在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

人間は、悲しい。~チビチリガマ=靖国神社=慰安婦像徴用工像=心霊スポット=肝試し

<チビチリガマ荒らし>「心霊スポット」「肝試し」少年供述 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2017/9/16(土)
 太平洋戦争末期の沖縄戦で住民83人が集団自決に追い込まれた沖縄県読谷(よみたん)村の自然壕(ごう)「チビチリガマ」で遺品などが壊された事件で、県警嘉手納署は15日、看板や千羽鶴を傷つけた器物損壊の疑いで、県内に住む16~19歳の少年4人を逮捕した。少年らは「心霊スポットに行こうと思った」「肝試し」などと供述。「やったことは間違いありません」と容疑を認めているといい、同署は今後詳しい動機や経緯などについて捜査する。
 逮捕されたのは、沖縄本島中部に住む16~19歳の無職や型枠解体工の少年4人。
 逮捕容疑は9月5日正午ごろ~12日午前11時ごろの間、読谷村波平の村指定文化財チビチリガマで、看板2枚や額、千羽鶴4束を損壊した、としている。
 少年らの供述によると、10日午前中にバイクでチビチリガマに行き、損壊行為には棒も使ったとしているという。現場には他にも数人がいて、逮捕された少年らに「やるな、やるな」と制止する場面もあったという。
 チビチリガマでは他にも、内部にある遺品の瓶やつぼなどが割られており、少年らの関与も今後調べる。チビチリガマが荒らされているのは今月12日に発見され、捜査や「チビチリガマを荒らした少年がいる」という情報が寄せられたことなどから、少年4人が浮上したという。遺族会は15日に被害届を出した。
 村史などによると、1945年4月1日に米軍が沖縄本島中部西海岸に上陸すると、住民約140人がチビチリガマに避難したが、米軍に捕まることを恐れて翌2日に家族同士などが手をかけたり、毛布に火をつけたりして、83人が集団自決した。

 

※時間がないので、簡単に。

 

人間は、悲しい。


マトモに教育なんて受けてないだろう、琉球土人のDQNなガキすら、高度に宗教的な観念から逃れられていなった、という残酷な事実。

 

もしも彼らの動機が「売れそうな金目の物を探していた」「食えそうなモノを探していた」ならば、私は彼らボンクラ小僧を全面的に擁護していた。

 

もし、そういう経済的な動機ならば、右翼だの、左翼だの、戦争だの、平和だの、死者だの、生者だの、そういう「人間にしか意味がない妄想の呪縛」から自由なわけで、彼らは人間という呪われた存在からテイクオフ出来ているからだ。

 

しかし、彼らもまた「肝試し」という、人間しかやらない、人間しかできない高度な宗教行為に呪縛されていた。

 

イヌやサルだって、食い物を探すために、チビチリガマを荒らすだろう。
しかし、イヌやサルは、「肝試し」を理由に、チビチリガマを荒らさない。

 

「肝試し」は、人間にしかできない行為だ。そういう意味で、「慰霊」や「鎮魂」や「ナショナリズム」と全く同じレベルである。


土人ガキの肝試しは、

反戦平和のチビチリガマとレベルが同じだし、

英霊尊崇の靖国神社と理屈が同じだし、

朝鮮民族の恨(ハン)である慰安婦像徴用工像と、その思想は全く同じである。

 

テレビや雑誌やネットで、パワースポットだの、心霊写真だの、やりたい放題やってるのである。

教育から排除された(自分から脱出した)、ネットとテレビからしか情報を受け取っていない土人ガキが、インチキまる出しの心霊スポットを信じ込んでもしょうがないじゃないか。

 

同じ「宗教」である。

チビチリガマだの、

靖国神社だの、

慰安婦像徴用工像だの、

を妄信している人々に、

肝試しのガキを批判できる、

いかなる根拠があるというのか?

 

幸か不幸か(笑)、せっかく教育から脱出したのに、それでも琉球土人ガキは、見えるモノ、聞こえるモノ、触れるモノ、臭うモノ、しか信じない、認識しない、イヌやサルのレベルには「進化」できなかった。

 

彼らもまた骨の髄まで人類という呪縛にからめとられていた。
本人たちに認識はないだろうが’(笑)、彼らもまた、支那孔子の遠い弟子だ。

 

人間は、悲しい。

 

※これは、右だの左だのより、もっと重要な事件なので、時間と気力(笑)があれば、後日加筆修正したい。

 

《馬鹿映画列伝》「まぼろしの市街戦」(1966年)~ヨハネ福音書「言葉は神」VS創世記「善悪を知る木」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《馬鹿映画列伝》「26世紀青年/IDIOCRACY」(2006年)~論語VS老荘~イワンの馬鹿、ポルポト、反知性主義。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

『犭二』『犭犭』の発見~インドの感電サルVS支那の孔子。 - 在日琉球人の王政復古日記