在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

#六代目山口組 #神戸山口組 #任侠団体山口組 ~国家とは土建屋である~「公認されたヤクザ」=国家/「未公認の国家」=ヤクザ。

日本の建設会社を、「ゼネコン」なんていったり、「土建屋」なんていったりするが、大きな会社を並べてみると。

鹿島建設 ← 鹿島
清水建設 ← 清水
大成建設 ← 大倉土木
大林
竹中工務店
戸田建設 ← 戸田
長谷工コーポレーション
三井住友建設 ← 西本
五洋建設 ← 水野
前田建設工業 ← 飛島
西松建設 ← 西松
熊谷
東急建設
安藤・間 ← 安藤、間
鴻池
フジタ ← 広島藤田
奥村 

  

今でも「」を名乗っている会社は多い。

今は「XX建設」と名乗っていても、会社創立時は」だったところが大半。

特に戦前からある会社はほとんどが「」だったといっていい。

一度も「」を名乗ってない会社は、だいたいが戦後生まれである。

 

六代目山口組分裂~天皇家VS王家~山口組VS清水次郎長一家~仙台藩VS陸奥少将御家中。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

ヤクザの組織は、なぜ「組」と名乗るのか?

建設会社は、なぜ「XX組」から「XX建設」「XX工務店」なんかにに改名するのか?

 

もともと「組」はヤクザを意味する単語ではない。

江戸時代まで「会社」という言葉もなかったわけで、仕事の組織や企業は、一般に「XX屋」と屋号を名乗ったり、「XX組」と名乗った。

土木建設業もだいたいは「屋」や「組」を名乗った。

ヤクザだって、仕事の組織なわけで、堅気の企業と同じように、屋号を名乗ったり、「一家」と名乗った。名称にヤクザと堅気の違いはなかった。

 

しかし明治政府による博徒取り締まりがあり、博徒の看板で商売することが難しくなり、多くの博徒が表看板を、主に、土木建設業に鞍替えした。そこで土木建設業が使う「組」を名乗るヤクザが増えたわけだ。

 

だから本来は、土木建設業の方が「組」で、ヤクザは「一家」だった。

しかし、ヤクザが「組」を名乗り出し、いつの間にか「組」にヤクザのイメージが付いてしまった。そこで元祖「組」の土木建設業の方が、逆に「組」の名称を敬遠するようになった。

 

たとえば、本来「リベラル」という言葉が、自由競争、下手をすると弱肉強食すら意味する「自由主義」の意味だったのが、いつも間にか「社会福祉」「弱者救済」「ソフトな社会主義」を意味するようになり、逆に資本主義者が「リベラル」と名乗らなくなったのと同じである。

 

だから、ヤクザと土木建設業は本来は別物、無関係、、、と言いたいところだが(笑)、そうでもない。

 

なぜなら、ヤクザが博徒の看板じゃマズイから別業種を名乗る、のならば、別に土木建設業に限る必要はない。

堅気の名称ならば、たとえば、洋菓子店でも、学習塾でも、精密機械メーカーでも、宗教団体でも、なんでも良かったわけだ。

 

しかし、大半のヤクザは土木建設業を名乗った。なぜか?

それは、もともとヤクザと土木建設業が近接した業種だったからだ。

 

背中に唐獅子牡丹のお兄さんが、「ぼく、パティシエです」と名乗ったら、いくらなんでも世間からツッコミが入るが(笑)、「オレたちは土建屋だ」と名乗れば、世間もおかしいとは言わなかったのである。

世間的にも、ヤクザが土木建設業を名乗ることは、丸っきりのウソ、でもなかったのだ。

つまり土木建設は、もともとヤクザの商売だったのだ。 

 

これは、ヤクザの話だけではなく、「政治」なるもの全般を考える上では、けっこう重要な話なのだ。

 

なぜなら、国家の仕事とは、大昔から土木建設なのである。

人類の黎明期、メソポタミアも、エジプトも、インダスも、支那も、インカも、アステカも、ローマも、古代文明に誕生した国家は、治水、灌漑、墳墓、神殿、都市、道路、築城、いろいろあれど、要はみんな土木建設が一番重要な仕事だったのだ。

 

ピラミッドを作り、万里の長城を築き、黄河の洪水をナントカするのが、王様や皇帝の仕事だった。

というか、おそらく、話はサカサマで、土木工事をやるために、その工事請負主体として「国家」を必要とした、といったほうが正しいのかもしれない。 

 

「最初の王様」は「土方の親方」ということだ(笑)。

 

万里の長城VS京杭大運河~日没する処の天子・隋の煬帝が聖徳太子に復讐する。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

土木工事というのは、「なにかを作る」という意味では、農業や、製鉄とか陶器とか工芸品とか他の製造業と同じだが、土木工事特有の要素がある。

 

まず、必要な労働力が大量である、さらに需要に大きな「ムラ」がある。

たとえば、治水工事なんかは、雨季にやるわけにはいかない。そして一度完成すれば当分工事はない。しかしたまたま豪雨で決壊すれば緊急に仕事が発生する。

墳墓も王様が長寿だと回数が減る。逆に急死したら急いで作らないといけない。

土木工事は長期計画が立たないのだ。

 

これが農業なら、コメだろうがムギだろうがトウモロコシだろうが、毎年極端に需要が増えたり減ったりしない。タネまきの時期も、収穫の時期も、暦通りで毎年同じだ。

というか、人間が、暦だの季節だのに敏感なのは、農業のためである。

陶器を作る職人なら、毎日、毎年、一定量を作ればいい。陶器を必要にしない時期や季節なんてもんはまずない。季節により需要が変化しても、そのパターンは決まっている。つまり長期計画が立てやすい。

 

農業や他の製造業に比べて、土木工事の労働力は、長期安定継続雇用が難しく、どうしても臨時雇いになってしまう。

仕事が無い時、労働者をどうする? いざという時のために無駄飯を食わせるのか? それとも、飢えても知ったことではない、と解雇するのか?

もし、急に需要が発生して仕事が殺到した時、必要な労働力をどうやって駆り集めるのか?

土木工事はこういう労働問題が発生しやすい。

大昔において、それを解決するのは、法律ではなく、「暴力」しかない。

 

次に、工事現場は毎回同じではない。常に移動する。

現場が移動すれば、労働力を移動させねばならない。 

 

農業は毎年毎年同じ場所でやればいい。田んぼは移動しない。常に同じ場所にある。焼畑にしても定期的なルートの中で収まる。
その他の製造業も、仮にA地区で陶器の需要が発生しても、陶器職人がわざわざA地区に引っ越して仕事をする必要はない。居住地のB地区で陶器を作って、需要のあるA地区に運べばいいだけだ。

 

しかし土木工事は、A地区の灌漑工事はA地区でやらないといけない。B地区の築城工事はB地区でやらないといけない。

となれば、どうしても労働力の移動が必要になる。

労働者を、生まれ故郷から引き剥がし、家族や村落という共同体から個人をバラバラにして、連れて来て、住まわせて、食わせて、黙らせて、働かせる。

こういう「無理」には、どうしても「暴力」が必要になる。

 

また、土木工事は、農業や他の製造業に比較して危険度が高い。労働者の事故や怪我が付き物だ。

不安定な雇用で、しかも事故が危険となれば、そういう職場の労働者は荒っぽくなる。刹那的で、金銭トラブルや、喧嘩・騒動も起こりやすい。

農民より職人より乱暴な労働者をどう管理するか? これも「暴力」である。

 

さらに、土木工事は1つの仕事の受注単価が高い。

コメ一俵、茶碗1つ、に比べて、治水工事の価格はケタが違う。

依頼主は国家のような金持ちだし、決定権は自分のカネではない官僚だし、普通の商売とは違って、受注合戦は過熱しがちだ。

これも非合法、アンモラルな商売につながりやすい。

 

以上、いろんな意味で、土木工事というのは、「暴力」が必須で、「暴力」を行使できる主体=工事請負業者が必要になるのだ。

 

その暴力が、

共同体で公認されたものならば、その工事請負業者は「国家」と呼ばれ、

共同体で公認されていなければ、その工事請負業者は「ヤクザ」と呼ばれる。

 

公認か、未公認か、「国家」と「ヤクザ」の違いは、それだけ、なのだ。

 

「王の、つまり、神のご命令だ。レンガを積め」となるか?

「メシが食いたければ、はやく土を運べ」となるか?

 

「公認されたヤクザ」=「国家」であり、

「未公認の国家」=「ヤクザ」ということである。

 

六代目山口組分裂~ヤクザと同じ「母体」から生まれた秘密結社その1~自由な石工「フリーメーソン」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

六代目山口組分裂~ヤクザと同じ「母体」から生まれた秘密結社その2~儒教のライバル「墨家」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

(まとめ)六代目山口組分裂~ #山口組 #弘道会 #山健組 - 在日琉球人の王政復古日記