画ではなく、日活の裕次郎やアキラに熱狂したのではないか?という「仮説」を持っている。

 

日活映画石原裕次郎列伝~一輪の花・芦川いづみVS大輪の華・浅丘ルリ子~昔の創価学会員って日活が好きだったんじゃないかな? - 在日琉球人の王政復古日記

  

1本当たれば、すぐに続編を作るのが当時の映画界である。

公開年を見ていただきたい。10本の映画だがたった4年の間に作っている。1960年なんて年4本である。

しかも、アキラは「渡り鳥シリーズ」に専念してたわけじゃない。同じ年に他の映画を何本も主演している。年1どころか月1ペースで主演映画を作っていたのだ。平成のテレビドラなんか比較にならないハイペース&ハードワークだった。

  

脚本も粗製濫造だ。それがよく判るのが、2作目の「口笛が流れる港町」という題名。題名だけだとなんだか港町が舞台だと思うかもしれないが、舞台は内陸の地方都市で、港なんて最初にちょっとしか出てこない。

つまり次回作を発表した時点では、決定事項は小林旭主演だけで、脚本もできてなく、どんな映画にするか、ロケ地はどこか、何も決まってなかったのだろう。

 

atg「祭りの準備」(1975年)原田芳雄VS日活「南国土佐を後にして」(1959年)小林旭、ペギー葉山。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

渡り鳥シリーズは「正体不明の流れ者が、とある地方にやってきて、女を助けて、悪党どもを倒して、淡い慕情を残しながら去っていく」というプロットである。毎回同じだ。

 

西部劇「シェーン」と同じだ。

といっても、平成の皆さんには「シェーン」の説明、いや、そもそも西部劇の説明からしないといけないのか(笑)。

 

時代劇なら水戸黄門も実は同じだし、

股旅物、たとえば「木枯し紋次郎」も同じだ。なにしろ「渡り鳥」なのだ。

 

最近の映画なら「マッドマックス怒りのデス・ロード」、ライアン・ゴズリング「ドライヴ」も同じである。

これらも「正体不明の流れ者が、とある地方にやってきて、女を助けて、悪党どもを倒して、淡い慕情を残しながら去っていく」映画なのだ。

 

ライアン・ゴズリング=日活無国籍アクション~ラ・ラ・ランド=東京流れ者(渡哲也/鈴木清順)~ドライヴ=ギターを持った渡り鳥(小林旭) - 在日琉球人の王政復古日記

 

女にうといボンクラ野郎+荒ぶるフェミニスト、奇跡のジェンダー・コラボレーション~映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」~ニュークス&ケイパブルの「キス」。マックス&フュリオサの「授乳」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

何本も何本も作ればマンネリになる。いや、水戸黄門的マンネリの心地良さ、を狙ってる映画なのだが、それでも変化は欲しい。

でも主演もプロットも変えられないから舞台を変える。日本各地を巡るのだ。

 

「主役は固定で、プロットも同じで、舞台だけが変わる」

そういう意味では、
日活・小林旭「渡り鳥」シリーズは、
松竹・渥美清男はつらいよ」シリーズ、
東宝森繁久彌「社長」シリーズ「駅前」シリーズ、
東映菅原文太「トラック野郎」シリーズ、
とも同じなのだ。

 

ラブゲーム東宝「森繁久彌社長、加山雄三若大将、植木等無責任」VS純愛松竹「渥美清寅さん」VS売春東映「菅原文太トラック野郎」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ただし、違いはある。

男はつらいよ」「社長」「駅前」「トラック野郎」は、

流れ者の男(主人公)の方から、ご当地の女(マドンナ)に惚れて、悪戦苦闘して、結局フラれる、という流れだが、

「渡り鳥」は、

ご当地の女(マドンナ)の方から、流れ者の男(主人公)に惚れて、主人公もその気があるくせに、何も言わずに去っていく、という流れだ。

男はつらいよ」「社長」「駅前」「トラック野郎」は、男が三枚目のコメディなのだが、

「渡り鳥」は、男が二枚目のラブロマンスなのだ。

  

マイトガイ(ダイナマイトみたいな男)・アキラが、女にフラれるわけがない。

 

「マドンナの方から主人公に惚れる」映画は、東宝にもある。

加山雄三の「若大将」シリーズだ。

アキラの渡り鳥と、加山の若大将は、共にギター片手に恋を唄うところも、共通点である。

 

《親米保守映画列伝》東宝「若大将」シリーズの10年戦争(その1)~身分違いの恋だから。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《親米保守映画列伝》東宝「若大将」シリーズの10年戦争(その2)~加山雄三VS渥美清&高倉健~太平洋戦争再び - 在日琉球人の王政復古日記

 

《親米保守映画列伝》東宝「若大将」シリーズの10年戦争(その3)~加山雄三VS樺美智子~雪山賛歌/雪山惨禍 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《親米保守映画列伝》東宝「若大将」シリーズの10年戦争(その4)~ブルジョアVS花嫁修業VS夜の蝶VS中卒勤労者。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

 田中邦衛1960年代映画地獄巡礼~東宝「若大将」VSフジテレビ俳優座「若者たち」VS東映「網走番外地」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

あと、「男はつらいよ」なんかは、日本各地の風情を比較的正しく撮影してるが、「渡り鳥」に出て来る日本各地はかなり荒唐無稽である。

日本国中どこに行っても、バンドマンが生演奏で、ウィスキーを呑むような、銀座みたいな豪華なキャバレーが出て来る。日活映画は洋酒が定番。日本酒だの焼酎だのは出てこない。そして全員標準語。ご当地の人が「ここはどこ?」と言い出しそうな映画である(笑)。

ゆえに、日活映画は「無国籍アクション」と呼ばれた。

 

舞台はどこでもいいし、設定は雑でいいし、考証もいい加減でいいし、脚本もコピペで十分だし、なにより予算もあんまりかからないし、なにも映画とは言わない、テレビかネットのドラマでイイから、平成のイケメン俳優で「渡り鳥」をリメイクしたら、女性ファンも喜ぶと思うだが、ジャニーズあたりで企画してくれないだろうか?