在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

今こそ「第5次琉球処分」を!~日米にとって、琉球に、アメリカ軍は必要だが、土人は邪魔である。

相変わらず、わが同胞・琉球人は、思いっきりカン違いしたままだ。

米軍と琉球人、日本がどっちを必要にしているのか、まだ判らないのか?

 

沖縄県民大会に6万5千人 被害者悼み海兵隊撤退要求 (沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース

「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催・オール沖縄会議)が19日午後2時から、那覇市の奥武山公園陸上競技場をメーン会場に開かれ、主催者発表で6万5千人が参加した。
 米軍関係の事件や事故を根絶するため在沖米海兵隊の撤退などを求める決議を採択。会場は被害者への鎮魂の思いと静かな怒りに包まれ、二度と事件を繰り返させない決意を日米両政府に突き付けた。
 登壇した翁長雄志知事は「卑劣な犯罪は断じて許せない。強い憤りを感じている。被害者に『あなたを守ってあげられなくてごめんなさい』とおわびした。政治の仕組みを変えられず、政治家として、知事として痛恨の極みだ」と述べた。
 海兵隊撤退は県議会が事件への抗議決議で県議会史上初めて明記し、大会決議案にも盛り込まれた。基地あるが故の事件・事故を根絶するためには根源となる基地をなくす必要があるとの考えで、米軍普天間飛行場の県内移設によらない閉鎖・返還、日米地位協定の抜本的改定を併せて要求した。宛先は首相、外相、防衛相、沖縄担当相、米大統領、駐日米国大使。

 

先日、琉球諸島で、米軍軍属が、琉球人女性を、強姦の上、殺害した。

 

再び繰り返してはならない、という思いは、琉球人も、ヤマトンチュも、アメリカ軍も、同じである。

 

日米地位協定VS犯罪発生率~在日米軍米兵VS沖縄県民VS日本全国平均~この事件は日本民族には無関係。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

確かに、もし、琉球諸島に、米軍がなければ、軍属が、琉球人女性を強姦したり、殺したりすることは、理論上、物理的に、なくなる。

 

しかし、これが唯一の解決策ではない。

 

もし、琉球諸島に、琉球民族がいなければ、米軍が何万人いようと、存在しない琉球人女性を強姦したり、殺したりすることは、理論上、物理的に、なくなる。

 

つまり、琉球諸島から、米軍を消しても、問題は解決するが、

琉球諸島から、琉球民族を消しても、まったく同様に、問題は解決する。

 

要は、アメリカ政府と日本政府は、東アジアの地政学的要衝・琉球諸島から、

A案:約4万5千人のアメリカ軍人・家族に祖国へお帰りいただく。

B案:約140万人の土人を島から叩き出す。

A,Bのどっちかを選択すればいいのである。

安全保障の要・アメリカ軍。

役に立たないゴク潰し・琉球土人

どっちが、日本を守る最前線・琉球諸島に必要な存在なのか?

 

「民族差別」ではなく「地政学」である~韓国と台湾こそ琉球へ「思いやり予算」を支払うべき。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

アメリカ政府は、琉球に、米軍を必要としているが、原住民は要らない。
ヤマトンチュも、琉球に、米軍を必要としているが、原住民は要らない。

琉球人だけが、琉球諸島に住みたい!とワガママを言いたい放題である。

関係者の意見は、2対1の多数決で、残念ながら、琉球人に琉球諸島から出て行ってもらうことになる。日本国憲法の精神・民主主義には従わねばなるまい。

 

だいたい、米軍がいない場所で暮らしたい琉球人は、わざわざアメリカ軍のいる琉球諸島に住む必要はないのだ。

雪や寒さが苦手な日本人は、北海道や東北から、西日本へ引っ越せばいいのである。

火山灰がイヤなら、鹿児島市に住むのが間違っている。

ヤマトには、周辺に米軍基地がない場所がいくらでもある。米軍がイヤな琉球民族140万人は、ヤマトへ移民すればいいのだ。

 

個人的には、外国による「琉球処分」は4回あったと思っている。

第1次琉球処分:1609年(慶長14年)
  薩摩藩による、琉球侵略戦争琉球征伐」。

第2次琉球処分:1872年(明治5年)~79年(12年)
  明治政府による、いわゆる「琉球処分」。

第3次琉球処分:1945年(昭和20年)~52年(27年)
  アメリカ軍による、沖縄戦および軍政「琉球政府」。

第4次琉球処分1972年(昭和20年)
  日米両政府による、
いわゆる「沖縄返還」「本土復帰」。

 過去に4回もあったんだから、未来に5回目があってもおかしくない。 

 

パトリオティズムVSお引越し~シリア難民は内戦がイヤでEUへ逃げた。琉球人も米軍基地がイヤならヤマトへ逃げろ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

もちろん、ヤマトンチュが、ウェルカムと歓迎してくれるかどうかは怪しい。

「イヌと琉球人お断り」と拒否するかもしれない。

まあ異民族の、しかも土人を敬遠するヤマトンチュの気持ちも判らんではない。

しかし、ヤマトンチュの皆さんはあまり馴染みがないかもしれないが、通常の外国人とは異なり、琉球人はかなり特殊な外国人である。

無教養な土人といっても、4足歩行ではなく日本人と同じ2足歩行だし、意外にも日本語がけっこう上手に話せるし、悪癖も蒸留酒で酔っ払うくらいがせいぜいで、人肉食や首狩りや名誉殺人なんかの野蛮は風習も持ってない。

ちゃんと訓練すれば、ウンコもオシッコも路上ではなくトイレでやるように躾けられる。自慢じゃないが、この私もウンコの時はキッチンの流しじゃなくちゃんとトイレに行く。信じてもらっていい。

まあ、勤労意欲に欠け、法規範にルーズな面はあるが、基本的におとなしくて、飼い主に従順だ。

解剖学的な尻尾は持たないが、いつも「心の尻尾」を振って飼い主に媚びる臆病な畜生である。

地元の日本人ともなんとか上手く共生できるのではないか?

 

もし、琉球諸島からも追い出され、ヤマトからも拒否されたら、あとは南シナ海の海底くらいしか琉球人の居場所はない。

そうなれば覚悟を決めて、琉球人も肺呼吸からエラ呼吸へ肉体改造するしかない。

根性さえあれば土人でも不可能はないだろう。

 

アメリカ式VSロシア式VSドイツ式~「第5次琉球処分」を考える。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

” Je suis #基地外 ”~日本人が名付けてくれたんだから、未開土人琉球民族は胸を張って #基地外 と名乗ろう。 - 在日琉球人の王政復古日記