読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

リベラル政治映画「STAR WARS / スター・ウォーズ」(その2)~パドメ・アミダラ女王はダライ・ラマ+アウンサンスーチー。

21.映画

物語の時間的には最初になるEP1は、通商連合のナブー侵略から始まる。

 

リベラル政治映画「STAR WARS / スター・ウォーズ」(その1)~白人男性だらけの銀河帝国。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

「スター・ウォーズ」最新作、“世界初”映像解禁 - エキサイトニュース

 

ヒロインのパドメ・アミダラはナブーの女王。

メイクから明らかに、アメリカ人がイメージする「東洋」である。

名前からしてアミダラ=阿弥陀というわけで、そのモチーフの一つはおそらくはダライ・ラマだろう。王位も、血族相続ではなく、神秘的な一種の有資格者継承なわけで、正にダライ・ラマである。

ただしナブーのイメージは乾燥した山岳地帯ではない。あの亜熱帯なジャングルのイメージは、ズバリ、東南アジアだ。つまりパドメのキャラ設定は、ミャンマーの反体制政治家アウンサンスーチー女史である。

 

対する通商連合。もしEP1が1980年代の作品なら、間違いなく、正体は日本だっただろう(笑)。しかし21世紀の映画なんで、日本は悪役ではない。 

ナブー(チベット東南アジア)を侵略する、商売上手な種族。
共和国(アメリカ)の通商政策や貿易ルールを破る闇商人。

つまり、通商連合は華僑=支那である。

ガンレイ総督をはじめとするニモイディアンたちの帽子は、中華帝国官僚つまりは「儒者の冠」のイメージだろう。 

となると、ドロイド軍は人民解放軍だ(笑)。

 

ところで、なんで、共和国の兵隊がクローン(=ヒト)で、分離主義者の兵隊がドロイド(=ロボット)なのか? 

配役が逆でも良さそうだが、おそらく戦闘シーンの都合だと思う。

共和国の敵のやられキャラは、ジェダイライトセーバーで切って切って切りまくられる役周りである。 

日本人はチャンバラで人間が切り殺されるシーンには慣れていて、ことさら残虐は感じないが、アメリカ人にとっては、たとえ敵でも、ヒトの姿をしたクローンを刀でバッタバッタと切りまくると、ジェダイが残虐な殺人鬼に見えてしまうんだと思う(笑)。銃殺よりは刃物の殺しの方がスプラッタ度が高いのだ。

ドロイドなら、しょせん人形なんで、どれだけ切っても、機械がぶっ壊れるイメージなんで抵抗がないのだろう。

 

リベラル政治映画「STAR WARS / スター・ウォーズ」(その3)~「シス=ネオコン=共和党」VS「ジェダイ=リベラル=民主党」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

リベラル政治映画「STAR WARS / スター・ウォーズ」(その4)~ #安保法案 とジャージャービンクス、イウォーク、グンガン、ジャワ、サンドピープル。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

(まとめ)リベラル政治映画「STAR WARS / スター・ウォーズ」 - 在日琉球人の王政復古日記