在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

【ネタバレほぼ無し】 #カメラを止めるな! のライバルたち~ロッキー、サイタマノラッパー、レスラー(ミッキー・ローク)、浅草キッド。

夏になって、暑さと生活に、時間も、体力も、気力も、枯渇した(号泣)。

よって、書きたいことは山ほどあるのだが、ブログが止まっている。

 

良い映画を見た。

 

最初は東京限定だったが、今や、見ようと思えば、全国で見られる。

 

映画『カメラを止めるな!』劇場一覧

 

「新世代の三谷幸喜」とか言われてるが、それは三谷を誉め過ぎだ(笑)。

三谷の主戦場である舞台演劇は知らないが、こと映画に関しては、「カメラを止めるな」は、すでに三谷幸喜を完全に凌駕している。

 

「2018年ベストワン」という呼び声も高いが、それも過小評価である。

あんまり本数は見てないが、ここ数年、映画館で見た中では、

「映画館で見るべき映画」として、

シン・ゴジラ」(2016年)をアッサリ抜き去り、邦画1位。

 

今や、私の中では、

製作費12,200,000,000円の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)と、

製作費3,000,000円の「カメラを止めるな!」(2018年)、

どっちが映画として優れているのか?、をホンキで悩んでいる(笑)。

 

女にうといボンクラ野郎+荒ぶるフェミニスト=奇跡のジェンダー・コラボ映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」~ニュークス&ケイパブルの「キス」。マックス&フュリオサの「授乳」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

カメラを止めるな!」は、この「映画の奇跡」と互角の勝負である。

 


Mad Max: Fury Road (2015) - The chase begins (1/10) (slightly edited) [4K]

 

鼻の差でやっぱり「怒りのデスロード」か?、というのが現時点の結論。

「カメラを止めるな」はそのレベルの映画である。

 

イロイロ書きたいのだが、筆が動かない。

・・・と思ってる内に、スキャンダル勃発。

 

『カメラを止めるな!』はパクリだ!原作者が怒りの告発(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

 和田氏が怒りをぶつける。
「僕の舞台を原案というけど、僕は案を出したわけじゃなく、実際に舞台を作り上げて、何度も公演もして、上田監督はそれを観ているわけです。
 その脚本をもとに作られた『カメラを止めるな!』が、さも完全オリジナル脚本のように絶賛されているのは、クリエイターとして到底承服しかねますね。多くの元劇団員からも同じ声が上がっています。僕たちが納得して、映画が作られたと思われているのは心外です」

 

どういう結末になるのか知らないが、

そもそも「カメラを止めるな」(だけには限らず、全ての映画)は、過去の映画(やそれ以外の作品)が無ければ、生れていない。

よって 「カメラを止めるな」のパクリ元、じぇねえや、インスパイア元、いやいや、ライバルたちを、思いつくまま、挙げていく。

 

★「ロッキー」1976年。

 

映画の命は「テク」や「表面」ではない。重要なのは「魂」の部分だ。

 「カメラを止めるな」は、

三谷幸喜の「ラヂオの時間」に似ているのではない。

シルベスター・スタローンの「ロッキー」にソックリなのだ。

「ロッキー」とは「ヒザをつくな!」「リングを降りるな!」「タオルを投げるな!」という映画なのである。

 


荻昌弘 解説 "ロッキー1"

 

やるか、やらないか~映画「ロッキー」~国家の優劣・勝敗と、個人の優劣・勝敗は、全く別の話。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

★「SR サイタマノラッパー」2009年。

 

「カメラを止めるな」は最初が長回しワンカット。

SR サイタマノラッパー」はラストが長回しワンカット。

そして、映画の言いたいこともまったく同じだ。

青春の季節が過ぎ去り、夢を捨て地道に土方になるか?

居酒屋でバイトしながら、ヒップホップを続けるか?

 


SR サイタマノラッパー(予告編)

 

★「レスラー」2009年。

 

あらゆる意味で正反対。アンチ「カメラを止めるな」映画の代表作。

 

「カメラ」を止めなかった!からと言って、幸せになれるわけではない。

逆に、早いうちに「カメラ」を諦めた方が、マシな人生(特に金銭面)が送れる可能性は高い。

人生は、一度きりにして、残酷である。

「カメラを止めるな」の重要なエピソードにも、確実に「レスラー」からインスパイアされた部分がある。 

 


レスラー

 

★「浅草キッド」1986年。

 

映画を絶賛した漫才師の水道橋博士、ではない。ビートたけしの歌の方。

映画「火花」は観てないが、その主題歌こそ、もう一つの、まったく違う結末の「カメラを止めるな」である。

 


浅草キッド/菅田将暉✕桐谷健太

 

「カメラを止めるな」と、言葉は簡単だが、「カメラを回し続ける」人生は生半可ではない。

挑んだ人間の99%は、「カメラを止めるな」ではなく、「浅草キッド」で終わる。

 

★「さよなら人類」 1990年。

 

「カメラを止めるな」を見た後、このバンドを思い出した。

 


たま さよなら人類

 

運と実力に選ばれし残りの1%が「カメラを止めるな」に到達できる。しかし、それがゴールではない。スタートなのだ。

1%の中の、さらに99%は、「カメラを止めるな」の「次」を出せずにもがき苦しむ。

 

「たま」が登場した時、天才出現!と誰もが思った。彼らも「カメラを止めるな」には到達した。しかし、続かなかった。

読んではないが、この本も同じだろう。

 

一発屋芸人列伝

一発屋芸人列伝

 

 

「カメラを止めるな」を絶賛する人に、役者やお笑い芸人が多いのは、これが理由だろう。彼らの大半は、「カメラを止めるな」の《直前》と《直後》を、日々生きている。

 

「カメラを止めるな」に対する、最も感動した的確な批評はこれだった。

 

『カメラを止めるな!』、熱狂に役者陣も困惑「早く忘れなければ」 | ORICON NEWS

2018-08-10
(略)
大沢真一郎カメラを止めるな!』に出てた人だと、この後も言われるでしょうから。逆に大きすぎるハードルになっていますね。役者としては、なるべく早く忘れないといけないことだと思います。
(略) 

 

映画ではいい加減なプロデューサー役だったが(笑)、さすがに本人は「判っている」。部外者ながら安心した。

 

観客は、映画ファンは、いつまでもいつまでも「カメラを止めるな」の余韻に浸っていても構わない。 しかし、監督や役者は違う。

映画ファンにとって「カメラを止めるな」は一つの到達点=ゴールだが、

監督や役者にとって「カメラを止めるな」はゴールではない。通過点なのだ。

次の作品も「カメラを止めるな」にしなければ、この道で生きていけない。 

 

★「日本の夜と霧」1960年。

 

長回しという意味では、この映画も思い出した。

予算的理由ではなく、政治的理由(笑)で、公開までの時間がなく、ほとんど一発取りに近かったため、途中で明らかにセリフを噛んでる部分もあるのだが、そのまんま公開した。これも大島渚の「カメラを止めるな」なのだ。

政治的には正反対(笑)に行き着いた津川雅彦も出演している。

 


大島渚 『日本の夜と霧』 予告篇

 

★「祭りの準備」1975年。

 

どこが関係あるの?と思われそうだが、

この映画は「カメラを止めるな」《前夜》、「オレもカメラを回すぞ!止めないぞ!」と決断した青年の物語。

 


祭りの準備  予告篇

 

atg「祭りの準備」(1975年)原田芳雄VS日活「南国土佐を後にして」(1959年)小林旭、ペギー葉山。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ラストの原田芳雄の「バンザイ」は、日本映画史に残る名シーン。

「馬鹿なオレは自業自得で《人生のカメラ》を止めてしまった。

でも、オマエは《人生のカメラ》を回し続けろ!オレの分まで!」 

 

原田芳雄は、失敗するのが怖くて「カメラ」を手に取らなかった、「浅草キッド」にすらなれなかった、人生を勝負しなかった、その他大勢、つまり、そこのあなたと、この私、なのである。

 

「逃げた」われわれにできることは、オレは「カメラ」を止めない!と決断したチャレンジャーへの「バンザイ」しかないのだ。

 

#デカレンジャー VS #カメラを止めるな! ~デカブレイクが浅草キッドを選んだから、デカピンクと結婚できる。 - 在日琉球人の王政復古日記