在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

軍隊に下げる頭はない~海自哨戒機レーダー照射~沈勝燮韓国海軍参謀総長の玉虫色の白旗。

ネトウヨさんは、政治や軍事や歴史が好きなはずなのに、なんで、沈勝燮韓国海参謀総長の訓示の意味が「理解できない」のか?

これが、開き直り、日本への強硬措置、日本にケンカを売っている、としか理解できないとしたら、もう、向いてないから、政治に関心を持つのは止めた方がイイと思う。

 

まあ、ネットは無理解でも、沈勝燮さんが一番伝えたい相手である日本の海上自衛隊制服組や外務省には、十分伝わってると思うけど。

だって、日韓どっちも「同じ商売」「同じ境遇」だからねえ。

 

韓国海軍参謀総長「いかなる偶発状況にも国際法に則り直ちに対応・終結を」 | Joongang Ilbo | 中央日報

2019年01月07日
シム・スンソプ韓国海参謀総長が7日、韓国東海(トンへ、日本名・日本海)を管轄する海軍第1艦隊司令部を訪問して新年に軍事対備態勢の現場を点検した。
シム総長はこの日午前、第1艦隊司令部を訪問して「すべての諸隊は外国艦艇・航空機遭遇など海洋で発生し得るいかなる偶発状況にも作戦例規や規定、国際法に則り即刻に対応し、現場で作戦を終結させなければならない」と呼びかけた。
また「すべての艦艇は作戦を遂行しながら様々な状況を同時に管理できるように能力を備えて作戦の完全性を保障しなければならない」とし「海軍のレベルでも艦艇が最上の戦闘能力を発揮することができるように兵器体系を持続的に発展させていく」とも述べた。
また、シム総長は「指揮官から水兵まで精神的対備態勢を構築し、いかなる状況にも毅然と対処する一方で、必要な時は少しも躊躇せず断固として対応し、海洋主権を死守して国民の生命と財産を保護する本来の任務を全うする必要がある」と強調した。

 

海軍トップがレーダー問題の部隊を訪問 対応を叱責? -Chosun online 朝鮮日報

2019/01/07
【東海、ソウル聯合ニュース】海軍制服組トップの沈勝燮(シム・スンソプ)海軍参謀総長は7日、威嚇的な飛行を行った海上自衛隊の哨戒機に対し煮え切らない対応をとったとして批判を受ける駆逐艦「広開土大王」の所属部隊を訪問し、叱責とも受け止められる発言をした。
 海軍によると沈氏はこの日午前、東海を守る海軍1艦隊司令部を訪問し、新年の軍事対応態勢の現場を点検した。同艦隊は先月20日、東海上北朝鮮の船舶を救助中に海自の哨戒機と遭遇した「広開土大王」が配備された部隊。 
 「広開土大王」を巡っては、同駆逐艦から海上自衛隊の哨戒機が火器管制レーダーの照射を受けたと日本が主張。韓国側は火器管制レーダーの照射は行っておらず、むしろ海自哨戒機が同艦に対し威嚇的な飛行を行ったとしている。
 沈氏はこの席で「全部隊は外国の艦艇・航空機との遭遇など海上で発生しうるあらゆる偶発状況に対し、作戦例規や規定、国際法に基づいて即時に対応し、現場で作戦が終結するようにしなければならない」と指示した。
 また「すべての艦艇は作戦を遂行しながら様々な状況を同時に管理することができるよう、能力を備え、作戦の完全性を保障しなければならない」と強調した。沈氏のこのような発言は「広開土大王」が海自の哨戒機の威嚇飛行に対し、適切な対応をしなかったとの批判を意識したものと受け止められる。 
 武装した軍用機が艦艇に向かって近づく行為は危険であり、接近しないように警告するべきだったが、同艦は海自の哨戒機に対し、そのような措置を取らなかった。
 また「様々な状況を同時に管理できる能力」を強調したのは、北朝鮮の漁船の救助作戦を行いながらも、外国航空機の威嚇飛行のような突発的な状況におかれれば、適切な措置を取らなければならないとの叱責と受け止められる可能性がある。
 海軍関係者は「沈総長は激励のため1艦隊司令部を訪問した」とし、拡大解釈に対する慎重な姿勢を示した。 

 

もちろん、沈勝燮さんの訓示は、字面だけなら、表面上は、謝ってない。

しかし、それは、軍隊なら、当たり前なのだ。

 

韓国軍に限らない。古今東西、軍隊に下げる頭はない。ヤクザと同じで「名誉=メンツ」が生命線なのだ。

 

降伏ですら、頭は下げない。正々堂々と降伏するのである。

勝者も、「同業者」だから、その立場は痛いほど理解している。だから、敗者への侮辱を避ける。なぜなら、明日は我が身だからだ。可能な限り、相手の名誉を守るのだ。

 

どこの軍隊でも、何かの失敗や不祥事をやらかしても、簡単には頭を下げない。

誤射や誤爆など、馬鹿な現場の暴走やミスでも、対外的には、隠蔽して守り通す。アメリカ軍でも、ロシア軍でも、人民解放軍でも、それこそ、旧帝国陸海軍でも、よっぽどのことがない限り、間違いとは認めないのだ。

 

頭は下げられない。しかし、強硬一辺倒では、本当にケンカになる。

そこで、表面上は強気で、言葉の奥に「ごめんね」を隠した、そういう文章を作成するのである。

沈勝燮さんの今回の発言は、そういう発言だ。

よく読んでもらいたい。

沈勝燮さんは、

・「日本」という国名を1回も出していない。ケンカを売るつもりはない。

・「国際法」を強調している。当然、レーダー照射はアウトなのだ。

・「現場で解決しろ」というのは、「後で海軍や政府が処理に困るような不祥事は起こすな」と言いたのである。

・「警告するのを怠った」という叱責は、「警告すればいいだけなのに、レーダー照射するバカがどこにいる!」という意味なのだ。

 

沈勝燮さんは、海軍の現場に向けて、読者の韓国国民に向けて、しゃべってる、ように見せかけて、同業者の海上自衛隊と日本の外務省に向けて弁明しているのである。

 

海上自衛隊は判ってると思うけど、陸軍主導の韓国軍の中で、韓国海軍は立場が弱い。さらに青瓦台も従北左翼で、現場を理解するつもりがない。私としてできるのは、これが限界なんだ。アイゴー!」

という沈勝燮さんの絶叫が聞こえてくるようだ(笑)。

 

日本のネトウヨさんも判ってないが、韓国のマスコミも、どこまで判っているのか?少々不安になる(笑)。

特に、読者におもねる傾向が強いポピュリズム中央日報は、記者が沈勝燮さんの訓示をどこまで理解できているのか?怪しい。

 

そこをいくと、硬派な朝鮮日報は、おそらく記者さんも、沈勝燮さんの言いたい事、伝えたい相手を、理解できてるように思う。

「威嚇的な飛行を行った海上自衛隊の哨戒機に対し煮え切らない対応をとったとして批判を受ける駆逐艦「広開土大王」」なんて部分は、泣かせるテクニックである(笑)。

本当に反日感情なら、レーダーを照射した広開土大王は英雄なのである。批判を受けるのはおかしい。

しかし、朝鮮日報的には、広開土大王は批判されるべきなのだ。ホンネではレーダー照射はミスだったと知っているのである(笑)。

しかし「レーダー照射はミスだった」とは、韓国海軍も、朝鮮日報も、明言できない。だが、広開土大王のやらかした行為も誉められない。責任は追及すべきだ。

よって、強硬路線を演じつつ、広開土大王を叩く、というややこしい表現になるのである。

 

もちろん、海上自衛隊の現場は、沈勝燮さんの訓示の意味を理解できてると思う。

しかし、もはや「船乗り同士の仁義」では収まらないレベルに沸騰してしまっている。

 

私の予想だが、韓国海軍は、広開土大王艦長は、現場から外すと思う。

しかし左遷したら、国民が騒ぐので(笑)、例えば、どこかの大使館付き駐在武官みたいな「栄転」の形、または、事務方のデスクワークみたいな役職に回す。しかし、船には二度と乗せない、軍人としてはオシマイ。そういう人事をしそうな気がする。

もちろん、ほとぼりが冷めたら、沈勝燮さんも最高責任者として無事では済むまい。「宮仕え」「組織人」の辛いところである。

 

火器管制レーダー照射~カギは、韓国海軍広開土大王でもなく、海上自衛隊P1哨戒機でもなく、北朝鮮遭難漁船。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

平成日本、平成韓国、徴用工、日韓請求権協定、法の支配、法治主義、民主主義、国民情緒法、三権分立、天声人語。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

不法滞在&不法就労でマジメに稼ぐ。入管のメシに感謝。こういう韓国人オバチャンならば、真の日韓友好も可能。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

原告約22万人(笑)~賠償金総額約2兆円(笑)~日本人一人当たり17000円(笑)~韓国大法院徴用工判決差し押さえ強制執行。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

徴用工問題完全解決~訪日韓国人700万人*特別観光税2000円=年間140億円→賠償金100億円も余裕(^^)。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

地獄絵図(笑)~正義を訴えるが踊れないおっさんネトウヨVS正義よりイケメン!韓国人に溺れる若きイルボン女性。 #防弾少年団 #BTS - 在日琉球人の王政復古日記