在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

不敬産経、30歳眞子内親王殿下を「行かず後家」にするつもりか?~凡下国民に婿選びの権限があるのか?

近所の老舗料亭のご一家に、長女の結婚話が舞い込んだ。

ご本人はラブラブでノリノリだが、相手はロックだのヒップホップだの音楽をやってる金髪のフリーターだ。

ご両親が「将来は大丈夫なのか?」と不安を持つのは当然だろう。

 

そこに、突然、見ず知らずの連中がわらわらやって来て、「あの婿はダメ」「借金がある」「将来も見えない」「止めた方が良い」「由緒ある料亭のノレンに傷が付く」と意見を言い出した。

 

ご両親の第一声は決まってる。「あんたがた、どこの誰?」

「料亭を利用したこともないけれど、噂話好きの隣町の住人です」

ご両親の第二声も決まってる。「あんたがたに、何の関係があるの?」

「関係ないけど、噂話で聞いたんで、意見を言いに来ました」

ご両親の第三声「その噂話、確証があるの?」

「知らない人たちの立ち話で小耳に挟みました」

ご両親の第四声「立て込んでるんで、お引き取りください」

 

ご両親も大変である。 

 

論語 為政第二-4
子曰。吾十有五而志于學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲。不踰矩。
子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十して耳順う。七十にして心の欲する所に従いて、矩を踰えず。 

 

解釈が難しい文言も少なくない論語の中では、字面の上では解かりやすい1編である。世間にも知られた話だ。

しかし、この1編は変だ。

古代支那春秋時代という時代背景を勘案すれば、異様な言葉である。

 

当時の平均寿命は30歳くらいだろう。

七つまでは神のうち」と言われて、乳児幼児の死亡率が異常に高い。

もちろん、長生きする人もいた。孔子もその一人だが、それでも、当時の70歳となれば、現在の百歳を超えるだろう。

実際、あまりに長生き過ぎて、弟子の子路顔回、凡人だった息子の葬式を出す羽目になった。長幼の序を重んじた孔子が、息子の死に目を看取る逆縁に出会う。天命を知るとは残酷な話である。

孔子は「長人」と呼ばれるくらい異様な巨体の持ち主でもあった。知性と意志だけでなく、寿命も体格もバケモノだったようだ。

 

しかし一般人にとっては、当時だけでなく、20世紀まで、人生の終盤「四十にして惑わず」では、ハッキリ言って遅いのである。

孔子のこの言葉は、当時の人々にはどう受け取られていたのだろうか? 「この人はいったい何時まで生きるつもりか?本当にバケモノなのか?」と不気味がられた可能性もあると思う。

 

この著名な1編、下手したら、一般の解釈が間違っているのではないか?、人間の年齢の話ではなく、何か別の話なのではないか?、とも思えてくる。

 

「15歳で学問を志す」は適齢期に思えるが、昔なら遅い。江戸時代の高級武士の男の子なら論語素読が終わってる年齢だ。春秋時代の士大夫層なら遅いだろう。孔子は下級武人の私生児だった可能性が高く、教育環境に恵まれなかった。

「30歳で独り立ち」も遅い。昔なら子育ても後半戦である。

「40歳で惑わない」はウソだろう。意見は魯国政府に取り入れられず、不遇・不満を囲っていた。

「50歳で天命を知る」もウソか皮肉だ。政治に挫折し、亡命を余儀なくされ、愛弟子も実子も先立つ。

「60歳で異見も自然に受け入れる」は諦念だろう。オレの人生はオレの革命は失敗したのだ。

「70歳で自分と環境の調和がとれた」も諦念だ。もはや世を変える意志も潰えた。息子も弟子も去った。死期が見えた。

 

三十而立。30歳で独り立ちは、早いのではなく、遅いくらいなのだ。

 

小室さん交渉 国民の「納得」にハードル 会見で説明求める声も(1/2ページ) - 産経ニュース

2021.5.8
 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの婚約内定相手、小室圭さん(29)が先月、母親と元婚約者の男性との「金銭トラブル」に関する文書を公表したことで、結婚延期発表から3年超を経て、事態打開に向けた動きが緒に就いた。今後、解決金をめぐる交渉に入るとみられるが、天皇陛下秋篠宮さまが述べられた「多くの人」が「納得し喜んでくれる状況」につながるかは不透明のまま。宮内庁からは小室さんに会見を求める声も上がる。(橋本昌宗、緒方優子)
(略)
 ただ、秋篠宮さまは平成30年11月の記者会見で「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況」にならなければ、婚約の儀式は「できません」とご発言。陛下も今年2月、記者会見で、そうした状況になることを「願っております」と述べられた。一方、解決金に関する交渉が進むかは不透明な上、仮に進展しても、国民の「納得」につながるかは見通せていない。
 小室さんは今月、米国のロースクールを修了し、7月にニューヨーク州の弁護士資格試験を受ける予定という。ある宮内庁関係者は「小室さんが記者会見を開くなど自ら真摯(しんし)に説明する姿勢が、理解を得ることにつながっていくのではないか」と話す。
 眞子さまは10月に30歳の誕生日を迎えられる。 

 

令和の御代、女性も結婚年齢も上がった。

イスラム圏ではローティーンの児童婚もある、同じ惑星ではあるが、日本は30歳代の結婚なんて今や多数派だろう。

そうだとしても三十路である。子供を作るのならば、早いとは言えまい。

 

小室圭氏が気に入らない、というのなら、じゃあ、誰なら良いのか? 候補がいるのか? 反対派の国民は責任をもって代わりを用意できるのか?

そもそも、あなたに口出しする権利があるのか? あなたは皇族か? 

 

皇室でなくても、三十路女性の恋路を邪魔する権利があなたにあるのか?

よってたかって、行かず後家にするつもりか? 

 

畏れ多くも、未来の聖上の御姉君に対し奉り、僭上無礼の極みである。

内親王殿下の想い人に対して、公開苦言罵詈雑言。

左傾化した令和なら許されるのかもしれないが、戦前なら不敬である。

産経新聞は尊皇ではないのか? 

皇室の慶事に泥を塗る不敬行為のどこが尊皇なのか?

 

三十路女性の惚れた張れたに、親の許可すらいらないんだから、国民の許可など問題外である。

 

好きになって結ばれればいいし、不幸にもうまくいかなければ、別れればいいだけの話だ。そしてまた春が巡ってくればいいだけの簡単な話である。

新しい御相手が女性になる可能性も見越して、政府は同性婚の法改正を急げばいい。

 

大人同士の恋愛に、他人は、慶事にお祝いを述べ、不祥事は騒ぎ立てず見て見ぬ態度で黙っている。ただそれだけの当たり前の大人の振る舞いが、何故、できないのか? 

 

こんな不敬を働く新聞は異常だし、

そんな新聞が保守だの尊皇だの名乗るのも異常だし、

さらに、こんな不敬を知って、怒らない右翼も異常だ。

令和の御世に、もはや、尊皇の志は死に絶えたのか?

 

人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて何とやら~全ては #秋篠宮 #眞子内親王殿下 & #小室圭 氏御両人の御意思次第。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「日本の右傾化」なんてウソ。 #眞子内親王殿下 #小室圭 氏御慶事に借金返せ!税金使うな!と不敬大合唱の極左令和。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

明治神宮初詣客が浄財2円づつ奉納すれば、一発で解決~ #秋篠宮 #眞子内親王殿下 & #小室圭 氏御結婚。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#小室圭 氏4,000,000円VS日本1,100,000,000,000,000円~ #鬼滅の刃 #愛の不時着 で返済! #秋篠宮 #眞子内親王殿下 御結婚。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#皇室典範 には国籍条項も人種条項もない(笑)~もし #悠仁親王殿下 が、琉球女、韓国女、中国女を愛してしまったら? - 在日琉球人の王政復古日記

 

男系男子も、女系天皇も、皇室典範も、ぜんぶ不敬大逆。畏れ多くも皇位に口を出す凡下ども。皇位継承は大御心のみ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

女系天皇?女性宮家?旧宮家?全部不要(^^)!~男系男子皇位継承は人工授精&代理出産で無限増殖(^^)。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#今上陛下 →みかど/ #上皇 →いちのゐん(一院)/ #皇后 →中宮/ #上皇后 →半蔵門院/秋篠宮殿下→ひつぎ(皇嗣) - 在日琉球人の王政復古日記

 

「テンノウ、上皇、皇太子」は廃止!~「みかど(天皇)、ゐん(院)、ひつぎ(皇嗣)」でいこう! - 在日琉球人の王政復古日記

 

#高御座 VS #御帳台 ~ #フェミニズム な敬称 #皇后陛下 こそ #皇統断絶 と #女系天皇 へのステルス時限爆弾。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「愛国=戦争」VS「尊皇=反戦」~半永久的に戦争を背負わされ、反戦平和が義務化した皇室の「しんどさ」。 - 在日琉球人の王政復古日記

  

天皇陛下が「小和田姓を名乗る」と言い出したらどうする? #夫婦別姓 こそ #男系男子 。 #夫婦同姓 こそ #女系天皇 。 - 在日琉球人の王政復古日記