在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

殺人・強盗は警察の責任。地震・台風は気象庁の責任。イジメ自殺は学校・教育委員会の責任。そりゃ隠蔽しますわ。

<取手中3いじめ>市教委、自殺隠す 「突然の死」と説明 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2017/7/30(日)
 茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、同市教委が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺と伝えない方針を決めていたことが分かった。両親は死亡の5日後にいじめが原因と疑い調査を求めたが、市教委は自殺と伝えないまま生徒へのアンケートなどを実施。「いじめは無かった」と結論づけていた。
 毎日新聞の情報公開請求に市教委が開示した学校の緊急報告書などから判明した。菜保子さんは11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡。学校が同日、市教委に提出した緊急報告書には「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていた。ところが市教委は同日夜の臨時会合で、生徒らには自殺の事実を伝えない方針を決定。校長も12日の全校集会で「思いがけない突然の死」と説明し、その後の学校の報告書などでも「死亡事故」と表記した。生徒の自殺があった場合に開催する臨時保護者会も開かれず、自殺は対外的に伏せられた。
 両親の要望を受けた学校は15年12月、菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施。市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんに触れたが、自殺とは明かしていなかった。
 市教委は16年3月、アンケート結果を基に自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決。直後に記者会見を開き、自殺があったと明らかにした。市教委は事実関係を認めた上で「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と回答した。

 

殺人事件が発生する。

だからといって「殺人事件が起こるなんて、警察は何をやっている!」という怒り方をする人はあんまりいない。

警察が批判されるのは、殺人事件の犯人が捕まらない時、そして、無実の人を間違って逮捕して冤罪事件を起こした時だ。

殺人事件の真犯人を逮捕すれば、警察は世間から「よくやった」と誉められるのである。

そりゃ、警察は殺人事件を隠蔽したりしない。逆に隠された殺人だって暴き出す。だって自分の手柄になるんだから。

 

地震が起こる。台風が来る。

だからといって「地震が起きるなんて、気象庁は何で事前に知らせなかったんだ!」「台風が来るなんて、気象庁はどうして台風を止めないんだ!」という怒り方をする人はあんまりいない。

気象庁が批判されるのは、余震や津波の警告を怠けた時、台風の進路を間違えた時、明日は大豪雨の可能性があるのに「絶好の行楽日和です」と予想を間違えた時である。

余震や津波を正確に予想したり、台風の進路や川の氾濫を警告すれば、気象庁は世間から「助かった」と感謝されるのである。

そりゃ、気象庁地震や台風に真剣に取り組み、研究するに決まってる。だって自分の手柄になるんだから。

 

学校でイジメが起こり、被害者が自殺する。

今の構造では、そうすると、加害者ではなく、校長先生がイジメの責任を取らされる。教育委員会が自殺の責任を取らされる。

 

殺人事件は必ず起きる。人間と人間が暮らしている限り、止めようがない。

殺人事件の発生それ自体を警察の責任にすれば、警察は、殺人事件を解決するのではなく、殺人事件を無かったことにするだろう。明らかに他殺の死体でも、事故死として処理するようになる。だって殺人と認定されると警察が責任を取らされるからだ。

 

地震は必ず起きる。台風は必ず来る。地球に住んでる限り、止めようがない。

地震や台風の発生それ自体気象庁の責任にすれば、気象庁はマジメに仕事をしなくなる。

「今回の揺れは地震とまでは言えません」「台風ではなく低気圧です」と言い出すようになる。

または「今日も地震の可能性があります。明日も台風が来るかもしれません。ちゃんと警告はしました。後は自己責任でお願いします」といい加減な責任回避をやりだす。

 

イジメは必ず起きる。子供に集団行動させれば必ずそうなる。

必ず起きることの責任を校長先生や教育委員会におっかぶせるから、彼らも隠蔽に走るのである。

だって、必ず、いつかは、止めようもなく、起きるイジメの責任を自動的に押し付けられるようになれば、彼らの回避策は「イジメはありませんでした」と言い張るしかなくなる。

 

今の構造では、イジメを隠蔽することは、加害者のメリット、同時に、校長先生や教育委員会のメリットだ。

両者の利害が一致するわけで、校長先生や教育委員会が、加害者の味方をして、イジメを隠蔽するのは、合理的で当たり前だ。

 

校長先生や教育委員会は警察や気象庁なのだ。

イジメが発生する。

しかしイジメの発生を校長先生の責任とはしない。

逆に、加害者を見つけ出して、被害者を助けるのを、校長先生の手柄と評価すれば、イジメを隠蔽しなくなる。

イジメ自殺が起きる。

しかし自殺を教育委員会責任とはしない。

逆に、イジメの発見、イジメの詳細を公表すること、加害者にペナルティを課すことを、教育委員会の責任ではなく、彼らの手柄にすれば、彼らはイジメの公表、解決をやればやるほど得なんだから、積極的にやるようになるだろう。

 

もちろん、そうなったらそうなったで、今度は、校長先生や教育委員会の得点稼ぎのために「冤罪事件」が起こる危険性はある。それを検証する別の担当者も必要になるだろう。

 

教員免許なんか不要。予備校は免許無しで教えてる~学校も民営化すれば、君が代も日の丸もイジメもキレイに解決。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

児童虐待児相一時保護は憲法違反(自民党改正草案)~児童相談所(社会主義)VS親権(保守主義)。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

少子高齢化~国家は子宮を持たない~先進国なら「コンクリートから人へ」が正しい。 - 在日琉球人の王政復古日記