在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

HKT48ストーカー44歳~欅坂46発煙筒24歳~竹原ピストル「お前、もういい大人だろ?」


竹原ピストル「お前、もういい大人だろ?」

 

オウム真理教麻原彰晃を見て「他人事だ」と笑える坊主や宗教者が一番危ない。なぜなら、彼は自分のやってる商売の危険性を全く理解していないからだ。

「嗚呼、一歩間違ったら、私も麻原だったかもしれない」と血の気の引いた青い顔をして、湧き上がる吐き気を抑えながら、一心不乱に神や仏に祈る者こそ、おそらくは他人を救いうる宗教者であろう。

  

連合赤軍永田洋子を、我が身に投影しない政治好き(右も左も関係ない)こそが、いつの日か、また、死体の山を築くのである。

  

HKTメンバー宅周辺をうろつく ストーカー容疑で逮捕 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

2017/6/25(日)
 アイドルグループHKT48のメンバーの自宅周辺をうろつくなどしたとして、福岡県警は25日、福岡市中央区梅光園2丁目の職業不詳、新田善雄容疑者(44)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。「家の近くを通れば会えるかもしれないと思った」と容疑を認めているという。
 南署によると、新田容疑者は5月29日~今月22日ごろ、メンバーの女性(18)が住む福岡市のアパート周辺を乗用車で複数回、低速走行するなどし、ストーカー行為をした疑いがある。女性の家族が29日深夜、男が自宅のごみを持ち去るのを目撃し、署に相談していた。
 新田容疑者は3年ほど前から東京などで握手会に参加。女性は新田容疑者を最寄り駅で何度か見かけたことがあるといい、「なんでこんなに会うのかなと思っていた」と話しているという。

 

欅坂46“厳戒”で握手会 なぜ金属探知機スルー?犯行の手口が明らかに (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

2017/6/26(月)
 24日に千葉県・幕張メッセで行われたアイドルグループ・欅坂46の握手会イベント会場で発煙筒をたきナイフを所持していた男が逮捕された事件で、男が計画的に犯行を準備し入場していたことが25日、明らかになった。銃刀法違反で逮捕された札幌市の無職の男(24)は、メンバー1人の名前を挙げ「刺して殺そうと思った」と供述している。
(略)
 男が並んでいたレーンで握手を行っていた人気メンバーの平手友梨奈(16)と柿崎芽実(15)はこの日は欠席。訪れた20代の男性ファンは、デイリースポーツの取材に「てち(平手の愛称)に会いに来たのに…。残念だけど、あんなことがあったら出てきてほしいとは言えない」と渋い表情だった。

 

「40過ぎのイイ歳こいたオッサンがアイドルの追っかけ(笑)?」

と笑える人は幸いなるかな。次はあなたの番である。

 

そこのあなたが、股間にチンチンの付いたオスである限り、

18歳のアイドルに粘着する44歳の職業不詳のオッサンも、

15、16歳のアイドルに発煙筒を投げる24歳の無職も、

他人事ではない。

 

イイ歳こいたオッサンが、色気商売の未成年少女にトチ狂うなんてことは、珍しくもなんともない。

平成だけでなく、昭和どころではなく、戦前を越えて、江戸の吉原でも日常茶飯事だった。嫉妬に狂い太夫めがけて刃物を振り回し、忘八者にタコ殴りにされて、半殺し状態で大門から叩き出される野暮天なんか、いくらでもいたのだ。

この世におこる、殺人、殺人未遂、傷害のかなりのパーセンテージは、今も昔も、痴情怨恨なのだ。

 

素見(ひやかし)千人、客百人、間夫(まぶ)が十人、地色(いろ)一人~結局、恵比寿マスカッツが一番正しかった。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

民事不介入(警察&釈迦)VS民事介入(ヤクザ&亡八)~アイドル、AV女優、風俗嬢、吉原遊郭。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

アイドルは人権思想【と】闘う。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

女性にコドモの時代はない。
何歳であろうが、たとえ小学生でも、「あること」に気づいた瞬間に、女性はオトナになれる。

 

アインシュタインVS安重根~近代200年闘争「頭VS尻」~中島みゆき「化粧」 - 在日琉球人の王政復古日記

  

しかし、人間のオスは、そのままなら何十年たってもガキである。
時間が経過しても、ガキが「酒を飲むガキ」「セックスするガキ」「女性に対して偉そうに見栄を張るガキ」「ハゲ頭のガキ」「白髪頭のガキ」になるだけである。自動的にオトナになることはない。
人間のオス=ガキは、意識して、自覚して、覚悟を決めて、努力して、必死にオトナになるしかない。

 

オトナとは何か?~チャールズ・ブロンソン「荒野の七人」(1960)VS前川陽子「魔女っ子メグちゃん」(1974) - 在日琉球人の王政復古日記

 

しかも、一度なってしまえばオシマイ、ではない。

意識して、自覚して、覚悟を決めて、努力して、必死にオトナになっても、気を許したら、油断したら、一瞬で、ガキに戻る。

仕事を持っていても、妻子を抱えていても、魔が刺せば、一気に「イイ歳こいたお子チャマ」の出来上がりだ。

世間のニュースは、そういう「逆回転した、イイ歳こいたお子チャマ」で満杯ではないか。

 

人間のオス=ガキは、オトナに「なる」、のではない。

人間のオス=ガキは、オトナに「なり続ける」、のである。

一生の修業だ。棺桶に入るまで、気は抜けない。

ガキがオトナであり続けたいのならば、この世は修羅の道である(笑)。 

 

44歳のストーカーは、他の誰でもない、私とあなたなのだ。

24歳の殺人未遂も、 他の誰でもない、私とあなたなのだ。