在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

天皇、東宮、秋篠宮、愛子内親王~半永久的に戦争を背負わされた「しんどさ」~愛国は戦い。尊皇は反戦。

よくよく、冷静に、もう一度考えてみよう。やっぱりおかしい。異常だ。

 

この70年間、もはや当たり前の、右翼も、左翼も、誰も疑問を持たない、ヤマトの年中行事になってしまっているが、これはやっぱりマトモなことではない。

 

東京新聞:愛子さま「平和を願う」作文 広島訪ね「意識変わった」:社会(TOKYO Web)

2017年3月22日
 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)は二十二日、学習院戸山キャンパス(東京都新宿区)での女子中等科の卒業式に出席した。宮内庁は同日付で卒業記念文集に寄せた作文を公開。「世界の平和を願って」と題し、「『平和』は、人任せにするのではなく、一人一人の思いや責任ある行動で築きあげていくもの」と自らの言葉で平和の大切さを訴えた。
 愛子さまは昨年五月、修学旅行で広島市平和記念公園を訪れた。作文では、この訪問で「私の意識が大きく変わった」と述懐。実際に目にした原爆ドームやたくさんの千羽鶴核兵器のない世界を求めて燃え続ける平和の灯を通し「平和とは何か」を考えたと丁寧に記した。

 

東京新聞:「戦争 記憶に残すことが必要」 秋篠宮さま50歳:社会(TOKYO Web)

2015年11月30日

 両陛下は、相当以前から戦没者への慰霊を、強く常に念頭に置かれていました。今回戦後七十年の機会にパラオの慰霊をされたわけです。ずっとさかのぼると沖縄、一番最初は多分海洋博のときですから一九七五年、私はまだ小学生の子どもでしたけれども、沖縄戦のこととともに、戦没者を慰霊することについての話を折々に伺いました。そういう中で私も私の兄妹(きょうだい)も育ちましたので、そのことの大事さ、これからも慰霊していくことの大切さは常に頭の中に入れていますし、そういう機会に、私自身も実際に慰霊祭とかですることがありますけれども、慰霊する行為とともに戦争で亡くなった人たちのことに思いをはせる、そのことの大切さを感じています。

 

皇太子殿下お誕生日に際し(平成27年) - 宮内庁

2015年2月20日

私自身,戦後生まれであり,戦争を体験しておりませんが,戦争の記憶が薄れようとしている今日,謙虚に過去を振り返るとともに,戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に,悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています。両陛下からは,愛子も先の大戦について直接お話を聞かせていただいておりますし,私も両陛下から伺ったことや自分自身が知っていることについて愛子に話をしております。
我が国は,戦争の惨禍を経て,戦後,日本国憲法を基礎として築き上げられ,平和と繁栄を享受しています。戦後70年を迎える本年が,日本の発展の礎を築いた人々の労苦に深く思いを致し,平和の尊さを心に刻み,平和への思いを新たにする機会になればと思っています。

 

天皇陛下お誕生日に際し(平成26年) - 宮内庁

2014年12月19日

先の戦争では300万を超す多くの人が亡くなりました。その人々の死を無にすることがないよう,常により良い日本をつくる努力を続けることが,残された私どもに課された義務であり,後に来る時代への責任であると思います。そして,これからの日本のつつがない発展を求めていくときに,日本が世界の中で安定した平和で健全な国として,近隣諸国はもとより,できるだけ多くの世界の国々と共に支え合って歩んでいけるよう,切に願っています。

 

秋篠宮殿下だけでなく、東宮殿下も、聖上も、毎年毎年、ことあるごとに、戦争を語り、平和を語らないといけない。

さらに、敬宮愛子内親王殿下まで。

 

こんな王家は、世界中でも珍しい。他にあるだろうか?

 

もちろん、ヤマトの皇室は、イギリスやタイなど、他国の王侯と比較しても、宗教色が非常に濃厚なんで、戦争だけでなく、災害など、慰霊は密接な関係があるけれど、

逆に、世界の王侯に比較して、江戸時代前までは軍事を徹底して敬遠してきたわけで、いつまでも過去の戦争を意識しないといけない、というのは、ヤマトの皇室のあり方としては、想定外だろう。

 

それもこれも、明治維新以降、日本が戦争をやり続けてしまった結果である。

 

いやいや、負けなければ、皇室にこんな負担はかからなかった、負けたのがダメだっただけだ、という意見もあろうが、

もし日本が勝って戦争を終わっていたとしたら、皇室は、反省を背負わなくてもいい代わりに、今度は敗戦国の民衆の巨大な怨念や無限の憎悪が集中し、外国の政治活動家たちの復讐心のターゲットになり、その精神的負担を丸ごと背負わされることになっていたはずである。

 

ヤマトに限らず、国家は戦わなければならないだろう。国家はそのための存在だ。

しかし、ヤマトの皇室は、歴代、そういう「しんどい」ことから距離を置いて、平穏に過ごしてきたのである。

 

愛国は「戦い」だが、尊皇はあくまでも「戦わない」が基本だ。

ヤマトの国民が、戦争を、皇室に、半永久的に背負わせてしまったのだ。

  

天皇陛下と日本領釜山総督・安重根閣下がニッコリ握手(笑)~エリザベス女王VSシン・フェイン党IRAマクギネス - 在日琉球人の王政復古日記

 

(まとめ)琉球人から見た天皇制。 - 在日琉球人の王政復古日記