読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

日本の9条護憲派左翼は、なぜキューバ軍事独裁者カストロを批判しないのか?

フィデル・カストロこそは、生ける「アンチ9条」「アンチ日本国憲法」である。

 

もし、カストロの存在を認めてしまえば、彼の言い分を認めてしまえば、反戦平和も民主主義もウソッパチということだ。

 

Yahoo!ニュース - 米・キューバ国交正常化 カストロ議長「敬意と感謝」の意 制裁解除に期待 (産経新聞)

 

彼は、主義主張のために他人を殺してきた殺人者だ。主義主張のために銃を握り、自ら進んで戦争を引き起こした。その後もキューバ軍は戦力を保持し続け、軍拡を進めてきた。

そしてソ連の核ミサイルを国内に設置しようとした核兵器拡散の首謀者だ。

さらには、キューバ軍を海外派兵し、アフリカ諸国で戦争をやらかしている。ソ連を中心とした「集団的自衛権」を行使しまくった戦争屋である。

彼は今でも軍服を脱がない。軍服を着た政治家を許していいのか?

 

革命後、普通選挙なんてただの一回もやってない。

何回も普通選挙を実施してる民主主義者・安倍ちゃんとは比べ物にならない、民主主義の完全否定である。

当然、野党も認めず、政権交代も無く、あろうことか、権力を実の弟に世襲させた。自民党世襲議員一族も真っ青だ。

キューバの刑務所には政治犯がたくさん閉じ込められ、政治亡命者も大量に発生した。

 

軍部に特権的地位を認め、集団的自衛権を行使し、海外派兵し、核ミサイルまで欲しがり、普通選挙も実行せず、政権交代も許さず、政治犯を投獄し、一族で政治を独占する。

カストロこそ「憲法9条の敵」である。

 

岩波の世界も、週刊金曜日も、民主主義者・安倍ちゃんを批判する前に、海外派兵で外国人を殺したカストロを糾弾せよ。

 

西暦1962年、人類と文明が終わりかけた14日間~オバマのアメリカ、カストロのキューバと国交正常化交渉。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

カストロが「南米の金日成」「左のピノチェト」にならなかった理由は?~科学から神学へ後退する政治学。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

無条件降伏の大日本帝国VS国体護持のキューバ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

フィデル・カストロ爺さんよ、貧困や革命は語ってイイが、あんたに核兵器や戦争を批判する資格だけは1ミクロンもない。 - 在日琉球人の王政復古日記