在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

安倍前首相、高橋洋一、鈴木宗男のカン違い~政治の目的は総選挙で票を入れて貰う事。敵を論破する=増やす事ではない。

蓮舫に夢中で陛下を忘れる(笑)~「感染拡大御心配」天皇陛下もダメなの?~鈴木宗男「五輪開催を批判したのならテレビを見る資格なし!」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#高橋洋一 07/26「全国3000~4500人程度でピークアウト」→07/29国内新規感染者1万人超。ピークアウト? - 在日琉球人の王政復古日記

 

安倍前首相「五輪反対は反日」。開会式、天皇陛下御出席。皇后陛下御欠席。安倍名誉最高顧問欠席。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

目的のためには手段を選ばず、という言葉があるが、

手段に夢中で目的忘れる、ということも、ままある。

 

勝負に勝つためにポジショントーク、勝負に勝つためにマウンティング、も必要かもしれないが、

安倍前首相、高橋洋一さん、鈴木宗男議員は、ポジショントークとマウンティングに夢中になり過ぎて、本来の目的を忘れている。

 

続きを読む

蓮舫に夢中で陛下を忘れる(笑)~「感染拡大御心配」天皇陛下もダメなの?~鈴木宗男「五輪開催を批判したのならテレビを見る資格なし!」

五輪開催を批判したのならテレビを見る資格なし!」鈴木宗男氏が蓮舫氏に怒りあらわ | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

2021年07月29日
「五輪開催を批判したのならテレビを見る資格なし!」と日本維新の会鈴木宗男参院議員(73)29日、立憲民主党蓮舫代表代行(53)を念頭に宗男節をさく裂させた。
(略)
 これを受けて宗男氏はこう怒りをあらわにした。
共産党立憲民主党は、オリンピック開催に反対したわけですよ。五輪を反対したにもかかわらず、金メダルを取った人をほめたりしている輩がいますよ。腹立たしい限りですね」
 この国会議員は誰のことを指したのか。五輪反対の立場だった立民の蓮舫氏がすぐに思い浮かぶ。五輪が始まり、金メダルラッシュになるや、手のひら返しで、選手を祝福。「五輪が開かれていなければ、金メダルも取れなかった」とネット上では蓮舫氏の〝五輪応援コメント〟は連日、炎上している。
 宗男氏は「五輪に反対しといてね、そしてテレビで見ているはないでしょう。五輪に反対した以上、テレビを見るな!といいたい」と怒り心頭だった。

 

続きを読む

#高橋洋一 07/26「全国3000~4500人程度でピークアウト」→07/29国内新規感染者1万人超。ピークアウト?

コロナ感染は「あと1ヵ月」でピークアウトする…「波」はワクチン接種で防げる(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

2021.05.31
相変わらずマスコミは危険を煽りすぎ
髙橋洋一 経済学者 嘉悦大学教授
(略)
さて、2ヵ月先の東京五輪について、中止への動きが政治問題化している。結果として筆者もそれに巻き込まれた形だが、その政治的な議論はさておき、そのときの新型コロナの感染状況はどうなっているのかを考えてみたい。
(略)

 

続きを読む

#立花隆 VSプロレス少女伝説~フィクション(スポーツ)嫌いの人が、メタフィクション(プロレス)を評価するわけがない。

立花隆さん、取材後着信「立花です。またよろしくね~」心に響く「知の巨人」の優しさ…記者が悼む : スポーツ報知

2021年6月24日
 戦後ジャーナリズムに大きな足跡を残した評論家・ジャーナリストの立花隆(たちばな・たかし=本名・橘隆志)さんが4月30日午後11時38分、急性冠症候群のため死去していたことが23日、分かった。80歳。
(略)
そして「あなたが存在することに誰も関心がない、なんて人生はそんなにはない」と深遠な言葉を言った。
 さらに続ける。「スポーツか…文春社員の時代ね、ジャイアント馬場との『この人と一週間』っていう取材は、初日に『ボク、この人はムリ!』って放り投げたなあ。代わりに行った三田佳子の取材は、移動中の車がびょ~んとひっくり返って田んぼに落ちちゃったんです。もう時効でしょ」。知られざる原点を知った。
(略)

 

訃報を読んで、書こうと思って、忘れていた。

昭和プロレスファンにとって、 立花隆の名前はこの発言で記憶されている。

 

続きを読む

イジメは真実か? #小山田圭吾 問題~ロッキン誌も相当アレだが、所属事務所が致命的にダメ。 #METAFIVE

https://img.jisin.jp/uploads/2021/07/oyamada_keigo2.jpg

 

もはや、五輪問題ではない。

小山田圭吾さんを五輪に関連付けるのは、同じように、辞任解任された、森元首相小林賢太郎さんが同類にされて、可哀想すぎる。

 

森元首相も、菅さんすら、ある意味トバッチリの被害者である。

 

で、小山田圭吾さんご本人だけの問題か?と言えば、それもあるが、彼の周辺がかなりアレな感じがする。

 

続きを読む

楽観論・東京都吉村憲彦局長「不安あおらないで」VS悲観論・日本政府尾身茂会長「既に医療逼迫」

都局長「不安あおらないで」 コロナ過去最高、小池氏対応せず:東京新聞 TOKYO Web

2021年7月27日
 東京都内で新型コロナウイルスの感染者数が過去最多の2848人となった27日、都は吉村憲彦福祉保健局長が報道各社に現状を説明した。年末年始の2千人台とは医療提供体制やワクチン接種などで状況が違い、死者が急増することはないと強調。「いたずらに不安をあおることはしていただきたくない」と要望した。都が従来呼び掛けていた内容とは食い違う場面もあった。
 小池百合子知事は感染者数が発表された夕方時点で既に退庁しており、取材対応はなかった。

 

尾身会長、東京の感染拡大「危機感の共有必要」 - 産経ニュース

2021/7/28
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は28日の衆院内閣委員会で、東京都での感染拡大に関し「強い対策を打ってみんなが危機感を共有しない限り、この傾向はしばらく続く」と指摘した。「人々に危機感を共有してもらえるメッセージと、感染状況にふさわしい効果的な対策を打つこと(が必要)だ」とも語り、政府や都に早急な対応を求めた。
尾身氏は「既に医療逼迫(ひっぱく)が起きており、一般医療や救急医療、すぐにやらなければいけない手術が遅れ、救急外来で(搬送を)断ることが出始めている」と指摘。「一般の人にまだ十分に危機感が伝わっていない」として、国民全体で危機意識を共有することが重要だと強調した。 

  

続きを読む

君が代不起立教諭VS天皇陛下五輪開会宣言不起立首相&都知事VS御臨席開会式欠席前首相

君が代不起立で再雇用拒否 最高裁、都の裁量権認める:朝日新聞デジタル

2018年7月19日
 卒業式などで「君が代」の斉唱時に起立しなかったため、再雇用を拒まれた東京都立高校の元教職員が、都に賠償を求めた訴訟の上告審判決が19日、最高裁第一小法廷であった。一、二審判決は都に約5千万円の賠償を命じたが、山口厚裁判長は「都教委が裁量権を乱用したとはいえない」としてこれを破棄し、原告側の請求をすべて棄却した。
(略)

 

君が代不起立「減給は違法」判決出たが…再処分され提訴:朝日新聞デジタル

2021年4月1日
 卒業式や入学式で君が代を起立斉唱しなかったことを理由に懲戒処分を受けた東京都立学校の教諭ら15人が31日、都に処分取り消しを求める訴えを東京地裁に起こした。うち12人は、当初受けた減給処分を違法とする判決が確定して処分を取り消された後、より軽い戒告で再処分された。再処分をめぐる提訴は初めて。
(略)

 

続きを読む

#小室圭 女系女性宮家か?VS #竹田恒泰 男系男子旧宮家か?~反天皇制革命家(笑)なら「竹田天皇」激推し!

https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/2/5/1080m/img_25c434ce567a4a269665d8894ce88233142000.jpg

女系女子か?

 

https://i.daily.jp/gossip/2020/06/02/Images/f_13390862.jpg

男系男子か?

 

どっちが、天皇制にとって、日本にとって、マシなのか?

 

続きを読む

《スポーツ形而上学》夏季・冬季五輪競技の分類~BMXレーシング、BMXフリースタイル、空手・形、組手は異なる競技

東京五輪2020記念《スポーツ形而上学》すべてのフィジカル・スポーツは7種類に分類される。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

前回説明したスポーツ形而上学に基づき、五輪の夏季競技、冬季競技を分類してみる。 

 

C「内部・自立」型スポーツ 

・成文化されたルールが「ない」。
・自己完結「している」。

なし。競技大会なので、A「内部」型スポーツはない。

 

D「内部・他立」型スポーツ  

・成文化されたルールが「ない」。
・自己完結「できない」。

なし。競技大会なので、A「内部」型スポーツはない。

 

続きを読む

違憲だろうが(笑)令和日本に必要。改憲なんか待てない~ #夫婦別姓 #LGBT #同性婚 =安保法制・自由で開かれたインド太平洋

賛成派も、反対派も、素直に賛同できない、すごーくムカつく意見だとは思うが(笑)、リアリズムで行こう。

 

夫婦同姓も、同性婚も、賛成・反対の段階ではない。令和日本に必要なのだ。

時代が要求している。しかし、憲法改正は時間がかかり過ぎる。

 

チベットを見よ。香港を見よ。ウイグルを見よ。台湾を見よ。日本女性を見よ。LGBTを見よ。現実は待ってくれない。憲法改正なんか待ってる余裕はない。

 

自由で開かれたインド太平洋のための安保法制も。

女性のための夫婦別姓も。LGBTのための同性婚も。

 

憲法違反でも、解釈改憲でも、グレーでも、認めるしかない

安保法制も、夫婦別姓も、同性婚も。それが「国家統治」のリアリズムだ。

 

続きを読む