在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

松竹映画「男はつらいよ」車寅次郎VS東映映画「トラック野郎」星桃次郎~【追悼】高倉健&菅原文太&渥美清。

東映「昭和残侠伝」花田秀次郎高倉健は、ウンコもしないし、オナニーもしない。

 

東映「トラック野郎」星桃次郎菅原文太は、ウンコもするし、オナニーもできる。

 

松竹「男はつらいよ」車寅次郎渥美清は、ウンコはできるが、しかしオナニーはできない。

  

日本人が愛した3人の映画俳優は、正々堂々、「ヤクザのX次郎」を演じ続けた役者であった。

 

シャブ中・清原某だけでなく、日本人はヤクザが大好きなのだ。

 


男はつらいよ寅さん啖呵売

 


トラック野郎 御意見無用(予告編)菅原文太 愛川欽也 中島ゆたか 1975年

 

寅さんゆかり団子屋 女将死去(2014年12月4日(木)掲載) - Yahoo!ニュース

 店は映画「男はつらいよ」シリーズで、渥美清さんが演じた車寅次郎の実家の団子屋「くるまや」のモデル。渥美さんから慕われ、渥美さんの死後も「寅さんがいつでも帰ってこられるように」と、店の一角に予約席の札を置いてきた。

 

松竹「男はつらいよ」は日本を代表する国民的喜劇映画シリーズである。

日本国中、実際見たことがなくとも、誰でも「寅さん」の名前くらいは知っている。 

 

それどころか、恐れ多くも畏くも、先帝・昭和天皇も「男はつらいよ」の大ファンだったらしい。

監督山田洋次の思想信条を考えると、なんとなく複雑な感慨(笑)があるが、良い映画とはそういうものである。


さらに(困ったことに)北朝鮮金日成金正日親子も「男はつらいよ」ファンだったらしい。

日本の映画館に通えず、ビデオが一般的で無かった時代に、どうやって寅さんを知ったのか? おそらく隠し撮りしたフィルムなんかを新潟港から万景峰号で運ばせてたんだろう。運搬する工作員の朴さん(仮名)も「これのどこが革命工作なんだ?」と悩んだと思う(笑)。

 

政治思想の違いを超えて、昭和天皇や金さん親子が「男はつらいよ」を愛したのは、なんとなくわかる気がする。
昭和天皇金さん親子も、決して寅さんにはなれなかった。

彼らに「気分次第で、家からおん出て、今日は東か明日は西、の漂泊の旅暮らし」は絶対に不可能だったのだ。

 

その松竹「男はつらいよ」シリーズに対抗するのが、先日亡くなった菅原文太東映「トラック野郎」シリーズである。

監督山田洋次・主演渥美清の「男はつらいよ」シリーズは1969年~から1995年までの26年。世界最長の映画シリーズだ。 

監督鈴木則文・主演菅原文太の「トラック野郎」は1975年~1979年の5年。

 

主人公が旅の空で美女に惚れる。もてようと奮闘する。そしてふられる。 

男はつらいよ」と「トラック野郎」は、構造がよく似ている。
というのも当たり前で、後発の「トラック野郎」が「男はつらいよ」をパクッてるわけだ(笑)。

渥美清演じる車寅次郎も、菅原文太扮する星桃次郎も、ヤクザな商売である。
車寅次郎は啖呵売、神農道、つまりはテキヤだ。
星桃次郎は自営のトラック運転手。二の腕には墨を入れている。

 

寅さんも桃次郎も美女に惚れるところは同じだが、肉体的反応が異なる。

 

寅さんには「性の臭い」がしない。女性を前にして勃起してないのである。

もしも、寅さんがマドンナとの恋愛を成就したとして、その後、寅さんはマドンナといったい何をするつもりなのか?セックスするつもりが本当にあるのか?そもそも出来るのか?ズバリ寅さんのチンチンは勃起するのだろうか?と疑わせる。

いい歳こいた中年男性が成人女性に惚れながら、性的衝動が全くないのは異常である。「寅さん=性的不能者」説もありえる話だ。というか、セックスする気も無いのに、美女に惚れる寅次郎の精神構造が理解できない(笑)。

ひょっとしたら、寅次郎は自己の性的不能を隠蔽するために、定期的に、恋愛騒動を「演じている」だけなのかもしれない。

実際、マドンナ側から寅さんへ愛を告白して、両思いになりそうな作品もあるのだが、そうなると寅さんはマドンナから必ず逃亡するのである。ベッドインして勃起しないことがバレるの怖いのだろう。

 

対して、ボンクラ桃次郎は「セックス満載」「ずっとギンギン」である。もう体中の毛穴から吹き出す勢いだ(笑)。

桃次郎はマドンナに惚れるだけではない。通りすがりの女性にすら性的反応を起こす。街道筋のドライブインにはパンスケ(売春婦)が普通にうろうろしている(笑)。どころか普通にセックスシーンが出てくる。

桃次郎の定住地は川崎のトルコ風呂(現ソープランド)である。馴染みのトルコ嬢と毎回のようにセックスする。

それどころか、トルコ嬢をバックスタイルで攻めながら、憧れのマドンナから来た手紙を朗読するのである(笑)。

東宝にも松竹にもできない、これがオレたちの【東映】だ。

 

あと、故郷と家族があるか?ないか?、相棒がいるか?いないか?、も異なる。 

寅さんには葛飾柴又という帰る故郷がある。喧嘩できる家族もいる。 

しかし桃次郎に帰る故郷は無い。ダムの底に沈んでいる。家族もいない。

寅さんは一人旅である。テキヤ仲間はいるにはいるが、定番の相棒はいない。 

桃次郎には家族はいないが、やもめのジョナサンという相棒がいる。

ある意味、妹さくらが寅次郎の相棒で、トラック自体が桃次郎の故郷なのではあるが。

寅次郎は、家族がいるから、相棒を作る必要が無いのだろう。
桃次郎は、相棒がいるから、故郷を振り返ることがないのだろう。

 

松竹と東映では、女性観・セックス観が異なるし、当然政治思想も対立するのである。

 

東宝映画「大学の若大将(1961)」の10年戦争(その2)~加山雄三VS渥美清&高倉健~太平洋戦争再び - 在日琉球人の王政復古日記

 

ラブゲーム東宝「社長、駅前、若大将、無責任」VS純愛松竹「寅さん」VS売春東映「トラック野郎、まむしの兄弟、不良番長」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

(まとめ)ヤクザ百景 #六代目山口組 #神戸山口組 #弘道会 #山健組 #宅見組 #極心連合会 #住吉会 #稲川会 #道仁会 #浪川会 - 在日琉球人の王政復古日記