読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

サラブレッド小渕優子りん孤立無援。自民党は高市早苗、山谷えり子、有村治子、稲田朋美の時代へ、、、いいのかそれで(笑)?

05.ひと/ひとでなし

左が叩けば、右も裏切る。優子りんかわいそう。

 

 右派・保守派の皆さんは、安倍ちゃんは守りたいけど、優子りん経産相やウチワ法相を守る気はさらさらない。

 

ネットで「民主党は『うちわ』なんていうツマンナイ話で政治を妨害するな!」と主張してる人は、松島法相が安倍内閣だからそう言ってるだけ。

靖国に参拝してくれる高市さんや山谷さんや有村さんならともかく、政治信条がよく判らない松島さんなんか興味はない。基本的にどうでもいい。

 

だって、もしも、松島さんが民主党野田内閣の法相だったら、同じ人が「こんな真っ黒な政治家が法務省を管轄してイイのか?! 野党は追及の手を緩めるな! 法相辞任、いや、野田内閣総辞職だ!」と叫んでた可能性は、、、ご当人が一番よくご存知である(笑)、、、あ、無自覚かも(汗)。

 

そもそも優子りんだって、安倍内閣でなかったら、最初からネットで袋叩きだったはずだ。だって彼女は、自民党といっても、親父からして経世会系で、野中の爺さんあたりと仲の良かった支那派、ハト派だから。

 

そして、どうも客観情勢として優子りんは逃げ切れないと踏んだら、安倍ちゃんエスケープのために、あっさり優子りん吊るし上げである。

そもそも、高市さんや山谷さんや有村さんさえ生き残れれば、優子りんなんか消えてくれたほうがむしろ喜ばしい。

 

対する、左派・リベラル派も、優子りん本人はどうでもいい。よく知らないし。

とにかく安倍ちゃんの失点であることのみが重要であり、安倍内閣を攻撃できるのならば、明治座で何を観ようが、ウチワの模様が何だろうが、どうでもいいのだ。

 

しかし、自民党ハト派の優子りんをぶっ潰して、長期的にアンチ安倍派のプラスになってるのだろうか? つーか、左派・リベラル派は、安倍自民党政権を最終的にひっくり返す戦略を持ってるのか? 安倍ちゃんがイヤなら、総選挙で自民党を減らすしかないわけだが、具体的に理想の未来予想図の絵図面をひけてるのか?

 

ここで、右派・保守派はずっと誤解してきたかもしれないが、実は左派・リベラル派は対抗馬の民主党を応援する気もあんまりないのだ。だって民主党って「松下政経塾」っぽいから(笑)。

 

かといって維新は論外だし、いくらなんでも社民や共産が自民の対抗馬に成長するなんて夢物語を信じるまで狂ってもいない。でも民主党もなんとなく押せない。で、結局、投票先が無い(笑)。しょうがないから、安倍ちゃんの悪口を言ってるだけなわけだ。

 

リアルに考えると、もし推したい野党がないのなら、最も現実的なのは、自民党の中で、安倍ちゃんへの対抗馬つまり自民党内の穏健派・ハト派を推すしかないのだが、その有力候補になりそうだったのが、当の優子りんなのである。

 

しかし小泉郵政劇場で、未来の女性宰相ナンバーワン候補だった野田の聖子ちゃんが周回遅れの遠回りを余儀なくされたあと、妹分のサラブレッド優子りんが順調に育ってきたかと思ったら、ナンじゃコリャの転倒事故。

 

泉下の親父さんも嘆いているだろう。

親父さんの時代ならこんなヘマをやらなかった。いや実際はカネを配っていたとしても(笑)、法律に引っかかるような下手は打たなかった。

これは優子りんが悪いのではない。

優子りんは最初から「神輿」なわけで、担がれてる神輿自体が進む方向を決めるわけではない。進む方向と「足元」を注意するのは、神輿を担いで音頭を取っている、親父さん時代からの地元の「番頭」格の人たちだろう。

 

親父さんが死んでずいぶん経つから、「担ぎ手」も代替わりして、政治問屋小渕屋の「番頭」さんや「手代」「丁稚」の質が劣化したのかもしれない。

 

あまりに泰平で緊張感を失うと、政治資金というのは、最終的に天下を取って国家予算というビッグマネーを動かすための「捨て金」であって、たかが化粧代だの服飾費だのそんなチンケな小銭を儲けるためのモノではない、という大原則を忘れてしまうのだろう。

 

しかしだ。優子りんが沈んだら、後に残るのは、

総務大臣高市早苗ちゃん。

国家公安委員会委員長山谷えり子ちゃん
内閣府特命担当大臣有村治子ちゃん
政務調査会長稲田朋美ちゃん

これが自民党の女性政治家である。

 

これで本当にいいのか(笑)?、マジメに検討する必要はありそうだ。