在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

子守唄は子殺し歌(1番)~ジブリ「となりのトトロ」~姉さつきは妹メイに「大根きざむよに」殺意を抱いたか?

http://kura1.photozou.jp/pub/712/2346712/photo/144824854_624.v1449348215.jpg

 

http://4.bp.blogspot.com/-zWg3BzI8vFc/U2jiVWNxGCI/AAAAAAAABeQ/Hf9LE9RW_LI/s1600/micchan7.jpg

 

そりゃ、こんなユルユルの学校があれば、子供も殺されずにスクスク育つ。

 

しかし、現実の平成日本にトトロは住んでないし、終戦直後じゃあるまいに、こんな桃源郷のような小学校もない。

普通の小学校なら、担任の先生は、校長先生は、教育委員会は、PTAは、まだ入学年齢以下のメイを小学校から追い出すだろう。

なぜなら、授業の邪魔だし、規則に反しているし、特別扱いできないし、何か事故があったときの責任が取れないからだ。

 

そして、万が一、事故ったときに、ネットから責任を追及し、学校を袋叩きのリンチにかけるのが、紙より薄いペラペラの正義を振り回す、われわれ部外者である。他の誰でもない。「そこのあなた」と「この私」だ。

 

「泣き止まなかった」生後6カ月の長男の首締める 容疑で22歳母親を逮捕 - 産経WEST

2015.12.5

 生後6カ月の長男の首を絞めて殺害しようとしたとして、和歌山県警田辺署は5日、殺人未遂容疑で、和歌山県田辺市下万呂の銀行員の母親(22)を緊急逮捕した。「泣き止まなかったので首を絞めて殺そうとした」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5日午後0時半ごろ、自宅で長男の首に電気コードを巻いて、殺害しようとしたとしている。同署によると、犯行直後に母親が119番通報。長男は和歌山市内の病院に搬送されたが意識不明の重体という。
 母親は育児休業中で、夫と長男の3人暮らし。田辺市健康増進課によると、母親は子育てに悩み、同課の臨床心理士の職員と面談しており、精神科の受診を勧められていたという。

 

「青白くなった赤ちゃんが救急車で…」 母逮捕に住民絶句 沖縄 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

2017年1月12日
 生後2カ月の乳児が死亡してから約1年2カ月。沖縄県警は11日、虐待死させた疑いが強まったとして母親(29)を逮捕した。事件が起きた宜野湾市営住宅の住民からは、悲しみと驚きの声が上がった。 

 

「風呂に沈めれば泣きやむ」女児死亡 容疑の母逮捕:朝日新聞デジタル

2017年1月13日
 警視庁成城署は、室内に1人でいた母親の鈴木由美子容疑者(38)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べる。由美子容疑者は容疑を認め、「お風呂に沈めれば泣きやむと思った」と話したという。由美子容疑者は夫と優佳ちゃんの3人家族。現場は京王線千歳烏山駅から南に約250メートルの住宅街。

 

<郡山乳児殺害>逮捕の母親「育児に疲れた」 | 河北新報オンラインニュース

2017年03月17日
 生後19日の乳児を殺害したとして、福島県警双葉署は16日、殺人の疑いで、郡山市並木1丁目、母親の店員大久陽子容疑者(31)を逮捕した。
 逮捕容疑は15日午前3時ごろ、同県川内村の大久容疑者の実家で、長女の空ちゃんを殺害した疑い。県警などによると、「私がやった」と容疑を認め、「育児に疲れた」という趣旨の供述をしている。

 

乳児に降圧剤:育児ストレスか 殺人容疑で母逮捕 東京 - 毎日新聞

2017年7月4日
 東京都目黒区の自宅で生後2カ月の長女に降圧剤などの薬剤を飲ませて殺害したとして、田畑幸香(さちか)容疑者(23)が殺人容疑で逮捕された事件で、田畑容疑者がミルクの与え方を巡り、母親から厳しく注意されていたことが捜査関係者への取材で分かった。育児を巡るストレスを抱えていたとみられ、警視庁捜査1課が事件の動機を調べている。
 田畑容疑者は昨年12月29日ごろ、いずれも劇薬指定された成分を含んだ降圧剤や糖尿病治療薬を長女織音しおん)ちゃんに投与し、中毒死させたとして逮捕された。「哺乳瓶に錠剤を入れたことはありません」と容疑を否認しているという。 

 

4か月の乳児踏みつけ殺害容疑、22歳母親逮捕 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

2017年07月14日
 生後4か月の乳児を踏みつけて殺害したとして、福岡県警は14日、母親の無職町野芹菜せりな容疑者(22)(福岡市南区屋形原3)を殺人容疑で逮捕した。
 町野容疑者は「踏んだのは間違いないが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。
 県警南署の発表によると、町野容疑者は13日午後9時半頃、自宅1階の寝室で、布団の上で寝ていた娘の心美ここみちゃんの胸付近を数回踏みつける暴行を加え、心臓破裂で殺害した疑い。

 

こんな記事は、毎年毎年、掃いて捨てるほどある。

 

こういう母親の赤ん坊殺しのニュースを見て、「信じられない!」「ヒドイ母親もいたものだ!」「鬼畜だ!」「死刑だ!」なんて、呑気に言ってられる人は幸いなるかな。

あなたは、思いっきり幸運な星の元に生まれたか?

または、思いっきり鈍感か?

おそらくはその両方であろう。

 

世間には、ニュースの見出しを見ただけで、あまりにリアル過ぎて、ゲロ吐きそうになって、記事の詳細なんか読めない、という初心者お母さんは、想像以上に、多いと思う。

出会って、結婚して、妊娠して、仕事をやめて、産まれて、両親から遠く離れ、近所付き合いもない。学生時代・OL時代の友人とも疎遠になった。

味方は誰もいない。

ダンナは、美味しいトコ取りで、何か役に立った気になってる馬鹿。クソの役にも立たない。むしろ邪魔だ。

いやいや、とことん使えなくても、稼いでくる亭主がいるのはぜんぜんマシで、妊娠を知った途端、同居してたオトコが逃げてしまって、一人ぼっちのシングルマザー、なんていうパターンもあるだろう。

 

そして、若いお母さんは、孤立無援で、まったくコントロールできない「糞尿垂れ流しの騒音製造機」と24時間付き合うのである。

 

まあ当方とて、自分の始末も満足に出来ないボンクラで、こんな無責任野郎が言っても説得力は皆無だろうが、というより、若いお母さんが、こんな意味不明なことを書き連ねた、気色の悪い(笑)、しかもアクセス数の少ない(笑)ブログを読んでる可能性なんかゼロに近いだろうが、もし偶然にも該当者がいるのならば。

 

子育てのことは全く判らないが、歴史なら多少は調べたことがある。

一瞬でも赤子が憎くなった貴女は、出来の悪い母親でもヒドイ母親でも何でもない。世界基準で、ごくごく普通の、当たり前の母親なのだ。

 

「カワイイ赤ちゃんを殺すなんて、まったく理解できない」なんていう、他人の生活を想像すらできない、全く理解していない馬鹿の意見を、貴女の方から理解する義務は全くない。

 

母親は、いつもいつも子供をカワイイと思っている、なんてウソだ。

あまりの鳴き声に、気が狂いそうだ!、いっそどうにでもなれ!、と思い詰めてる母親は、貴女だけではない。

今現在、日本中にいるし、世界中にいる。

どころか、何百年、何千年前の大昔から、貴女と同じ思いで、ニュースネタになる一歩前で何とか踏み止まった母親たちが、何百万人・何千万人もいたのである。

 

おそらく、貴女も子守唄の一つや二つは覚えただろうが、

日本中にある、いや世界中にある、子守唄は、赤ん坊のための唄ではない。

子守唄は、子守をしてる女性(母とは限らない)のための唄なのだ。

赤ん坊を慰める唄ではなく、子守の女性の労苦を慰めるなのだ。

歌詞を読めば、判る。

インターネットは便利だ。ググったので、コピペしておく。 

 

「五木の子守唄」
おどまイヤイヤ 泣く子の守りにゃ
泣くと言われて(雇い主である赤子の親から)憎まれる 
泣くと言われて憎まれる
ねんねした子の かわいさむぞさ
起きて泣く子の面憎さ(憎たらしさ) 起きて泣く子の面憎さ
ねんねいっぺんゆうて 眠らぬ奴は
頭たたいて(叩いて)尻ねずむ(つねる) 頭たたいて尻ねずむ 

  

「竹田の子守唄」
守りも嫌がる 盆から先にゃ 雪もちらつくし 子も泣くし
盆がきたとて なにうれしかろ 帷子はなし 帯はなし
この子よう泣く 守りをばいじる(子供が泣き止まないで、私を虐める) 
守りもいちにち やせるやら(たった1日でもストレスで痩せる思いだ)
はよも行きたや(ここから逃げ出したい) この在所こえて
むこうに見えるは 親のうち

 

高知県土佐清水市の子守唄>
ねんねするゆうて ねる子はかわい
おきて泣く子は つらにくい
つらのにくいやつ まな板にのせて
大根きざむよに きざんでおいて
うらの流れに 流したい(泣き止まない赤子を切り刻んで捨てたい)

 

「宮崎県日南市の子守唄」
よい子よい子いうて 眠らん子は
びんたに てこぶし当ててやる(眠らない赤子の顔を殴りたい)
眠れ眠れ 猫の子
うっつけうっつけ 牛の子
ねんねこいうて 眠らずに
起けたら おかめが
とってかも とってかも’(寝ないなら妖怪が取って食うぞ)

 

熊本県人吉市の子守唄」
ねんねこや こんぼしや
ねんねこちゅうても ねらの子は(寝ない子は)
びんたに 手こぼし 二つ三つ(2,3発殴ってやる)

 

悲しげな旋律にのせられた日本の子守唄の歌詞は誠に陰惨だ。

赤ん坊を可愛がる気持ではなく、大音量で泣き叫ぶ赤ん坊への憎悪、児童虐待願望を切々と歌うのである。これが愛情の唄とは言い難い。

 

日本の有名な子守唄は、産んだ母親の唄、というより、雇われた子守少女の労働歌が多い。

場所も、九州中国四国から近畿、西南日本に多い。

これは、江戸時代後期から、明治大正昭和の戦前にかけて、日本の近代化と、凄まじい経済格差、貧富の差が背景にある。

 

貧困地帯「島原の子守唄」となると、もはや、赤子が眠る・眠らないの話ではない。 

 

島原の子守唄」

1番
おどみゃ島原の おどみゃ島原
梨の木 育ちよ
何のナシやら 何のナシやら
色気ナシばよ しょうかいな(私は醜女だから、売られず、子守だ)
はよ寝ろ 泣かんで オロロンバイ
鬼の池ん 久助どんの 連れんこらるばい
(泣いてばかりで眠らないと、女衒=人身売買の久助に異国へ連れて行かれるよ)

4番
姉しゃんな 何処行たろかい 姉しゃんな 何処行たろかい(買われた姉はどこへ)  
青煙突のバッタンフール(海外行きの蒸気船)
唐は何処ん在所 唐は何処ん在所(海外のどのあたりか)
海の涯(はて)ばよ しょうかいな
はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
おろろん おろろん おろろんばい

 

これが、日本の「前近代」と「近代」の狭間に咲いた子守唄である。

 

となりのトトロ」も、母が不在で、出来のいい娘・姉さつきに、わがままな妹メイの子守を任せっぱなしになってしまう。

姉さつきは、いかなる子守唄を歌うのだろうか?

妹メイは、泣かずに、わがまま言わずに、眠ってくれるのか?

妹メイが泣き叫ぶとき、姉さつきも「頭たたいて尻ねずむ」のだろうか?

それとも「まな板にのせて、大根きざむよに、きざんでおいて、うらの流れに、流したい」のだろうか?

 

歌は1番で終わらない。お次は海外。

 

子守唄は子殺し歌(2番)~ジブリ「となりのトトロ」~鬼がくるよ!お化けが出るよ!と悲鳴を上げる鬼やお化け。 - 在日琉球人の王政復古日記

に続く。

 

子守唄は子殺し歌(3番)~ジブリ「となりのトトロ」~昔は「初産の子供」が「初めての子育て」ではない。 - 在日琉球人の王政復古日記