在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

#藤井実彦 反日台湾慰安婦像に国益蹴り!~CG加工 #はすみとしこ VSストレッチ #但馬オサム VS裏切り売国 #加瀬英明

今も同じ結果かは知らないが、ちょっと前に調べたら、こうだった。

 

「藤井実彦」のサイト内検索結果:朝日新聞デジタル

更新日時順関連度順
検索結果がありません。

 

藤井実彦の検索結果 - 毎日新聞

記事の検索結果:0件
別の単語で再度検索をお試しください。

 

検索: 日本経済新聞

0
記事が見つかりませんでした。

 

検索 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

藤井実彦 に一致する情報は見つかりませんでした。

 

検索結果 - 産経ニュース

カテゴリ別: 国際(13) 政治(3) プレミアム(2) ライフ(2)

  

藤井実彦。

朝日、毎日、日経、読売には全く登場しないが、産経にだけは何回も登場する。

不思議な新聞だ、じゃねえや、不思議な人物だ。 

 

台湾の従軍慰安婦像に蹴りを入れた藤井実彦とは何者なのか | BUZZAP!(バザップ!)

2018年9月11日
嫌韓+自称保守界隈+幸福の科学という数え役満案件でした。詳細は以下から。
◆台湾で日本人が従軍慰安婦像に蹴り
産経新聞社の夕刊フジのWeb版であるZakzakが報じるところに寄ると、日本の複数の保守系民間団体で作る「慰安婦の真実国民運動」(加瀬英明代表)が9月6日、台湾南西部の台南市で、台湾初の「慰安婦像」を設置を主導した中国国民党台南市支部に、像の即時撤去を求めるとともに、碑文の内容を問う文書を手渡しました。
Zakzakは同運動幹事の藤井実彦(みつひこ)の緊急寄稿として、「親日的な台湾に、慰安婦像が設置された背景として、『自由』と『民主主義』『人権』『法の支配』という理念を共有する日本と米国、台湾の連携を阻止する、中国側のプロパガンダ工作の可能性が指摘されている」などという無根拠な陰謀論も掲載しています。
そして、この藤井実彦が台南市慰安婦像に蹴りを入れたことが判明。監視カメラによる動画も確認されました。動画には蹴りを入れる藤井実彦を撮影する、カメラを構えた男性の姿も映り込んでいます。
(略)
◆藤井実彦は逃亡
今回の問題発生を受けて、藤井実彦ツイッターアカウント(@Mitsuhikof)には日本、台湾などから大量の批判が殺到、藤井実彦はアカウントを削除し、逃亡を計っています。
また、Facebook上で「ストレッチをしていた」という苦しすぎる声明文を出しましたが、即刻台湾のネットニュースなどに取り上げられて再炎上し、既にこちらも削除して逃亡。Facebookアカウント自体もほとんどの投稿が閲覧できない状態になっています。

 

台湾側には証拠になる画像や動画があるようだが、

藤井実彦さんご本人はその事実を明確に否定している。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

https://pbs.twimg.com/media/DmvpRAOUUAAfBzZ.jpg:large

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

認知症アルコール依存症でない限り、たった数日前の自分自身の言動を完全に忘却するとは思えない。

また、日本の愛国者は平成の武士だ。モノノフ(notももクロファン)が我が身可愛さにウソを付くわけがない。

 

この疑惑に関しては、「アンチ安倍・伊藤詩織嬢ハニートラップ事件」でご活躍だった著名な漫画家さんが「反日台湾人の陰謀」を告発している。

 

 

 

韓国人より韓国政治・韓国社会に詳しく、著作を何冊も出している専門家も「太ももストレッチ」説に太鼓判だ。

 

 

まあ大した疑問点ではないのだが、

 

もしも、仮に、はすみとしこ嬢が正しく、キックの画像や動画が、反日台湾国民党のCG加工、フォトショップ捏造だ、と仮定すると、

藤井実彦さんの足を上げた行為自体が「現実には存在しなかった虚偽」なわけで、

現実に足を上げないと成立しない「太ももストレッチ」説の但馬オサム氏は、CG加工も見抜けないうえに、全くのデタラメをかましたことになってしまう。

さらに、声明文で「ストレッチだった」と明言している、つまり実際に足を上げたことを認めている藤井実彦さんの精神鑑定の必要が出て来る。

 

もしも、仮に、但馬オサム氏が正しく、つまり藤井実彦さんの声明文が正しく、キックの画像や動画はホンモノだが、それが蹴りではなくストレッチだった、と仮定すると、

足を上げたホンモノの画像や動画を、CG加工、フォトショップ捏造と断言したはすみとしこ嬢は、ビジュアル認識能力が久しく欠如しているか、あからさまなデマを飛ばしたことになる。

意図的、故意というよりは、芸能人の泰葉や松居一代に通じる医学的な理由がありそうだ。

 

簡単に言えば、「CG加工」と「ストレッチ」は両立しないのである。

 

もし、CG加工が本当ならば、ストレッチはウソであり、

はすみとしこ嬢が正しいと、但馬オサム氏、藤井実彦さんはウソ吐きだ。

 

もし、ストレッチが本当ならば、CG加工はウソであり、

但馬オサム氏、藤井実彦さんが正しいと、はすみとしこ嬢はウソ吐きだ。

 

 まあ、些細な矛盾点だから、何らかの納得できる理由があるのだろう。

 

同時には成立しないが(笑)、「CG加工」か「ストレッチ」が正しいはずだ。

だとしたら、愛国者の同志を簡単に平気で裏切ったこいつは、台湾国民党の犬であり、反日売国奴ということになる。

 

台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について | 慰安婦の真実国民運動

台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について
                     平成30年9月12日
              慰安婦の真実国民運動 代表・加瀬英明
(1)私ども「慰安婦の真実国民運動」は20団体が参加する協議会で、慰安婦問題に関して日本を侮辱する事実無根の情報が世界中に広がっている状況を改善すべく、各種の活動を展開してまいりました。その活動の一環として、この度、台湾の国民党台南支部が建てた慰安婦像について、公開質問状を同支部あてに提出しました。
 その慰安婦像の説明板には、「1937年12月以降、日本軍がその後,アジア太平洋各地で『慰安所』を設立し,騙しや脅迫,拉致などの方式で,占領区の若い女性を『慰安婦』として強制徴用して日本軍の姦淫に供し,被害にあった女性は約20万ないし40万人に上るといわれ,台湾も少なくとも1200人が被害者とされているという」などの事実とかけ離れた文言があったからで、この記述は日本の名誉に関する重大な誤解を招き、さらには日台の友好関係を損なうことが危惧されたためです。
(2)ところが、台湾まで出向いてこの質問状を届ける役目を担った当会幹事の藤井実彦氏(論破プロジェクト代表)が、「台湾慰安婦像に蹴りを入れた」として国内外で報道されました。当会は、事実関係を調査するため、ネット上に配信された動画・画像などを入念に観察し、藤井氏本人からも事情について聞き取りを行いました。藤井氏の主張は、「蹴っていないし、蹴る意図もない。自らの尊厳と名誉のために画像や動画の検証を個人的に行いたい」とのことでした。
 当会としては、今ネットに流れている動画・画像を見る限り、藤井氏が慰安婦像を蹴るような素振りをしたことは明らかであり、当人にどんな事情があったとしても、客観的に見て不快感を与える不用意・不適切な行動であったことは間違いないとの結論に至りました。日本人としての品位を損ね、国際儀礼にも反する行為は、私どもとして最も忌み嫌うものであります。代表を派遣した当会としても責任の一端を免れません。今回のことにより不快な思いをされた台湾の皆様に、心よりお詫び申し上げます。
(3)今回の件については、 藤井氏本人から申し出があり、9月11日付けで、当会の幹事を辞任されました。
 当会としては、今回の件で日台の友情が損なわれることを最も憂慮しています。今後も信頼回復が得られるよう、誠意ある取り組みを行ってまいる所存です。台湾の皆様、また日本国内の支援者・関係者の皆様には、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
 なお、前記の公開質問状については、慰安婦像に書かれた文言の真偽について、今後とも明確にさせたいと考えております。国民党台南支部におかれましては、是非とも予定通りご回答を頂きたいと希望します。

 

事実を映した画像や動画。

CG加工だと叫ぶ漫画家。

ストレッチだと説明する本人。

マトモな判断の能力のあるオトナならば、どれを信用するだろう?

 

加瀬英明は、たかが事実に過ぎない画像や動画に土下座して、藤井実彦の愛国心を切り捨てた。

事実と愛国心。どっちが正しいのか?まるで判ってない。

 

加瀬英明といえば、平成ポッと出の藤井実彦、はすみとしこ、但馬オサムあたりとは比較にならない、保守業界の超大物だ。

彼が、反日台湾国民党に土下座したということは、 一大スキャンダルである。

 

藤井実彦、はすみとしこ、但馬オサムを正しいと信じてるネット保守にとって、

CG加工に騙され、ストレッチを認めない、味方斬り捨て・加瀬英明は、

まるで保守みたいな顔をして、自民党総裁選にしゃしゃり出て、安倍ちゃんの邪魔ばかりする、反日石破とまったく同じ、保守の裏切り者だ。

 

ネットで、反日石破を必死で叩いてる皆さんは、もっとヒドイ売国加瀬英明も叩かないと、朝日新聞と同じダブルスタンダードの卑怯者である。

 

産経を「藤井実彦」で検索すると、こういう記事があった。 

 

【LA発 米国通信】「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議(1/4ページ) - 産経ニュース

 

内容は読んでない。そっちはどうでもいい。イカしてるのは標題だ。

 

「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」

 

素晴らしい金言だ。さすがはストレッチ藤井だけのことはある。

忘れないように、もう一度。

 

「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」

 

武士とは恥を知る者を言う。さすが愛国を自称する人は、心の清らかさが違う。

見習いたいものだ。