読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

ベッキー、ローラ、トリンドルになりたいのであって、支那やインドで生活したいわけではない

だろう、おそらく。

 

日本人女性、いや、アジア全般の、特に少女たちの、昔からある、普通の願望である。

 

10代女子の6割「外国人に生まれたかった」 「日本に絶望しているのか?」とネットで騒ぎに : J-CASTニュース

日本人の13歳から19歳の女の子に「外国人に生まれたかった?」と聞いたところ、約60%が「はい」と答えたというアンケート結果が出たとしてネットが騒然となっている。

これは日本の社会や教育の歪み、日本をおとしめるような報道やテレビ番組が原因だとして「日本に生まれたことの幸運を知らないのか?」「10代にとって日本は絶望の国」などといった意見がネット上に出るありさまになっている。 

 

「日本に生まれたことの幸運を知らないんだな」

大手人材広告企業の「マイナビ」が2016年3月16日に公表した「日本の善し悪しを日本人であるティーンに聞いた」というアンケート調査によれば、「外国人に生まれたかった?」という質問に対し「はい」が59.4%に達し、「いいえ」は40.6%だった。また、「日本人は外国と比べて劣っていると思う?」では、「はい」が40.5%、「いいえ」が59.5%だった。マイナビティーンズ編集部が16年1月に調べたもので、回答数は912人だった。

この結果についてネット上では、「日本は10代にとって誇りのない国」、ととらえる人が多くいて、

「あーあ これが教育の成果ですよ」
「外国人に生まれたいというか今の日本に絶望してんじゃないかと」
「日本に生まれたことの幸運を知らないんだな。まあ10代なんてそんなもんか」
などといった意見が出て騒然となった。

10代の女の子が外国の何に憧れているかといえば、「目鼻立ちの良さ」「手足の長さ」などの容姿がほとんどで、「オープンな性格」「英語が話せるとこ」という回答もあった。日本人でよかったと思った人は「治安がいい」「平和」「マナーを守って、礼儀正しい」「思いやりがある」「清潔」「アニメ、マンガがたくさんある」などだった。 

 

そもそも、質問の文言が大雑把。

 

「外国人に生まれたかった」と

「外国に生まれたかった」は、

まったく意味が異なる。

「人」が付くか、付かないかで、大違いである。

 

日本人少女の言う「外国人に生まれたかった」とは、「白人っぽい外見・容姿になりたい」という意味であって、

「外国に生まれたかった」という意味、たとえば「イギリスで生まれたかった」「ドイツで生活したかった」という意味ではないだろう。

 

ぶっちゃければ、

「白人みたいな、ハーフみたいな、外見で、日本で生活したい。出来ればタレントになってテレビに出たい」ということだ。

日本民族のまんま国籍を変えたい。アジアまる出しの外見のまんま、テキサスの片田舎やロンドン郊外の有色人種低所得者ゲットーで生活したい」という意味ではない。

 

そして、日本人少女たちにとって「外国人」といえば、100%「白人サマ」であって、黒人も、支那人も韓国人もインド人も含まれない(笑)。

「外国人に生まれたかった」といっても、支那人になりたい、アラブ人になりたい、という意味では全く無いわけだ。

 

国境の有刺鉄線の前に立ち尽くすシリア難民が「外国人に生まれたかった」「外国に生まれたかった」と思うのとは、意味が違うのである。

 

要は、ベッキー、ローラ、トリンドルになりたい、キレイになりたい、可愛くなりたい、というだけの、昔から少女によくあるお話だ。

 

だから、

「あーあ これが教育の成果ですよ」 

だの

「日本に生まれたことの幸運を知らないんだな。まあ10代なんてそんなもんか」

 だのという反応は、カン違いである。

 

つーか、カン違いしてるだけではなく、こういう反感を持つ心情は、「トリンドルになりたい」という少女の欲望より、はるかに気持ち悪い(笑)。

 

その心底にあるのは、昨今、ネットや書籍に氾濫する「日本はスバラシイ!」「日本人はスゴイ!」「外国人が憧れるニッポン!」というナルシシズムである。一部で「愛国ポルノ」と呼ぶらしい。

これらの自慢、自己絶賛と、韓国の「ウリナラマンセー!」とナニが違うのか?、さっぱり違いがわからない。

鏡にうつる自分にウットリ、ってのは、女性ならカワイイが、いい歳こいたオッサンがやり出したらビョーキだ。

 

文明開化、日本はまだまだダメだ、欧米に追いつき追い越せ!と、健康な劣等感を持って頑張った明治の日本人が、日本を一等国にしたのだ。

鬼畜米英、神国日本、と言い出した時、日本は衰亡の道に堕ちて行った。

 

世界第2だった経済力が3位に落ちたのに、日本は世界一!なわけがない。

オリンピック銀メダルの選手が、銅メダルになったら、努力不足か、キャリアの限界なのだ。どっちにしても満足している場合ではない。

 

トリンドルになりたい」は、自分が一番と思ってない、自己満足してないだけ、まだ未来がある。

自分で自分を誉めだしたら、個人だろうが国だろうが、終わりは近い。