在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

本来の大阪はお笑いヨシモトではない~上品で軟弱な大阪~文楽人形浄瑠璃~宝塚歌劇~「またも負けたか八連隊」。

大阪人のカン違い~商業ブルジョア「細雪」から、吉本興業&山口組「岸和田少年愚連隊」へ~大阪VS沖縄琉球 #土人 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

全国の平成の皆さん、昭和も後半の皆さんにとって、

大阪で盛んなエンタメ芸能と言えば、近年USJもあるが、まあ思い浮かぶのは吉本や松竹の漫才を中心とした「お笑い」だろう。

 

しかし、大阪のエンタメ芸能はお笑いだけではない。こういうのもある。

 

http://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/g4224776.jpg

 

100年の歴史を誇る、菫の花咲く頃の宝塚歌劇だ。

 

そして、戦後高度経済成長以前からさかのぼって江戸時代まで、関東人がイメージする、大阪特有のエンタメ芸能と言えば、まず、こっちだった。

 

http://www.manabi-takaoka.jp/info/bk/images/bk01_top06062.jpg

 

文楽人形浄瑠璃である。

歌舞伎や落語は、上方にもあるが、江戸にもある。

しかし文楽に関しては、やはり大阪が中心地だった。

 

文楽といえば、一時期、橋下時代に、文楽に税金を使う使わないでもめたけど、橋下さんの他の分野の評価は別にして、あの時、「平成の新しい大阪」が、「江戸時代から昭和までの本来の大阪」を潰しかけたのだ。

自由市場優先のネオリベ思想から言えば、橋下さんが正しかったかもしれないが、歴史と伝統を保守する立場ならば、本来のオリジナルの大阪文化を滅ぼしかねない危機だった。

 

宝塚歌劇にしても、文楽人形浄瑠璃にしても、まあどう見ても、お笑い専門じゃないし、ガラの悪いヤクザテイストな娯楽でもない(笑)。大阪のイメージとは、本来、こういうものだったのだ。

 

《鉄》VS《ヅカ》~撮り鉄無間、乗り鉄天魔、スジ鉄亡国、蒐集鉄国賊。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

宝塚歌劇を支えたのが、戦前の京阪神モダニズム

文楽を支えたのが、江戸時代からの大資本商人。

つまり、大阪は、日本初かつ日本最大の、おハイソでリッチでノーブルでエレガントな商業資本ブルジョアの街だったわけだ。

本来の大阪はお上品なのである。それこそ「宵越しのゼニは持たねえ」だの「火事と喧嘩は江戸の華」なんてヤクザ気質を自慢していた、江戸=東京の方が、よっぽど下品で乱暴な街だった。

 

さらに、昔の大阪は、お上品を通り越して、あきんど根性、計算高い、軟弱、というイメージすらあった。喧嘩上等のヤクザとは正反対だ。

 

《慰安婦映画列伝》新東宝「暁の脱走」(1950)~GHQ「慰安婦はエロチックだから映画にしちゃダメ!」 - 在日琉球人の王政復古日記

余談だが、この慰問団の斡旋業者(本当は、慰安婦を管理していた女衒軍属)、なぜかコテコテの大阪弁なのだ(笑)。

「またも負けたか八連隊」ではないが、大阪人は根っからの商人で、軍人には向かない、というイメージが1950年代にも残っていたのである。

 

戦前には日本にも徴兵制があったわけだが、徴兵されて配属されるのは地元の連隊が原則だった。だから連隊内は同じ地域の出身者ということが多かった。つまり戦前の陸軍は「郷土軍」的色彩も濃かったのだ。

大阪にあったのが歩兵第八連隊

そして、この大阪八連隊は、他の連隊にはないユニークなイメージがあった。

八連隊の連中は大阪出身。彼らの先祖は、武士ではなく剣も振るわず、農民でもなくクワも担がず、ソロバンより重いモノを持ったことがない商人と丁稚だらけ。体力も根性もない。損得勘定に長けて勇気に欠ける。ということで、全国的に大阪八連隊には「日本一弱い連隊」というイメージが付いてしまった(笑)。

そして、こういう戯れ歌まで作られた。

 

♪ またも負けたか 八連隊 ♪
♪ それでは勲章 九連隊(くれんたい) ♪
♪ それでは陣屋も 十連隊(取れんたい) ♪
♪ 大阪鎮台 ヘボ鎮台  ♪
♪ それでは戦(いくさ)は 八連隊(やれんたい)  ♪

 

現実の八連隊は、鹿児島西南戦争の時代からの歴戦の連隊で、決して弱くはなかったのだが、ここで、事実はどうでもいいのだ(笑)。

重要なのは、大阪人自身が「日本一弱い八連隊」というイメージに、不愉快を感じたり、憤激したりしていないことだ。

たとえば、九州男児なら軟弱と言われれば怒るだろう。東北・会津人なら維新の賊軍・朝敵というイメージは許せないだろう。どっちも名誉回復を主張するはずだ。

しかし大阪人は、軟弱という汚名を雪ぐどころか、面白がって、自分たちで「またも負けたか♪八連隊♪」と歌い出す始末だった(笑)。

商人マインドの大阪人は、軟弱を不名誉と思ってなかった。ヤクザ気質とは正反対である。

ただし、こういう自虐・諧謔は、都市住民の精神であり、後のヨシモト全国制覇につながる「お笑いの遺伝子」は確かにあったことになる。

  

戦後高度経済成長「大阪VS東京」3連敗~「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」~大阪VS沖縄琉球 #土人 - 在日琉球人の王政復古日記

へ続く。