在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

表現の自由(笑) #RADWIMPS #HINOMARU #夏目雄大 #万引き家族 #是枝裕和 #尾田栄一郎 #ワンピース #ONEPIECE 横井庄一 小野田寛郎

表現者・音楽家RADWIMPSの芸術作品「HINOMARU」を「軍歌」だ「右翼」だと批判した人。

表現者・音楽家RADWIMPSの芸術作品「HINOMARU」を「日本を愛して何が悪い!」「表現の自由だ!」と擁護した人。

 

どっちも、 

表現者・漫画家・尾田栄一郎の芸術作品「ワンピース」における、横井庄一氏、小野田寛郎氏の描写は、表現の自由なのか?、許されない表現なのか?、どう評価するんですか?

 

「どっちでも」いいけど、「どっちかに」してくださいよ(笑)。

【自分の好き嫌い】で、理屈をコロコロ変えるのは勘弁してください。

  

右翼の表現は、左翼にとって不快だ。

左翼の表現は、右翼にとって不快だ。

でも、右翼・左翼・両方の表現の自由を守るのが、表現の自由だ。 

どれだけ、他人を不快にさせようが、表現の自由表現の自由だ。

じゃあ、表現の自由にも限界が、あるのか?、ないのか?

 

平成30年日米歌合戦~ #RADWIMPS #HINOMARU VS #ChildishGambino #ThisIsAmerica ~真の愛国心とは何か? - 在日琉球人の王政復古日記

 

昭和平成歌合戦~ RADWIMPS HINOMARU / 東京イズバーニング / STOP JAP / FUCK YOU音頭 ~表現の自由(笑) - 在日琉球人の王政復古日記

 

あと、表現者・映画監督・是枝裕和の芸術作品「万引き家族」も、表現の自由の理屈は統一していただきたい。

 

#万引き家族 VS高須克弥院長~犯罪者が主人公、ルパン三世、男はつらいよ、仁義なき戦い、砂の器は反日国辱映画。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#万引き家族 は「誰か1人に向けて作っている」(是枝裕和)~目黒区虐待死船戸結愛ちゃんに特等席を~カラマーゾフの兄弟。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

彼は、右翼でも左翼でもないが、

表現者・俳優・夏目雄大さんのtwitter「ブスに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」だって、人倫に反しているけど(笑)、「表現の自由」ですがな。

 

そもそも皆さんだって「美人」と「ブス」を露骨に差別してるじゃん(笑)。

ただ、「そう生れた」というだけの偶然で、

美女はアイドルになり、女優となり、お金持ちと結婚する。

醜女は恋愛にも苦労する。

この露骨な差別は、人間が美しいものを愛する感情の裏返しだ。

例えば、黒人差別や障碍者差別は、美徳だとされたわけじゃない。 

しかし、美醜差別は、悪徳ではなく、正反対に美徳とすらされてきた。

これほど残酷な差別はない。 

  

美醜という残酷~ドS政治学者 #三浦瑠麗 「 #立憲民主党 は #リベラル の敗北を総括しないの?」 #朝生 - 在日琉球人の王政復古日記

残酷な話である。人間は、美しさを認識する。つまりは醜さも認識する。

 

政治は、善・悪を問い、真・偽を問う。

しかし、政治で、美・醜は語れない。

語れないが、美・醜は厳然として存在し、われわれは、そのモノサシで人間を差別する。

美・醜は、現実として、人間の関係=政治を動かしている。

しかし、政治は、美・醜を語れない。

 

いや、昔の政治は、美・醜も語っていた。

支那孔子は美・醜を積極的に語っている。

しかし、ヨーロッパではマキャベリの登場で、政治は美・醜を語れなくなってしまう。

アジアでも、朱子学までは美・醜を語れたが、日本の荻生徂徠が政治から美・醜を排除した。

近代とは、政治と、美・醜を、相互不干渉に別居させた時代でもある。 

 

「ブスに人権はない」、、、人権思想が絶対的真理だという根拠はどこにあるの?単なる妄想じゃないの?

西部邁をはじめとしてマトモな保守思想家は人権思想を批判してたじゃないか。

今や、マトモな保守は、ほぼ死滅してしまったが(←表現の自由)。

 

そして、夏目雄大さんは、実際に妊婦に危害を加えたわけじゃなく、表現しただけだ。「表現の自由」はどこへ行ったのか?

 

HINOMARU「たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」がOK、

ワンピース「唐揚げ」「横井正一」がOK、なら、 

「ブスに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」もOK、

じゃないの?

 

少なくとも、自民党今井絵理子議員(元SPEED)は、

HINOMARU」を「表現の自由」として擁護したんだから、

尾田栄一郎さんの「表現の自由」も、夏目雄大さんの「表現の自由」も、

【政治家として】【国会議員として】守ってくれるものと信じてます。

 

今井絵理子氏「HINOMARU」騒動に複雑な心境 - 芸能 : 日刊スポーツ

2018年6月12日
 元SPEEDで自民党今井絵理子参院議員(34)が、ロックバンドRADWIMPSのボーカルの野田洋次郎が物議を醸していた新曲「HINOMARU」の歌詞内容について謝罪したことを受け、「受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪までさせてしまう今の社会の風潮には賛成することができません」と自身の考えを述べた。
 同楽曲は6日にリリースされ、「この身体に流れゆくは 気高きこの御国のみ霊」「さぁいざゆかん 日出づる国の御名の下に」などといった歌詞やタイトルから「愛国ソング」としてネット上で話題になっていた。
 野田は発売日にインスタグラムで「日本に生まれた人間として、いつかちゃんと歌にしたいと思っていました。世界の中で、日本は自分たちの国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます。歴史的、政治的な背景もあるのかもしれません。いろんな人がいて、いろんな考え方があります。誰の意思や考え方も排除したくありません。僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」との思いをつづっていたが、ネット上では賛否を呼んだ。
 野田は11日、ツイッターで英語と日本語での謝罪文を投稿し、「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です」と真意を説明。歌詞の表現についても「僕はいろんな曲で古語を使うので自然な流れでした」とした上で、「いろんな人の意見を聞いていてなるほど、そういうふうに戦時中のことと結びつけて考える可能性があるかとふに落ちる部分もありました」とし、「傷ついた人たち、すみませんでした」と謝罪した。
 今井は12日、ブログを更新。野田が謝罪したことに「とても複雑な心境です。野田洋次郎という1人の作家の想いや考えをストレートに偽りなく歌詞につづり、音を奏でることはいけないことでしょうか」と疑問を投げ掛け、「もちろん、受け手の解釈も自由であり、それをSNSで表現することも自由です。しかし、それは『表現』という言葉こそ同じかもしれませんがアーティストのそれとは全く意味の異なるものです。受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪までさせてしまう今の社会の風潮には賛成することができません」とネット世論を批判した。

 

尾田栄一郎氏、「ONE PIECE」表紙カバーで横井庄一氏をネタにし炎上 「故人をいじって馬鹿に」「冗談でも絶対に書けない」|BIGLOBEニュース

2018/6月13日(水)
ONE PIECE」の表紙カバーに載せた尾田栄一郎氏のコメントが、故・横井庄一氏を笑いのネタにし不謹慎だとする批判が殺到し、炎上状態となっている。
ONE PIECE」89巻の表紙カバーの折り返し部分には、軍服姿の男性が敬礼する肖像に、作者のコメントが添えられている。尾田氏は、食卓でよくある出来事として、大皿に盛られたから揚げが最後に一つ残りがちであると紹介。この状態のから揚げを「横井軍曹」と命名した。「横井軍曹残ってるよ!誰か戦争を終わらせて!」のように用いると説明している。
この尾田氏のコメントが、太平洋戦争終結から28年目に発見された残留日本兵である横井氏の壮絶な体験を、侮辱しているとの批判がAmazonレビューなどに殺到。夢・冒険・友情などを描く「ONE PIECE」のテーマに反するという指摘や疑問の声が多数寄せられている。
「ワンピースというマンガは、戦争が終わったことを知らず28年間もジャングルで過ごした人をばかにするようなマンガだっただろうか」
「今までさんざん仲間や正義、弱者に対する優しさといった事をテーマに扱ってきた作品のはずなのに、なんでこんなコメントが出てくるんでしょうか」
「お前はどれだけ横井庄一さんのことを知ってるんだ。知ってたらこんなこと冗談でも絶対に書けない
「不愉快極まりない。そして、悲しい。国のために戦った先人を蔑む尾田は、そんなに偉いのか?」
「この作者コメントを読んで横井さんを知らない大勢の子供達が『横井軍曹ww横井軍曹っw』と大笑いするようになるのが、作者の希望なのでしょうか」
「故人をいじって馬鹿にして…実に不愉快。いい大人がこんな事を書いてて、恥ずかしくないのか?」
「ブラックジョークのように、私たちの為に戦地で戦い、戦争の終わりも知らずにジャングルで耐え忍び生き続けた横井さんの事を言うのはいかがなものでしょうか?」
「担当者の方はチェックされないのでしょうか?」
「カバーだけ刷り直してもらえませんか?差し替えたいです。あのコメントを見た後に読んだせいか、なんとなく本編の絵も汚く(雑に)見えてくる」
「ワンピース凄い好きだったのに一気に読む気無くなった」
一方では、「本当にワンピースの内容がすきなら作者コメントだけで嫌いにならないし叩きたいだけ」「こんな時だけ愛国者になる人もいれば真剣に憤りを覚える人も、この程度でそんな過剰に反応するの?面倒くさ笑 って意見も。私は後者の意見」といった作者と作品とは切り離すべきといったコメントも。なお、掲載の肖像については、横井氏ではなく別人のものではないかとの指摘もあがっている。

 

RAD野田「HINOMARU」歌詞について謝罪 「軍歌だという意図は1ミリもない」(2018年6月11日) - エキサイトニュース

2018年6月11日
RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が話題になっている件について6月11日、ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんが自身のTwitterでコメントを発表した。「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」などと謝罪している。
HINOMARU」は6日に発売したニューシングル『カタルシスト』に収録されているカップリングソング。<風にたなびくあの旗に/古(いにしえ)よりはためく旗に>というフレーズから始まる同楽曲は、<この身体に流れゆくは/気高きこの御国の御霊>や、<さぁいざゆかん/日出づる国の/御名の下に>といった、愛国心を思わせるフレーズがちりばめられている。
この歌詞に対して、ネット上では「愛国歌と同じセンスで少しゾッとした」「国に誇りを持つということの難しさについて、ちょっとあぶないぞと思った」といった声や、「フジテレビのW杯サッカーのテーマ曲だから普通に日本を背負って試合に向けての闘志みたいな意味じゃないの?」「RADらしくないってなんだよ、RADが作ったんだからRADなんだよ」などさまざま意見が飛び交っていた。
そんななか、きょう6月11日に野田さんがTwitterを更新。英語と日本語で、「HINOMARU」の歌詞が話題になっていることについて、自身の思いを綴った。

以下、全文を掲載する。

(略)

戦争が嫌いです。暴力が嫌いです。どんな国のどんな人種の人たちとも、手を取り合いたいです。
終戦記念日やその他の歴史的な事柄を語る時、アジア各国でライブをする度、僕はなるべく自分のメッセージを伝えてきたつもりです。
時代に逆行するのではなく、前進しようと。二度と繰り返してはいけないと。
HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。
ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません。
そのような具体的な歌詞も含まれてません。この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。
日本の歌を歌う上で歴史の上に成り立っているこの今の僕ら、その想いものせたかったので古語的な日本語を用いたのも一つの要因かもしれません。僕は色んな曲で古語を使うので自然な流れでした。
色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした。これが僕の気持ちです。一つの嘘もありません。これからのキャリアや行動でもそうであることを証明していくつもりです。
どうか、皆さんに伝わりますように。
この先も、僕なりに自分のメッセージを伝えていきます。音楽で、活動で、この世界のプラスになるエネルギーとなれるように頑張ります。

  

「ブスに人権はない」発言などで解雇の夏目雄大謝罪 - 芸能 : 日刊スポーツ

2018年6月12日

 女性蔑視など不適切な発言で事務所を解雇されたモデルで俳優夏目雄大(21)が、一連の騒動について謝罪した。
 夏目は11日、ツイッターを更新。「このたびは、私の一連の騒動に関連して、皆様に深い傷や大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまったことについて、ご報告と謝罪をさせていただきたく存じます。現在、事務所を離れており、皆様に情報を発信する適切な媒体がないため、Twitter上でのご報告と謝罪となりますこと、おわび申し上げます」として、代理人弁護士と連名での謝罪文を掲載した。
 夏目は過去にツイッターで「ブスに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」などと投稿。こうしたツイートが最近になってネット上で炎上騒ぎとなり、5月18日に所属事務所から契約を解除された。
 夏目は「今回公になった投稿は、大半が紛れもなく当時学生だった私が発信した投稿です」と認めた上で、「芸能界に入り、私なりに誠心誠意、芸能活動に従事して参りましたが、多くの大切なファンの皆様、関係者の方々を失望させ、ご期待ご信頼を裏切る形となり、いくら悔やんでも悔やみきれません。本当に申し訳なく感じております」と反省。「今回の皆様の批判については真摯(しんし)に受け止め、皆様の信頼を取り戻せるよう一生懸命努力していく所存です。改めまして、今回の一連の騒動につきまして、心より謝罪させていただきます。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。
 また代理人弁護士は「事実関係を確認したところ、当時16歳であった夏目が、仲間内での冗談・悪ふざけにより、一連の投稿を行っていたことが確認できました。ファンの皆様にとって不快に感じる不適切な内容を投稿したことについて、本人も深く反省しております」と説明。夏目の芸能活動謹慎を発表し、「皆様におかれましては、夏目の今後の成長を応援していただければ幸いに存じます。なお、現在、夏目に対する殺害予告等の表現も見受けられるため、行き過ぎた表現についてはお控え頂ますようお願いいたします」と呼びかけた。 

 

アイドルを目指すなら、彼氏とXXX写真は撮っちゃダメ。一生後悔する。ヘイトも同じ。二度目の人生を異世界で @mine_time2010 - 在日琉球人の王政復古日記

 

元寇蒙古襲来( #モンゴル #チンギスハン )から、近代的自由(小学館 #コロコロコミック チンコ落書き)を守れ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#コロコロコミック に言論の自由がないんだから #MXテレビ #ニュース女子 にも無い(笑)~沖縄は植民地ではない(爆笑)。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「笑い」は常に「弱者」の敵であり、民主主義は「笑い」の敵だ~動物や障害者を嬲り殺して楽しんできた人間の歴史。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

お笑い政治論争(1) #茂木健一郎 の腰砕け #松本人志 の脅迫~日本人はモンティ・パイソンで笑えるか? - 在日琉球人の王政復古日記

 

お笑い政治論争(2) #茂木健一郎 の欧米崇拝 #松本人志 の映画野球批評 #爆笑問題 のハッタリ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

お笑い政治論争(3) #ウーマンラッシュアワー は、皇室を、震災被災者を、パラリンピックを、笑えるか? - 在日琉球人の王政復古日記

 

お笑い政治論争(4)テレビOK #ウーマンラッシュアワー VSテレビNG #鳥肌実 - 在日琉球人の王政復古日記

 

お笑い政治論争(5) #ウーマンラッシュアワー VS日本語ラップの始祖川上音二郎、壮士節演歌師添田唖蝉坊。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

お笑い政治論争(6) #YellowFace オードリー・ヘプバーン「ティファニーで朝食を」(1961)VS #BlackFace 浜田雅功「ガキ使」(2017) - 在日琉球人の王政復古日記