在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

ボンカレー50周年~松山容子・松竹「めくらのお市」VS安田(大楠)道代・大映「女左膳濡れ燕片手斬り」

http://retro-kanban.com/otsuka/bon.jpg

 

ボンカレー50周年の到達点! 元祖の味をアップデートした新商品を実食 - Excite Bit コネタ(1/2)

2018年2月11日
誰もが知っているレトルトカレーの元祖『ボンカレー』が今年の2月12日で発売50周年を迎える。
1968年に世界初の市販用レトルト食品として発売され、この50年間で累積約30億食という驚異の販売実績を達成。時代を超えて愛される永遠のロングセラー商品だ。
(略)
往年の名女優、松山容子が微笑む懐かしのデザインを復刻。マニア的にはこれだけでジャケ買い(パケ買い?)必至である。

 

 

ボンカレーそのものには、失礼ながら、あんまり思い入れは無いんだが、あの有名なボンカレーのアイコンとなった女優・松山容子となると黙ってられない(笑)。

 

平成の皆さんには、「人気絶頂→結婚→(半)引退」ということで、

昭和版「堀北真希だと思えば判りやすい(のか?)。

 

正直言うと、世代的にズレていて、それほど詳しくない(汗)。

テレビや映画の時代劇で活躍した女優さんだったが、松竹なのに、時代劇女優の中では、東映美空ひばりと双璧だった、と言われるくらい、殺陣(チャンバラ)の才能があったらしい。お嬢と互角、となれば、相当なもんである。

 

作品はイロイロある中で、個人的には、やはり、これである。

 

http://livedoor.blogimg.jp/n_tko/imgs/d/5/d56745c6-s.jpg

 

題名からして放送禁止(笑)。BSでも放映は無理だろう。

中身もライバルの大映勝新の「座頭市」の丸パクリ。

1969年。当時は日本映画も下り坂、試行錯誤が続いていた時期。

追い詰められたら、お上品な松竹だって何でもアリだ(笑)。

しかし評判が良かったらしく(というか、他に当たった作品が無かったのか)、2年で立て続けに4本もシリーズを撮っている。

 

上のポスターには、故・松方弘樹のお父さん、昭和の宮本武蔵(笑)、日本最強の剣劇スタア・近衛十四郎先生も載ってる。東映なのに松竹に客演したようだ。

邦画暗黒時代、ライバル会社の作品には出さないという5社協定も崩壊していた。

 

シリーズ全作は観てないんだが、確かに松山容子は素晴らしい。

素晴らしいのだが、どうも、映画の最中、松山容子の立ち振る舞いがとても「盲目の女性」には見えない(ややこしい)。

勝新座頭市は盲目を表現するために「白目」をむいていたが、美人女優に「白目」をむかせるわけにはいかず、目を閉じっぱなしも美人の価値半減で、目を開けて瞳を動かさない設定になってるんだが、どうも目が見えてるようにしか見えない(ややこしい)。

まあ、松山容子の美しさに免じて、目をつぶろう(ややこしい)。

 

しかし、これだけのスタア性を持ちながら引退なんて、もったいない話だ。

まだまだ活躍できた人だったと思う。

 

ドル箱「座頭市」をパクられた大映も、松竹を悪く言えない。

大映大映で、同じ1969年に、無茶苦茶な企画を通している。

 

https://stat.ameba.jp/user_images/20120116/21/kazegayonnderu/e2/4f/j/o0200029311738962902.jpg

 

大映「女左膳濡れ燕片手斬り」。こっちは丹下左膳の女性版である。

ほどなく倒産する大映最後の悪あがき(笑)の1本。

 

座頭市」なら、まだ単語だけで判ってもらえそうだが、

昭和なら誰でも知ってた「丹下左膳」も、もう平成の皆さんには、聞いたこともない、になりそうだ。

隻眼隻手、つまり、片目片腕の素浪人。座頭市に匹敵するハンデキャッパーである。

主演の安田(大楠)道代は、私の大好物・江波杏子「女賭博師」シリーズ、勝新兵隊やくざ」「悪名」でもワキを固めていた大好きな女優さん。

女性で隻眼隻手だと、暗い映画か、グロい映画になりそうだが、安田道代という女優さんは、可愛いというかファニーというかコケティッシュというか、明るい色気があって、丹下左膳を演じても陰惨にならないところが素晴らしい。

 

こういう無茶苦茶な時代劇が、また見たいものだ。

殺陣なんかヘタでいいから、AKBとかのアイドルさん主演で、BSワクで、こういうのやってもらえないだろうか。

 

追悼★昇り竜のお銀姐さん #江波杏子 #女賭博師 大映1966 VS #藤純子 #緋牡丹博徒 東映1968~atg津軽じょんがら節1975 - 在日琉球人の王政復古日記