在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

「愛は凶暴。縁を切って」~平成女人仏陀 #上西小百合 、愛欲比丘尼 #今井絵理子 に仏教のエッセンスを説き給う。

上西議員 今井絵理子議員に愛を説く「愛は凶暴。縁を切って」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

2017/7/28(金)

 上西小百合衆院議員が28日、読売テレビ日本テレビ系で放送された「情報ライブ ミヤネ屋」のインタビューに応じ、不倫疑惑が報じられた今井絵理子参院議員に「バカですね~」とバッサリ斬った。

(略)
 今回の報道を受け、今井議員には「橋本市議とはちゃんと縁を切って、政務活動にまい進していただきたい」とアドバイス。「私自身は3年付き合ってる彼氏がいる」と明かした上で、「(橋本市議は)離婚も成立していない方ですから、私はそういう方にあまり誠実さを感じない」とコメント。さらに「愛は凶暴ですから、“好きだ、好きだ、好きだ”でやっていくのもいいかもしれませんけど、よく考えて、よく考えて、よく考えて」と愛を説いた。

(略)

 

正直言えば、半分、冗談だった。しかし、今は、半分ホンキだ(笑)。

彼女は本当に仏陀の再臨かもしれない。

まあ、再臨したら、仏陀じゃないんだが(笑)。

 

上西小百合氏、不倫疑惑報道の今井絵理子議員に「バカですね~」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

2017/7/28(金)

(略)
 橋本氏との今後の関係については、「とりあえず橋本市議とは縁を切って、ちゃんと政務活動に邁進(まいしん)していってほしい」とアドバイス。最後は「愛は凶暴ですから、好きだ好きだでやっていかれるのは、それはそれでいいのかもしれないですけど。よく考えてよく考えてよく考えて、本当に自分の政治活動にとってどういう環境を作っていくのがいいのかっていうのを考えて、あと(任期が)5年間ありますし、もしかしたら次もあるかもしれない、それをやっていってほしいなと思います」と同世代の“仲間”を諭した。
 上西氏は6月23日、自身のツイッターで今井氏について「この人ほど自分の役割を理解している人はいない。どうせ仕事なんかできやしないんだから、人寄せに徹している。ある意味立派」と投稿。今井氏はこれに「初めまして!まだ直接ご挨拶できなくて申し訳ありませんが、色々とコメントありがとうございます 女性同士、同級生同士、ともに日本を更に元気にしていきましょうね!」と返答し、以降もツイッターを通じてやり取りが続いていた。
 上西氏は、今回の不倫疑惑報道について、26日付のツイートでは「週刊誌も読んでないし、真相もわからないけれど速やかに対応して、通常通り政治活動を行って欲しい。今井議員が来るだけで元気が出る人がいるんだから」と今井氏にエール。27日には「今井議員が、橋本市議の事を大好きなのはよくわかりました。ならば2つ。周囲を犠牲にしてでも愛を貫くか、プライベートをほったらかして政治活動に集中するか」と提案していた。

 

当ブログでは、日本国中、他の誰もやってないと思うが(笑)、小百合ちゃんと仏教思想をからめて、何回か書いてきた。

しかし、まさか、本人の口から「愛は凶暴」「縁を切れ」なんて、仏教の本質そのものに切り込む言葉が発せられるとは予想もしてなかった。

 

小百合ちゃんって、ひょっとして、本当は、頭が良いんじゃないのか? 

バカみたいなパンダメイクだけど(笑)。

 

単なる死人、単なる狂犬ではなく、ホンモノの政治家かもしれない。

 

女人無縁仏 #上西小百合 如来~ #他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ = #犀の角のようにただ独り歩め - 在日琉球人の王政復古日記

 

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!南斗鳳凰拳に構えはない! #橋下徹 も #浦和レッズ も勝てぬ聖帝 #上西小百合 - 在日琉球人の王政復古日記

 

#橋下徹 に噛み付ける「生ける屍」 #上西小百合 は政界に必要な狂犬~小沢一郎と山本太郎で再選を! - 在日琉球人の王政復古日記

 

勤勉は美徳にあらず~上西小百合ちゃんVSフォン・マンシュタイン元帥~橋下さん「見切り千両」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「おなかすいた」 #相模原障害者施設殺傷事件 #植松聖 (1)~障碍者の娘、癌の父母VSエリート思想・釈迦の無慈悲。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「おなかすいた」 #相模原障害者施設殺傷事件 #植松聖 (2)~障碍者の娘、癌の父母VS無力な敗北者・孔子の慟哭。 - 在日琉球人の王政復古日記