在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

「日付」も「怨み」も忘れてしまえる日本人の特異な客観性。原爆投下「やむを得なかった」40%。

NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解 NHKニュース

まず、広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%でした。
また、長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人は、広島で54%、長崎で59%、全国で26%でした。
さらに、「アメリカが原爆を投下したことについて現在、どう考えていますか」と聞いたところ、「今でも許せない」と答えた人は、広島で43%、長崎で46%、全国で49%でした。
一方、「やむを得なかった」と答えた人は、広島で44%、長崎で41%、全国で40%で、広島では、ごく僅かですが、数字の上では「やむを得なかった」と答えた人が、「許せない」と答えた人を上回りました。
そして、「近い将来、世界のどこかで核戦争が起きる危険があると思いますか」と尋ねたところ、「かなりある」または「少しある」と答えた人は、広島で70%、長崎で70%、全国で66%でした。
広島大学大学院の布川弘教授は「広島や長崎でも原爆投下の事実を知らない人がいるなど、非常に憂慮すべき事態だ。70年の節目に原点に立ち返って原爆について意識を高めていく必要がある」と話しています。

 

どうでもいいとまでは言わないが、投下の年月日なんて、記憶すべき優先順位が低いと思う。

「1945年」か「昭和20年」、半歩譲って「終戦の年」という回答でも、必要最低限は満たしている。

「8月」まで答えられなくても、「夏」ごろで十分。

「6日」「9日」まで覚えてるのはマニアックである。「先に広島、後で長崎、合計2発」で合格だろう。

 

まあ、結婚記念日と同じで、ダンナさんが、日付までは憶えてなくとも、とりあえず、自分が現時点で結婚してることと、配偶者が貴女であることを、忘れてなければ、奥さんは許してあげるべきだと思う(笑)。

 

それよりも、はるかに問題なのは、

「今でも許せない」 広島43%、長崎46%、全国49%

「やむを得なかった」広島44%、長崎41%、全国40%

だろう。

 

アメリカ人に911テロへの質問をして「やむを得なかった」か40%もあるだろうか?

 

韓国人に植民地統治への質問をして「やむを得なかった」か40%もあるだろうか?

 

フランス人にナチスのパリ入城への質問をして「やむを得なかった」か40%もあるだろうか?

 

被爆国の国民が原爆投下の賛否でほぼ互角の回答という衝撃的事実。

ある意味冷酷非情ともいうべき、徹底した客観性、淡白さ、寛容さ、自罰意識、エゴイズムの欠如。

 

日本人は凄い。日本人は恐ろしい。下田黒船祭「ペリー提督の遺徳と恩恵を大切にしなければならない」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

保守派が「戦後の日本人はアメリカGHQに洗脳された」というけれど、こんな完璧かつ長期の洗脳は無理だよ。

事実、イラクを初めとして、日本以外の国で、アメリカの洗脳?工作がこんなに成功した事例はまったくのゼロだ。

 

もちろん、アメリカが洗脳しなかったわけではないが、やはり、受け入れた日本人側に特殊な才能(笑)があったとしか思えない。

琉球人もそういう才能(笑)があるほうだが、朝鮮人支那人にはなかなか見られない才能だろう。

 

原爆も一種の天災とみなして人為を諦める。

これぞ「何でもあります」自然災害の総合デパート・日本列島の住人特有の素質だろう。

 

天と地に呪われ、そして愛された日本列島。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

日本は神々の国だが、朝鮮半島に神々はいない~「セウォル号は朴槿恵の人災」VS「原爆は人間には防げない天災」 - 在日琉球人の王政復古日記

対して、日本では原爆の被害者ですら、悪魔の兵器を使ったアメリカ合衆国への報復を要求しない。原爆すら、アメリカという人間集団の責任=人災であるとは見ないで、台風や地震のように一種の自然災害=天災として扱うのである。
日本の被害者は、殺人者への復讐を考えず、天災のごとく泣き寝入りするのだ。
「人間(アメリカ軍)の落とした原爆の被害者慰霊」と「自然が起こした震災の犠牲者慰霊」の内容がほとんど変わらない、というのも、これまた日本独特であろう。

 

そして、この素質は何も悪いことではなく、非欧米国で近代化=欧米化と経済成長が世界一早かったのも、おそらくこの素質のお陰なのだ。