読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

素見(ひやかし)千人、客百人、間夫(まぶ)が十人、地色(いろ)一人~結局、恵比寿マスカッツが一番正しかった。

昔の遊郭

素見(ひやかし)千人、客百人、間夫(まぶ)が十人、地色(いろ)一人。

という格言があった。

 

店の前をうろつくだけのカネ無し連中が、1000人。

カネを出して2階に上がるのが、100人。

馴染みの常連客が、10人。

本命の情人が、1人。

 

平成に合わせれば

ネット・万人、握手会・千人、大人買い・百人、合コン・十人、ベロチュー・一人。

といった感じだろうか。

 

路チューの乃木坂松村、ずっと涙目握手会 - 芸能ニュース : nikkansports.com

 

私はこの界隈には誠に不案内な野暮天なんだが、この件に関して思想的には考えてみた。

 

アイドルは人権思想と闘う。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

まあ形而上なことはともかく、形而下的には、こういうアイドル商売にこういう不祥事?は、昔から、そしてこれからも付いて回るだろう。

なにしろ売り物は生物(イキモノ=ナマモノ)なんだから、いくら管理してもムシは付くだろう。

しかも単品と違って、格子の内には46人?も太夫を抱えているわけで、平成の遣り手婆も21世紀の牛太郎も目が届くまい。

 

『馴染みが貢いだ そのカネを ホストにつぎ込む キャバクラ嬢

 

なんて話はよく聞くし、「応援してます!」「頑張って!」と握手会に集まるオタからカネをむしりとって、どこかでストレス発散するのは、平成の風俗嬢も、アイドルも、江戸時代の遊女も、構造は変わらない。

 

つぎ込んだ客が、遊女の浮気に気付いて、「このアマ、オレの金で、マブと乳繰りやがったなっ!」と逆切れするのは、昔も良くあったわけで、そこで「遊女は売り物買い物。閨の睦言を誠と取るは、野暮でありんす。」と仲裁が入ることになる。

 

ということはだ、最初の最初から「まあ、路チューくらいはするだろ。せめて個室でハメて欲しいが」と、買い手のオタが「粋な旦那」に成長するしかないように思う。

 

そして見世も「これだけの器量で、アイドルになろうと野心満々の娘、そりゃ口は、上も、下も、手入れ済みでありんすエ」と前口上付きで売り出せばウソはない。

 

そういや、昨今のAV嬢はアイドル顔負けの美女が多いんだから、彼女たちに歌って踊って握手会をしてもらえば良い。

路チュー隠し撮り、どころか、本番行為までDVDで売ってるわけで、「推しメンがが処女でなかったなんでショックだ・・・」と騒ぐオタはありえない、全うな商売である。

 

・・・と思ったら、もう「恵比寿マスカッツ」つーのがあったのね(馬鹿)。

よし! もし、私がオタになるなら、迷わず恵比寿マスカッツにする。

・・・と思ったら、もう解散してた(笑)。

もったいないなあ。

商売として、これほど誠実で、真っ当で、これ以上ウソがない、マトモなアイドルのコンセプトは他にないのに。